Archive for the '運気改善' Category

運気改善:方向転換、変化成長を望んでいる方

月曜日, 9月 3rd, 2012

婚活、転職、転居、人生の再出発、大きな取り組み、過去との決別…人生のさまざまな局面があります。しっかりなんらかの変化をつかみとりたい、結果に結び付けたい、そういうタイミングの方もたくさんいらっしゃると思います。

年齢や現在までのお仕事、ご家族の状況など様々要因もかかわってきますが、大きくわけて「仕事の流れ」と「プライベート」の流れ、この2つについては、特に女性の場合はとても微妙な関係があります。更にお子さんがいる場合、お子さんの性格やお子さん自身の運気の流れの変化も考慮することになります。原則として、この2つを同時に大きく変えないほうが一般的にはいい結果がでます。ひるがえせば、2つを同時に変えざるを得ない場合は、とても注意が必要だということです。

例えば、実家が家業をしている場合など、実家で同居しながら仕事も手伝うということがあり得ます。が、なんらかの事情で、住まいを移して、仕事も外で働くようにする、といった場合など同時に2つの流れを変えてしまうことになります。こういった場合は、転居だけ、または仕事だけを鑑定をしてもいい鑑定ができません。2つの変化の流れをバランスでみながら読み取っていく必要がでてきます。

別な例えでは、同じ職場で恋愛をして、破局して気まずくなった場合などはとても困りますね。それをきっかけに転職をしてしまおうと考える方もいます。でも注意をしないと転職はできても、その後また同じような失敗を恋愛で繰り返してしまうことを繰り返す恐れもあります。

人は人生において、同時にたくさんの課題と日々取り組んでいかなければなりません。シンプルに生きたほうがよりよい結果が得やすいです。でも、時に家庭のこと、仕事のこと、さまざまな変化の流れが複数同時にやってくることもよくあります。そんな時は、冷静にじっくりと流れをよみながら、無理しすぎないように計算高く行動することが大事です。特に2008年ぐらいから、もの事がなかなかスムーズに進みにくい流れです。早い人は2012年、10月、そして12月というタイミングで大きく変化を遂げますが、まだこの大河のような巨大な変化の潮流はますます勢いをまして来年、再来年と続いていきます。人によって変化のピークにさしかかるタイミングは違います。今はまず当面やらねばならない最優先事項に集中したほうがいい時期であることは多くの人にいえるようです。

それでも、どうしても幾つかの大きなことを同時に動かす他はないという方については、とにかく過去を内観することをお勧めします。過去の因縁をひきずる限り、努力の割には結果を結ばないということが起きやすいもの。お盆の時期は内観をするのにはよいタイミングでした。お彼岸の頃も過去の内観には最適だと思います。そういう時期に、なにをして過ごすかで人生の流れは時に大きく変化することがあるものです。是非、大事に活かしていただきたいのです。

日本人は仏教が早くから普及している国ですが、仏様のもたらしてくださった素晴らしい智慧があまり活かされている感じがしません。瞑想にしても、内観にしても、素晴らしい智慧がたくさんあるのです。なんでも自力で、ということではなく、自分にとって必要な智慧をまず授かろう、少しでいいからなにか新しいことを学ぼう、それを糧にして新しい流れを引き寄せよう、という考え方が物事、為す為にはとても大事なことではないでしょうか。

過去をみつめ、少し内観をし、新しい智慧を受け取り、新たな目標をさだめ、そして日々の積み重ねによって結果をつかみとりましょう。そのような方に為に、仏様もたくさんの智慧を貸してくださいます。

転居、開店にまつわる運気の話

土曜日, 4月 28th, 2012

これは引越しの場合は家長さん(家族のなかで生計を支えている人)、開店の場合は経営者さんに関わる運気のお話です。

自宅を引っ越すと、家長さんの運気に大きく影響がでます。
お店を開店すると経営者さんの運気に大きく影響がでます。

これは基本的に、たくさんお金が動くというところからきます。なので、もしも費用をすべて会社が負担した、親が出してくれた、という場合にはさほど動きません。全額、自分で負担をして引越したとか、お店を開いたという場合のことを考えてみます。

一般的には、引越しや開店のあとは1年半から2年ぐらいは、運気がすごく不安定になりやすいのです。その間には、風邪をひきやすくもなるし、お腹もこわす。腰痛になることもあります。それぐらいで済めばよいのですが、さらに家族に病人がでたり、従業員が辞めたり、取引先とトラブルが起きたりすると大変になります。

加えて、もしもお金を紛失したり、カードとか金庫や家の鍵を失くしたり、取引先の情報がはいった携帯や帳簿をどこかに置き忘れたり。そんなことがあると、だんだん深刻になります。

そこまで状況が悪化すると、すでにどこか病気(あるいは怪我)になっているかもしれません。病気になっていないとすれば車をぶつけていると思います。整体、外科、内科のどれかに通院したり、もしかすると心療内科にも通っているかもしれません。

当初の1年半から2年の間というのは、これだけの変動が起きやすい時期です。特にがんばってローンを組んで自宅を買った人。故郷を離れた土地に引っ越した人。人生で初めて起業して店を開いた(あるいは事務所を持った)人、念願のサロンをオープンした人。初めてづくしが多ければ多いほど運気は疲弊しやすいので、多少の身体の変調、多少のうっかりミス、多少の仕事のトラブルはやむをえないともいえます。でも、家族や、取引先や、お客さんに迷惑がかかるのだけは避けたいものです。

こういった運気の変動に対抗する方法は幾つもあって、具体策は状況によって違います。心配な方は1年に一回、あるいは半年に一回は、整体でもいいし、内科検診でもいいし、精神科でもいい。あるいはタロット占いでも、霊感での鑑定でもいい。自分の身体、オーラ、足元、運気のどこかにどんな変化が起きているのかをモニターしてもらうことは、とてもいいことです。大丈夫じゃない時は、誰かに大丈夫と言ってもらいましょう。それだけでもかなりマシです。
それでも、問題が解決されない、とても辛い、しっかり改善したい。そういう場合には、やはり適当なアドバイザーを求めるのが近道です。個別の状況で様々な要因が関わってくるので一般的な対策は提示しにくいのです。

鑑定してもらうべきポイントを少し考えておきましょう。
新しい場所に引っ越した方は、土地と身体の相性があります。季節の変わり目に、身体の弱いところに変調が起きやすいので、そこを中心に鑑定してもらいましょう(特に遠くに移ったとか、かなり環境の違うところに移った方)。年代にもよりますが、若い方でも1〜2年は注意しましょう。高齢になるとゆっくりですが、もっと長い年月かけて蓄積することがあります。5年以上の長期で取り組むべき心がけを教えてもらってください。

新規にお店、事務所、サロンを開いた*場合は、最初の1年半から2年間が大事な時期です。いわばこの間は試用期間です。お店のオーナーや経営者が「試用」されてるんです。誰に?それは土地の神様です。土地は誰のものでもなく、この自然をつくられた神様の管轄です。では土地を管理している神様はわたしたちのどこを評価しているのか、といえば「人の為になることをしているかどうか」をみています。たとえば学習塾であれば、子供たちの成績がよくなることを考えているかではなく「子供たちが将来、子孫を反映させられるように、活気ある世の中を創りあげられるように」考えて経営しているかどうかをみています。土地の神様は、わたしたちが「繁栄する」ことを願っているので、子供たちには元気で活気ある未来を与えたがります。女性が集まる場所であれば、女性らしさ、子宝を持てるようにと考えます。男性が集まりやすい場所であればやはり子宝を持てるように、そして世の中をもっと明るく活気あるものにしてほしいと願います。そんな土地の神様の目にかなうような商売をしているかどうか。2年もすればだいたい見極めがでます。合格すれば更にここで商売を続けていいよ、ということになります。ですからそれまでの期間には試練もきます。ある意味で、試されるということが起きます。その時に、弱音をはいてばかりいないで、どうしたらお客さんの将来の為にお役に立てるんだろうか?と考えられるかどうか。まずは相手に与えることを優先できるかどうか。心構えだけでなく、実際に「そういう思いを形にして行動できるかどうか」を神様はみているのです。だから、善は急げという通り、商売をはじめたら2年間は立ち止まらず、あまり迷わず、とにかく試行錯誤でいいから、できるだけのことをやってみることです。心の思うままに、トライしてみることです。けして結果を急いではいけません。売上を重視すると、そこにとらわれます。いつのまにかお客さんの為にという志がどこかにいってしまいます。

