おすすめ図書:天野和公著「ブッダの娘たちへ」

和公さん、いい本書いたな…。坊守の傍らで、しかも3人も子育てしながら、すごいな。レイキを教えていると、よくネガティブな感情と、どう向き合うべきかという話しになります。特に「怒り」という感情をいかにコントロールし得るのか。そこがすごく難しいけれど、大事な命題になってくる。ブッダの知恵を借りながら、日常の子育てのなかで本当に普通のお母さんが苦労していることを乗り越えていく。そんなリアルな日常と、先人達の尊い教えがたくさん詰まった本。苦しみのない生き方を探している方には、ほんとうに良い参考書だと思います。

◇人気記事: