転居、開店にまつわる運気の話

by hikarinosalon ~ 2012年04月28日(土) 11:00 am

これは引越しの場合は家長さん(家族のなかで生計を支えている人)、開店の場合は経営者さんに関わる運気のお話です。

自宅を引っ越すと、家長さんの運気に大きく影響がでます。
お店を開店すると経営者さんの運気に大きく影響がでます。

これは基本的に、たくさんお金が動くというところからきます。なので、もしも費用をすべて会社が負担した、親が出してくれた、という場合にはさほど動きません。全額、自分で負担をして引越したとか、お店を開いたという場合のことを考えてみます。

一般的には、引越しや開店のあとは1年半から2年ぐらいは、運気がすごく不安定になりやすいのです。その間には、風邪をひきやすくもなるし、お腹もこわす。腰痛になることもあります。それぐらいで済めばよいのですが、さらに家族に病人がでたり、従業員が辞めたり、取引先とトラブルが起きたりすると大変になります。

加えて、もしもお金を紛失したり、カードとか金庫や家の鍵を失くしたり、取引先の情報がはいった携帯や帳簿をどこかに置き忘れたり。そんなことがあると、だんだん深刻になります。

そこまで状況が悪化すると、すでにどこか病気(あるいは怪我)になっているかもしれません。病気になっていないとすれば車をぶつけていると思います。整体、外科、内科のどれかに通院したり、もしかすると心療内科にも通っているかもしれません。

当初の1年半から2年の間というのは、これだけの変動が起きやすい時期です。特にがんばってローンを組んで自宅を買った人。故郷を離れた土地に引っ越した人。人生で初めて起業して店を開いた(あるいは事務所を持った)人、念願のサロンをオープンした人。初めてづくしが多ければ多いほど運気は疲弊しやすいので、多少の身体の変調、多少のうっかりミス、多少の仕事のトラブルはやむをえないともいえます。でも、家族や、取引先や、お客さんに迷惑がかかるのだけは避けたいものです。

こういった運気の変動に対抗する方法は幾つもあって、具体策は状況によって違います。心配な方は1年に一回、あるいは半年に一回は、整体でもいいし、内科検診でもいいし、精神科でもいい。あるいはタロット占いでも、霊感での鑑定でもいい。自分の身体、オーラ、足元、運気のどこかにどんな変化が起きているのかをモニターしてもらうことは、とてもいいことです。大丈夫じゃない時は、誰かに大丈夫と言ってもらいましょう。それだけでもかなりマシです。
それでも、問題が解決されない、とても辛い、しっかり改善したい。そういう場合には、やはり適当なアドバイザーを求めるのが近道です。個別の状況で様々な要因が関わってくるので一般的な対策は提示しにくいのです。

鑑定してもらうべきポイントを少し考えておきましょう。
新しい場所に引っ越した方は、土地と身体の相性があります。季節の変わり目に、身体の弱いところに変調が起きやすいので、そこを中心に鑑定してもらいましょう(特に遠くに移ったとか、かなり環境の違うところに移った方)。年代にもよりますが、若い方でも1〜2年は注意しましょう。高齢になるとゆっくりですが、もっと長い年月かけて蓄積することがあります。5年以上の長期で取り組むべき心がけを教えてもらってください。

新規にお店、事務所、サロンを開いた*場合は、最初の1年半から2年間が大事な時期です。いわばこの間は試用期間です。お店のオーナーや経営者が「試用」されてるんです。誰に?それは土地の神様です。土地は誰のものでもなく、この自然をつくられた神様の管轄です。では土地を管理している神様はわたしたちのどこを評価しているのか、といえば「人の為になることをしているかどうか」をみています。たとえば学習塾であれば、子供たちの成績がよくなることを考えているかではなく「子供たちが将来、子孫を反映させられるように、活気ある世の中を創りあげられるように」考えて経営しているかどうかをみています。土地の神様は、わたしたちが「繁栄する」ことを願っているので、子供たちには元気で活気ある未来を与えたがります。女性が集まる場所であれば、女性らしさ、子宝を持てるようにと考えます。男性が集まりやすい場所であればやはり子宝を持てるように、そして世の中をもっと明るく活気あるものにしてほしいと願います。そんな土地の神様の目にかなうような商売をしているかどうか。2年もすればだいたい見極めがでます。合格すれば更にここで商売を続けていいよ、ということになります。ですからそれまでの期間には試練もきます。ある意味で、試されるということが起きます。その時に、弱音をはいてばかりいないで、どうしたらお客さんの将来の為にお役に立てるんだろうか?と考えられるかどうか。まずは相手に与えることを優先できるかどうか。心構えだけでなく、実際に「そういう思いを形にして行動できるかどうか」を神様はみているのです。だから、善は急げという通り、商売をはじめたら2年間は立ち止まらず、あまり迷わず、とにかく試行錯誤でいいから、できるだけのことをやってみることです。心の思うままに、トライしてみることです。けして結果を急いではいけません。売上を重視すると、そこにとらわれます。いつのまにかお客さんの為にという志がどこかにいってしまいます。