また、人を集める商売をする方は、その土地に祝福のエネルギーを与えることを忘れないようにしてください。土地には様々な気質があります。祝福とは、その土地にみあった栄養を与えることです。たとえば楽しいパーティを催すだけでも陽のエネルギーが人を集めやすくなります。
あなたが満月の日に瞑想をするのもいい土地の充電になります。その土地とのご縁をいただいたことに感謝をしながら、蒼き月の光を浴びて月光浴をしてください。その土地が、どんな人に、どんなふうに関わりたいを考えているか、理解できるようになるでしょう。いわば、土地の神様とのひそやかな交流会です。

また、お酒は土地を浄めますので、お酒による祝福は土地の浄化にはとてもよい方法です。植物は相性があるので、植木をじかに植える時は鑑定してもらったほうがいいでしょう。室内におく場合、相性のよいものは一度枯れてもまた芽を出します。そうでないものは、ゆっくり弱っていきます。

才能のある人に、絵や書を描いてもらうのも良い浄化、運気発展につながることがあります。看板を書家に依頼をするととても縁起がよいものです。名刺や屋号のデザインを、きちんとした人に頼むことで、だいぶ運気がよくなります。2年経過した時点で改めて看板を書き換えるとか、ドアのロゴを書き換えてもらうだけでも商売の流れが変わることがあります。

2年間の心がけ、また神様からのお免状をいただいた3年目からも、初心をわするべからずの気持ちで長く、じっくり商売にとりくんでください。

ただ、会社員であっても公務員であっても、運気向上の原則は同じです。住まう土地の神様、ご先祖様に感謝をし、志を保ち、家族の為に、世の為にしっかりとご奉仕させていただく。そういう気持ちをもって社会との関わりを深めていくようにすると、自然と運気は落ち着き、やがて上昇しはじめるものです。

*同じ店舗でリフォームしたとか、業種を転向した場合も、ある程度の投資をした場合は同じことがいえます。

(一部表現を修正しました)

お金の回し方

火曜日, 3月 13th, 2012

お金を落とすことを通して運気をあげることができます。
自分が住んでいる土地、自治体、環境に対してお金を落とすことや、逆にエネルギーや環境を節約したり保護したりする事に貢献することも運気アップになります。

ハイキングが好きな方は、登山道に落ちているゴミを拾ってきてください。
買い替えできる方は、白熱電球や電球型蛍光管をLED電球に買い換えてください。
貯金ができる方は、地元の信用金庫に預けてください。
ドライブが好きな方な、出先で食事をしたり、お土産を買ってください。それをブログに載せて告知してください。
ふるさと納税もいいかもしれません。

自分が大切に思う場所、ゆかりのある場所、そういった土地にお金を通して感謝の気持ち、支援したい思いを形にして行動すると、それだけで運気が好転することがよくあります。

お金というエネルギーを通して運気を改善すると、健康、対人関係、交通(移動)の安全、恋愛、子宝、進学、就職や転職で有利に働くことがあります。変幻自在のエネルギーなので、その時にもっとも必要とされているベクトルに対して作用します。物理の法則と同レベルで等しく、しっかりと作用します。

海外旅行でたくさん買い物をしたけれど、帰り道でひどく混雑した、体調を崩した等トラブルにみまわれた方は、ツアー旅行でブランド物を買いあさったのかもしれません。お金を落としたつもりでも、実際には、現地の人々には行き渡らなかったのかもしれません。一番いいのは、その土地の人達が生産しているお土産を買うこと、地元の人達が提供しているサービスを受けて直接チップを手渡すことです。けして高価なものをたくさん買う必要はありません。お金を通して清々しい心のふれあいを味わうことがなによりも大切です。

私達は感謝を学ぶことでしか、魂を磨く道はないのですから…。お金は単なるエネルギーです。正しい扱い方を学びましょう。

運気改善:離婚歴のある方の心がけ

火曜日, 2月 7th, 2012

離婚歴がある方は、今後の運気をより向上させる為にできるだけ心がけていただきたいことがあります。

・過去をひきずらないこと
思い出したくもない、そういう時期があることもやむをえないのですがすっきりさっぱりと忘れること、振り替えられないことも大切です。振り返ってしまわないように、気持ちをなにかを振り替える工夫をしてください。

