Archive for 7月, 2013

怒るということ

日曜日, 7月 7th, 2013

レイキを学んでくださっている方には「怒り」をいかに抑えるべきか、というお話をよくしています。実際のところ、怒りのエネルギー(感情の実体はエネルギーです)は、とても不安定で、コントロールが難しいです。いろいろな悪さをします。そして伝染しやすいです(磁力のようであり、匂いのようでもあります)。つまり、怒りというネガティブなエネルギーは、内から外へと拡散していくのです。

だから、いつも怒っていると、気づかないうちに周囲にそれを拡散しているわけですから。けしていいことではありません。周囲に、よくない影響を広げてしまうと、それが負の連鎖をひきおこし、やがては自分に因縁となって戻ってくるからです。

ただ、いっぽうで「怒る」ということを意図的にコントロールできるならば、それを発展的に利用することもできます。でも、その為にはひとつの方向に目的を向けなければいけない。その目的を達成する為に、すべてのエネルギーを集約し、昇華させていくのです。いわば、はるかかなた遠い地点をめざして、莫大なエネルギーを搭載したロケットを打ち出すようなものです。ミスコントロールすると大爆発です。でも、うまく目的に達したら大成功です。

宇宙探査機「はやぶさ」の帰還は素晴らしかったですね。素晴らしいご褒美をもって戻ってきました。目標に到達できたら、素晴らしい未来がまっていることでしょう。

アーティストは樹木のようなもの

水曜日, 7月 3rd, 2013

アーティストを樹木にたとえるなら、枝であり、葉であり、花であり、実となる部分だろう。いかに多くの人に心地良い光と風と香りと色合いを分け与えるのか。そのことに没頭している。だが、自らの栄養を十分に取り入れることができないアーティストもいる。

可能性があるアーティストには、栄養を届ける人が必要だ。幹となり根となる人だ。その人達がアーティストに栄養を届ける役割を担うことで、一体となって多くの人に「ここちよい安らぎの場」を提供しつづけられるだろうと思う。

もし、あなたがアーティスト(表現者)の側ならば、より多くのひとに伝えたいと思うとき、まず必要なのは幹となり根となる人との出会いかもしれない。

もし、あなたがアーティストの表現活動を支援したいのなら、まず必要なのはアーティストとの信頼関係を築くことと、かれらの栄養となる力をしっかり集めてくる努力かもしれない。

お互いに歩みよることで、この地上は豊かな楽天になる。この世にアートがなければ、光はもたらされようもない。表現者はひたすら光へと、より高みへと自分を磨きつづけていけばよく、アートをささえる人たちは、よりしっかりとかれらとつながり続け、地道に栄養を集め続ければよいのではないか。

そこに山があるなら登るべし

水曜日, 7月 3rd, 2013

近年、とても重大なご相談が増えてきました。健康について、仕事について、家庭について。今日は恋愛の行方についてのお話をひとつ。

三浦雄一郎さんがみごとにエベレスト登頂に成功なさって、世界的なニュースになったのは記憶に新しい。登山が好きな人は、なぜ危険を冒してまで冒険をするのか問われると「そこに山があるから」だといいます。私も、軟弱ながら北海道の自然が大好きで、ちょこっとですが山に登ります。でも怖がりなので、特に冬などはめったに一人で行きません。雪のない季節でも、クマが怖いので入り口に先行者の車がない時などは、いこか戻ろかとためらうほど。夏に霧にまかれて方向を見失い、あわや遭難死?と焦ったこともあります。自然の懐は深いけれど、人間はとても小さいので、万が一のことが起きると本当にあっけないものです。

ひとはなぜ恋をするのか。それはもう、そこに男と女があるからであって、恋に落ちるのも、恋愛に燃え上がるのも、理由もなにも要らない世界です。いったん火がついたら簡単に冷めるものでもない。生きるか死ぬか、というレベルで思いつめる方も多いのです。

しかし現実は本当にさまざまな事情がからんできますから、二人の気持ちがいかに高まったところで、事はそう簡単ではない。周囲の大反対に合うぐらいならまだしも、他にも様々な壁にぶつかってしまい、ご相談にみえる方も多いです。

壁がいかに高くても、登りたいのならとことん、応援する。それが私の姿勢です。なぜならこういったケースではその方の周囲に反対する人はいるけれど、応援する人が誰もいないのです。危険なエベレスト登山と同じです。でも人生を生きるのは本人なのです。誰にでも自由に未来を選択する権利があるのです。自分の意思は大事にすべきです。無謀といわれようと、夢を簡単にあきらめるようでは生まれてきたかいがないのです。

ただ、リスクもある。必ず成功するとは誰にもいえない。自然がそうであるように。人生もまたときに厳しい。だとしても簡単にあきらめるのなら本当の恋愛とはいえないかもしれません。

(そういえば、今日のニュースで大雪山系で登山者がお一人亡くなったと報道がありました。合掌。)