また、人を集める商売をする方は、その土地に祝福のエネルギーを与えることを忘れないようにしてください。土地には様々な気質があります。祝福とは、その土地にみあった栄養を与えることです。たとえば楽しいパーティを催すだけでも陽のエネルギーが人を集めやすくなります。
あなたが満月の日に瞑想をするのもいい土地の充電になります。その土地とのご縁をいただいたことに感謝をしながら、蒼き月の光を浴びて月光浴をしてください。その土地が、どんな人に、どんなふうに関わりたいを考えているか、理解できるようになるでしょう。いわば、土地の神様とのひそやかな交流会です。

また、お酒は土地を浄めますので、お酒による祝福は土地の浄化にはとてもよい方法です。植物は相性があるので、植木をじかに植える時は鑑定してもらったほうがいいでしょう。室内におく場合、相性のよいものは一度枯れてもまた芽を出します。そうでないものは、ゆっくり弱っていきます。

才能のある人に、絵や書を描いてもらうのも良い浄化、運気発展につながることがあります。看板を書家に依頼をするととても縁起がよいものです。名刺や屋号のデザインを、きちんとした人に頼むことで、だいぶ運気がよくなります。2年経過した時点で改めて看板を書き換えるとか、ドアのロゴを書き換えてもらうだけでも商売の流れが変わることがあります。

2年間の心がけ、また神様からのお免状をいただいた3年目からも、初心をわするべからずの気持ちで長く、じっくり商売にとりくんでください。

ただ、会社員であっても公務員であっても、運気向上の原則は同じです。住まう土地の神様、ご先祖様に感謝をし、志を保ち、家族の為に、世の為にしっかりとご奉仕させていただく。そういう気持ちをもって社会との関わりを深めていくようにすると、自然と運気は落ち着き、やがて上昇しはじめるものです。

*同じ店舗でリフォームしたとか、業種を転向した場合も、ある程度の投資をした場合は同じことがいえます。

(一部表現を修正しました)

お酒の浄化力

by hikarinosalon ~ 2012年04月20日(金) 1:07 am

古来から神事にはお酒がつきものです。単なるアルコールが殺菌作用を持つことからも、お酒にもものごとを浄化する力が宿っていることは想像にかたくありません。

私達の身体は本質的にはエネルギー体です。体調はエネルギーにシンクロして良くもなり、悪くもなります。エネルギーバランスが崩れ、その結果として肉体に変調が現れるのであり、エネルギーをクリーンに保つことで体調も維持できます。その為に、時にお酒がもつ浄化力を用いることは非常に有益です。

ご神事であれば日本酒でよいのですが、実は私達の日常生活でもっとも役立つのは、もう少し身近なアルコール飲料です。
・甘酒
・ビール
・ワイン
・果実酒

これらの飲料がもつ浄化力は、身体の不調を解消します。たとえば甘酒は神経のストレスを緩和する。ビールは疲労回復。ワインは血を綺麗にします。果実酒は免疫力のアップなどです。飲めない人は足浴で、あるいは入浴剤として使うという手もあります。ワインは基本的には赤ワインがよいでしょう。

