iMacのモデルチェンジ

Appleのデスクトップは実質、iMacという機種のみですが昨夜、モデルチェンジが発表された。MagicTrackpadという入力デバイスも同時にリリースされ、マウスに代わるあたらしい入力デバイスとして普及するのかもしれない。iMacという名前の製品になってから、今の機種で4代目(=4台目)を使用中。途中でCPUがIntelに移行する、という大転換があったにもかかわらず、OSはなにごともなく進化して実に高性能で使いやすく、そしてけしてフリーズしないという安定感を実現したのは素晴らしい。昔のMacはとても簡単にフリーズした。時々、故障もした。そして、時々火花や煙を出すこともあった。もっとも当時Appleは弱小メーカーで使う人はAppleマニアしかいなかったので、たとえ火をはいても後生大事に修理をして使い続けたものです。今時、そんなトラブルをおこしたら訴訟問題です。大メーカーになってしまったAppleですが、これだけ長く愛用していると、ユーザーというよりメーカー側の立場になってものを考えているんですよね。業績がよかったりCEOの体調がよいと安心をしたり、わるい噂をきくと心配になったり…。おかしなものです。

Appleは使いにくい、という意見の人も少なくないのですが、あまりご存知ないのだろうなと思います。故障したり、不具合があっても周囲にきいてもわからないとか。使いたいアプリケーションが手に入りにくい、とか。どんなパソコンでも不具合や故障は発生します。取扱店が少ないので故障修理が心配という方でも、ピックアップデリバリーで故障対応する業者も増えてきましたので、今はさほど心配しなくても問題ないはずです。アプリケーションについては、たしかにWindowsにあってMacにないものも無数にあります。逆もいえます。iPod、iPad、iPhoneとの親和性ということだけでも、今やかなりのアドバンテージ。iPhotoやiMovieといった標準のアプリとの連携で画像や動画が自由に編集できる(しかも誰でも簡単に!)のは、Macならでは。

動画編集をする仲間も増えてきて、作品を見せつけられるにつけ、うかうかしていなられないなぁと思うのですが、撮影に出向く暇がないので今しばらくパワーアップする必要もないのですが…