Archive for the '職業' Category

職場の異動における不安

水曜日, 8月 10th, 2011

異動で、担当分野が変わる、居住地が変わる、上司が変わる、待遇が変わる…様々な環境の変化にさしあたり、とても不安で心配になることがあります。

どんな場合でもよくしたもので、ちゃんと守護霊さんは「きっと為になるから異動になるんだよ」ということを教えてくださいます。

もし、納得のいかない、厳しい条件、どう考えても難しい局面だとしても、それがご本人の魂にとって「試練」なのか「絶好のチャンス」なのか、一見してなかなかわからないものです。人生において起きる出来事というのは無意味なものはひとつもないのですね。どんなに厳しい、ついてない、不運だ、嫌がらせだ、パワハラだ、としか思えないような場面であっても、なにか隠された意味があります。どこか上のほうから、あなたをじっと見守っている人達がいて、あなたの人事をコントロールしています。その結果の異動である、最善の采配なのである、ということなんです。

そんなはずはない、自分は不幸である、苦労ばかりである、いいことなんかなにもない、辞めてしまいたい、すべて捨ててしまいたい、蒸発しよう、ホームレスのほうがマシ、いっそ死んでしまいたい…そんな気持ちがよぎることも人間、一度や二度はあるもの。

それでも、です。やはりものごと、起きるべくして起きている。そして自分の身に起きることは、よくよく深い大きな慈愛に満ちたまなざしが、あなたの存在をすべて包み込んでいる、そのうえで起きているのです。

根本的なところで、自分という存在はけして一人ではなく、なにか大きな懐のなかに抱かれているのに違いない。こういった気持ちを失わずに生きられる人は、やはり修羅場に強いと思います。私たちはそういった気持ちを「信心」といいます。でも、この信心という言葉。解釈すれば「信じる心」ですね。いったいなにを信じるのか。これを論じると宗教論になってしまいそうですが、シンプルに考えてほしいのです。信じたいものを信じればいいのではないでしょうか。だって、その時に信じたいもの、すがりたいものがあなたにとっての神なのですから。それは一輪の花でもいい。一滴の水でもいい。歌でもいい、絵でもいい、誰かの言葉でもいい、瞑想のなかでみたビジョンでもいいでしょう。信心は自由であれ、と思います。それぞれの信心をまず大切にするなかで、うたれ強い心も磨かれていきます。そうすれば、きっと「すべての出来事には神様の慈しみが隠されている」と信じられるようになると思います。

どうしても納得できない異動、耐えられない職場でのストレス。そんなものがいったいぜんたい、なぜ神様の愛なのかわからない。そんな疑問にも、精一杯お答えしていきたいと願っています。