また、一方で土地の浄化や、あちらの世界の存在に捧げるということであれば清酒がいいでしょう。

このようにお酒をお浄めの道具として利用していくことで、意外と体調を維持しやすくなります。是非試してみてください。

気づきのペースは人それぞれ

by hikarinosalon ~ 2012年04月13日(金) 14:06 pm

問題に直面する、葛藤と向きあう。ひとまず解決の糸口をつかんで前進する。

また新たな問題に直面したり、葛藤と向きあうことになる。同じような状況だったり、前回とは違う状況になっていることもある。前回と同じ方法論が通用しないこともあり、前進できるようでいて、ぎくしゃくしてみたり、なかなか結果に結びつかなかったり。

実は同じ問題や葛藤でも、時の流れや自分の変化で「気づきの方向性」が変わっていると、それに対処する方法論も変わってきます。

人は自分が変わった、ということを客観的に理解することはあまり上手ではありません。心はまだしも、意識というのは基本的に閉鎖的で内側を向いていて、外との関わりは限られているもの。自分が変わったということを理解できれば方法論をかえるべきかもしれない、という気づきにつながりやすくなります。

人が変わるのに必要な時間は3カ月かもしれません。半年かもしれません。1年とか、3年とか、あるいはもっとかもしれません。が、時にそれは3日かもしれません。人が変わるのに、これという基準もないし、絶対的な時間の枠もありません。人は変わるべくして存在しているので、あらゆるタイミングで変化し得る、ということです。必要なだけの気づきを得るべきなのです。日々精進する、という意識を持っていればいいのですが、それでは疲れます。そこは各自のペースでよいので、一定期間ごとに自分がどう変わったのか、という客観的な視野を持つ機会を作るようにするとよいのではないでしょうか。

パワーストーンの取扱い

by hikarinosalon ~ 2012年03月30日(金) 15:02 pm

パワーストーンをファッション、アクセサリーとしてお持ちの方も多いと思います。
また、一方でその効果をあまり理解せずにお使いになっている方も多いようです。

パワーストーンは、本当にパワーを秘めています。うまく利用すれば私達の人生はとても有意義なものになります。限られた「有限の命」を発展させ、大きな飛躍をとげさせてくれる栄養素となってくれるのです。口から摂るものがそうであるように、バランスが大切。要素が自分の体質に必要かどうか、という判断も大変に重要です。毒になるものはほとんどありませんが、暴飲暴食がなにもプラスにならないことは自明の理。また、一点過剰主義もデメリットのほうが多いことも明らか。パワーストーンの扱いにおいても同様の取り組みが不可欠です。

食でいうところの栄養士にあたる人がパワーストーンの世界にはなぜかほとんどいません。残念なことです。こんなに素晴らしいエネルギーを宿したアイテムを、人類はまったく有効活用できていないのですから。

エネルギーに敏感な方は特に、注意してください。
・黒系の石
・水晶(透明なもの)
・アメジスト(紫水晶)
・シトリン(黄色水晶)

こういった系統のパワーストーンは潜在的には、大きな起爆剤になる可能性を秘めています。うまく使うことが大切で、むやみやたらに持ち歩くことは避けたほうがいい事もあります。ひとつひとつの石には意味があり、石の形状や大きさ、どう取り扱うのか、身体のどの部分に身につけるのか、など多くの要因を総合的に判断してこそ、最善の取扱いが可能です。

ただ、熟知しないで持ち歩いたりしますと、バランスを崩してしまったり、最悪の場合はマイナスのエネルギーを引き寄せてしまうことも考えられます。

特に若い方、紫がなんとなく好きな方。アメジストは避けてください。必要だと思うなら、信頼できる人に相談をして自分に合うものを用意してもらうように。好き=必要ではありません。あなたが欲しいものを「それはすすめられない」とはっきり言える人を見つけてください。

食であれば栄養と健康、という紐付けで済みますが、パワーストーンの場合は、運気、肉体と感情の調和、精神の調和、魂の気づきなど幅広いカテゴリーがあり、非常に奥深くて簡単に説明することは困難です。

カルマの解消方法

by hikarinosalon ~ 2012年03月29日(木) 16:47 pm

スピリチュアルな世界で、実に様々な人達の考えにふれ、書物もよんできました。人それぞれ考え方も違います。例えば「カルマ」ということについての考えも様々あるわけです。

・カルマを解消してあげます
・カルマ解消の秘技をお伝えします
・カルマ解消のエネルギーを伝授します
・カルマ解消の祈祷をします

いろいろな表現がありますが、そんなことができるのだろうか?と素直に疑問が湧いたものです。そもそもカルマとはいったいなんなのか。年月を重ねていくうちに、自分なりに宇宙を感じ、マンダラを見つめ、そのなかでカルマに対する解答を持てるようになりました。

そこで、今日は私なりの「カルマ解消の秘技」をお伝えしようかと思います(笑)。
それはお金を通して返済する、ということです。

ここまできてうさんくさいと思うなら、読まなければよろしい。
ふと興味があるなら、お読みください。

それは寄付をする、ということです。
仏教の言葉におきかえれば「布施」ということになります。細かいことはさておき、日常の多忙な日々のなかでお金というエネルギーを通してカルマ解消につながるのなら、多いに利用してもよいのではないかと思うのです。

ただ、そこには幾つかの条件があります。
・魂がカルマ解消を願っていることを受け入れる
・魂の本質がお金というエネルギーと共鳴している
こういった条件が揃ってはじめて、寄付をする行為が魂を浄める力を持つでしょう。

お金で苦労する人は、もしかするとカルマ解消を魂が願っているのかもしれません。でも、そのことを受け入れないと苦労することの葛藤が減らなくなります。また、お金というエネルギーに拒絶反応があると潤滑油不足でせっかくのお金というエネルギーがカルマ解消につながりにくくなります。

カルマとお金の関連性は、宗教でもなく、倫理でもなく、宇宙の法則であり物理学のようなものです。シンプルな原理でひもといていけば理解は難しくなさそうです。

いったいどこに寄付をすれば?と思った方はするどいですね。そこはすべての方程式になんらかの解があります。個別の命題に対して無限の答えがありそうです。

お金の回し方

by hikarinosalon ~ 2012年03月13日(火) 13:37 pm

お金を落とすことを通して運気をあげることができます。
自分が住んでいる土地、自治体、環境に対してお金を落とすことや、逆にエネルギーや環境を節約したり保護したりする事に貢献することも運気アップになります。

ハイキングが好きな方は、登山道に落ちているゴミを拾ってきてください。
買い替えできる方は、白熱電球や電球型蛍光管をLED電球に買い換えてください。
貯金ができる方は、地元の信用金庫に預けてください。
ドライブが好きな方な、出先で食事をしたり、お土産を買ってください。それをブログに載せて告知してください。
ふるさと納税もいいかもしれません。

自分が大切に思う場所、ゆかりのある場所、そういった土地にお金を通して感謝の気持ち、支援したい思いを形にして行動すると、それだけで運気が好転することがよくあります。

お金というエネルギーを通して運気を改善すると、健康、対人関係、交通(移動)の安全、恋愛、子宝、進学、就職や転職で有利に働くことがあります。変幻自在のエネルギーなので、その時にもっとも必要とされているベクトルに対して作用します。物理の法則と同レベルで等しく、しっかりと作用します。

海外旅行でたくさん買い物をしたけれど、帰り道でひどく混雑した、体調を崩した等トラブルにみまわれた方は、ツアー旅行でブランド物を買いあさったのかもしれません。お金を落としたつもりでも、実際には、現地の人々には行き渡らなかったのかもしれません。一番いいのは、その土地の人達が生産しているお土産を買うこと、地元の人達が提供しているサービスを受けて直接チップを手渡すことです。けして高価なものをたくさん買う必要はありません。お金を通して清々しい心のふれあいを味わうことがなによりも大切です。

私達は感謝を学ぶことでしか、魂を磨く道はないのですから…。お金は単なるエネルギーです。正しい扱い方を学びましょう。

まざらないドレッシング

by hikarinosalon ~ 2012年02月11日(土) 12:45 pm

水と油、あるいはふってもふっても一体化しないドレッシングのようなもの。

誰しも、自分が可愛いものです。どこかしら自分の利得を優先して行動しています。
自分を大事にしてくれる人にはごく自然に好感を持ちます。逆に自分に対して攻撃的な人には嫌悪感を持つこともごく自然なこと。

自分に利益をもたらす人には媚を売ることもある一方で、敵対する人とは距離を保つようにして身を守ります。

でも、でも。

魂はそんな自分を許容しないのですね。自分のことばかり優先しているエゴイストの自分を嫌悪することすらあります。人の為になにかしたいとも思います。それが魂の感覚なんです。