・ご縁に感謝すること
たとえ過ぎ去った過去となっても、一度、同じ姓を名乗った者同士は深い縁が結ばれます。本人同士だけではく、それぞれの親御さん、ご先祖様も含めてお互いに互角の関係が一度、築かれたのです。本人同士の都合で別れたとしても、双方の親御さんやご先祖様との関係は生きている限り影響を与えあいます。いつどこまでまた出会うかもしれません。ひょっとするといまだにお力をお借りしている場合も考えられます。ひきずらない、振り替えられないことができたら、次にできるだけ感謝できるようにします。

また、お子さんがある場合、お子さんの姓を旧姓に戻された場合など、何歳まで父方の姓を名乗っていたかなども含めて運気にかつての籍に影響がどれぐらい残っているかどうかも、確認をしておくほうがよいかもしれません。

もし、隠された問題、課題がある場合、ご本人が気にしてその事について問いかけないと、なかなか浮上しないものです。少しでも気になる場合、あるいは振り返って念のため確認しておこうという気持ちになった場合は改めてご相談ください。
(本人が尋ねてもいないのに、因縁があるといって祈祷料を取るのは霊感商法です、気をつけてください。でも心配な場合はセカンドオピニオンを得て確認してください。光のサロンではセカンドオピニオンとしての鑑定ご依頼でも承ります。)

運気改善:身体を清らかに

金曜日, 2月 3rd, 2012

運気を健全に保つことは、身体を清潔にすることと深くつながっています。
単に入浴をするというだけではなく、身の回りを簡潔に保つこともすごく重要です。
使いふるしたもの、不要なものの中で暮らしていると、なにかと運気が下がりやすくなります。
特に、季節感を無視した生活は身体のリズムを崩します。

身も心も、そして住まいの環境も季節毎の気温や湿度、日差し、風に合わせて替えていくと良いリズムが生まれます。それによって身体は本当に清らかさを保ちやすくなります。

食べ物も旬のものをいただくようにします。
また、古くから日本の伝統である和菓子をいただく習慣も、とても素晴らしいものです。季節毎のイベント(節句など)も大事にします。できればそのたびごとに、部屋の模様替えができれば最善です。

日々のことでいえば足回りをよく浄めてください。
玄関に無駄なものを置かないようにします。靴一足あるだけが理想です。玄関はできれば毎日、塩で浄めます。一般家庭でも一人暮らしでも盛り塩は必須です。会社、学校から帰ったらまず足を洗ってください。それだけで随分、運気は落ち着くものです。

運気改善:食べ物を通して

木曜日, 2月 2nd, 2012

私達の命はいただいたもの、ほんのいっときお借りしている大切なものです。
この命は、空気や水や食べ物や光で保たれています。
水を飲む時、食事をいただく時に、感謝をすることはとても大事なことです。
その心がけが薄いと健康運が下がります。注意をしてほしいと思います。
食事をいただく時は、いただきます、は作法としてはそれでよいのですが、本当の意味でいえば
「命をいただきました」(食後ではなく、いただく前に)と心に念じて、ただシンプルに「ありがとう」と念じます。
それで命は、食べ物によって生かされているということに最もシンプルに感謝できるようになり、運気も落ち着きます。

食後、もし身体の倦怠感や違和感を感じましたら、身体の不快感を意識ながら「命をいただいてよかったね、ありがとう」と身体によびかけると鎮まることがあります。

いただきますも、ありがとうも、言葉にだしたり書いたりすることはけして悪いことではありません。が、心がともなわないとかえって喉を悪くしますから気をつけてください。

無言で合掌して心にまず念じる。その後、言葉にだして作ってくださった方に感謝の気持ちを伝える為に、いただきます、やごちそうさまはとても良いと思います。

転居、旅行などの移動がある方

木曜日, 2月 2nd, 2012

(道民向け情報なので、本州以南の方は参考にしないでください。)
転居、仕事、学業などで遠方にでかける方は運気が変動しますから、どうか注意をしてください。

<北海道から関東へ>
旅行、仕事などで短期の方。一週間以内であれば特に心配ありません。
ですが、のべ日数で年間2週間以上の滞在になるようであれば、運気を確認してください。
・海型:出生地が海に近い土地の方
・内陸型:出生地が内陸の方(海がみえない、山間でもない)
・山型:出生地が山間の方(夏、風がふかず暑い、冬は積雪があり底冷えする地域)

海型で大雪山系の西側出身の方
小樽、登別、道南方面の海辺に2〜3日以上出かけてください。

海型で大雪山系の東側出身の方
帯広、釧路、阿寒湖周辺、オホーツク海沿岸に出かけてください。

内陸型の方
 ニセコ、または十勝岳周辺に出かけてください。

山型の方
 特に心配ありませんが、年間で2カ月以上になるようであれば、海沿いの町に数日滞在してください。
〜〜〜〜〜
<北海道から沖縄、グァム、ハワイなどへ>
旅行などで南方の海へ一週間以上でかける方、あるいは最近でかけた方は運気を確認してください。

海型の方:
 滞在日数に関わらず、かなり変動があります。必ず以下のことを行なってください。
大雪山系の西側出身の方は、岩内や島牧など道南の日本海側へ出かけてください。函館は津軽海峡なのでダメ。
大雪山系の東側出身の方は、登別、浦河などの太平洋側へでかけてください。伊達までが限界。静狩峠を超えて道南寄りはダメ。道東の方は残念ながら道東圏ではリセットしようがありません(家族のうち一人でもいいので大雪を超えて西側の海辺に出かけてください)。

内陸型の方:
 岩内方面に数日出かけてください。
 その後、ニセコ、倶知安、真狩など羊蹄山麓周辺に出向くとかなりよくなります。
 道東の方は、湖の近くに数日滞在し、そのあと火の波動が強い場所、温泉などに出かけてください(たとえば、屈斜路湖の近くに少し滞在して硫黄山に寄ってくる等)。

山型の方:
 年間、数ヶ月以上の滞在でなければ特に問題はおきないのでご心配なく。
 体調の変動などがある場合は、十勝岳のふもとに出向いてください(西の方は中富良野周辺、東の方はトムラウシのふもとが最善)。

道央の方で、内陸型の方(そういう方がほとんどだと思いますが)は、常時、以下のようなことに心がけるとよいと思います。
極端にぶれやすくもなく、ぶれにくくもない体質なのですが、一度運気が崩れるとなかなかもとに戻すことが難しい傾向があります。日常的に、水のきれいな場所に出向くように注意をしてください。
・支笏湖
・羊蹄山麓
は素晴らしいです。苫小牧周辺にもとてもよい場所があります。

これはらとても一般的な事例で、家族という単位で考えると事情が変わってきます。個々のこれまでの移動パターンによっても違ってきますので、自分の運気がいまどういう状態なのか、これからどういう注意をしたらよいかは個別に確認が必要になります。
ただ、大きな移動をしなければさほど気にとめなくても大丈夫です。一般的には、きれいな水のあるところに出向き、空気が綺麗でおだやかな場所で少し滞在をするように心がければ安心です。

どこかに必要にせまられて出かけて、その為に変動してしまった運気を戻す為に、更にまたどこかにでかけるのは難しい方も多いと思います。その場合は、その土地の産物(水、海産物、野菜、果物)などを取り寄せることでもプラスになる場合があります。また、一般的に海へでかけることと海洋深層水を少し摂ることは似ていますので、利用できると思います。(羅臼産の海洋深層水がありますが他のブランドでも構わないと思います)。

細かい事例を書き尽くすことはできないので、あとは個別対応と致します。

運気を下げない為に

木曜日, 2月 2nd, 2012

これからは日々、運気を下げない工夫をしてください。
一日、一日の積み重ねが大切です。

いざ、自然災害に遭遇した時に生死を分けるのは日々の運気をどれだけプラスに積み重ねてきたかにかかっています。一時的に落ちてしまうこともあるので、そういう時はできるだけ安全なところに退避をすべきで、リスクのある土地、状況に身を置かないように心がけて欲しいと思います。

健康運については、
・食事
・適度な運動
・身体を清潔に保つ
・適度な睡眠
が重要です。

仕事運については、
・日々、穏やかに、清らかな気持ちを保つこと
がすべてといっていいでしょう。

恋愛、家庭運については
・見返りを優先せず、いつも相手にやさしい気持ちを表すこと
です。

子育てについては、
・子供は大地の宝、地球の宝
です。自分だけのものではなく、皆が見守り育てています。
家族、地域社会との一体感をもっと意識してください。
親の見栄やプライドが子供の健全は発育を妨げることもあり得ます。
おおらかに見守る意識をもっともてるように心がけましょう。