自分の事が大事な意識と、もっと社会の為に人の為に輝きたい意識は相対するもの。なかなかひとつになりません。

人の心とはそういうものです。

運気改善:離婚歴のある方の心がけ

by hikarinosalon ~ 2012年02月07日(火) 16:11 pm

離婚歴がある方は、今後の運気をより向上させる為にできるだけ心がけていただきたいことがあります。

・過去をひきずらないこと
思い出したくもない、そういう時期があることもやむをえないのですがすっきりさっぱりと忘れること、振り替えられないことも大切です。振り返ってしまわないように、気持ちをなにかを振り替える工夫をしてください。

・ご縁に感謝すること
たとえ過ぎ去った過去となっても、一度、同じ姓を名乗った者同士は深い縁が結ばれます。本人同士だけではく、それぞれの親御さん、ご先祖様も含めてお互いに互角の関係が一度、築かれたのです。本人同士の都合で別れたとしても、双方の親御さんやご先祖様との関係は生きている限り影響を与えあいます。いつどこまでまた出会うかもしれません。ひょっとするといまだにお力をお借りしている場合も考えられます。ひきずらない、振り替えられないことができたら、次にできるだけ感謝できるようにします。

また、お子さんがある場合、お子さんの姓を旧姓に戻された場合など、何歳まで父方の姓を名乗っていたかなども含めて運気にかつての籍に影響がどれぐらい残っているかどうかも、確認をしておくほうがよいかもしれません。

もし、隠された問題、課題がある場合、ご本人が気にしてその事について問いかけないと、なかなか浮上しないものです。少しでも気になる場合、あるいは振り返って念のため確認しておこうという気持ちになった場合は改めてご相談ください。
(本人が尋ねてもいないのに、因縁があるといって祈祷料を取るのは霊感商法です、気をつけてください。でも心配な場合はセカンドオピニオンを得て確認してください。光のサロンではセカンドオピニオンとしての鑑定ご依頼でも承ります。)

直感を信じられるようになると

by hikarinosalon ~ 2012年02月05日(日) 23:48 pm

・ほんとうにやりたい事がわかった
・転職の迷いがふっきれた
・恋人との関係が改善した
・職場の人間関係がよくなった
・人生の意味がみえてきた
・幸せを実感できるようになった
・不妊を乗り越えて念願の赤ちゃんを授かった
・病気の不安から解放された
・人生のおおきな夢を実現できた

といったように、幸せの基準が自分自身に見合ったものになり、周囲の価値観に流されることなく自分らしい人生を引き寄せやすくなります。

これらはすべて、レイキを受講した人達に本当に起きたことです。

なぜ、レイキを受講すると直感を信じられるようになるのか…。そのことをこれから少しずつご説明していこうと思います。

隠された性別

by hikarinosalon ~ 2012年02月04日(土) 11:11 am

私達の肉体は染色体によって基本的に2つの性に別れています。また、心や潜在意識にも隠された性別があります。よく、男性性、女性性と表現される意識です。心、そして潜在意識は幾重にも重なってさまざまな領域があるので、そのすべてに違う性別がある場合もあれば、全体としてどちらかに傾倒している場合など個々に違います。

例えば、ものごとの見方、考え方、価値基準において男性性の意識が強い方は、わりと正義を重んじる傾向があります。仕事としては公務員や教育者、司法関係が向いています。仕事にはっきりあらわれず、潜在的にこういう意識が隠されている女性は、恋愛運に影響が出やすいです。表面的には弱い女性を演じていても、心の奥底で男性の行動を逐一観察しています。そして倫理的に間違っていると強い嫌悪感を持つことが多いです。極端な例でいえば、恋人同士だった時代はとてもうまくいっても、一緒に暮らし始めて男性に借金があることが露見したとします。借金をすることではなく、借金を隠すという行為を許容できず、怒りが爆発して関係が壊れるということがあります。こういったケースは女性のなかに潜んでいた、男性性が相手の借金を隠すという「不正」によって表面化したのです。

こういう傾向をどうすればよいか、という一律の答えはありません。ただ人間は失敗を通して自然に気づき、学び、方向修正ができるのです。いずれにしても、強い男性性の傾向を持つ人は、なにかしら人と対立をしやすく、それによってお互いに傷つくこともあるので注意が必要です。