今日の徒然:イランカラプテ

北海道には先住民族が今でも住んでいます。アイヌと呼ばれる彼らは、独自の文化と精神性を数千年にわたり保ち、暮らしていました。彼らは日本人と、もっと仲良くなりたい、そして仲間として一緒に北海道の自然のなかで共存共栄していけるようにと願っています。さて、私達は彼らをどう思っているのでしょう? ひとりひとりが先住民族と、通い合えるように共通の土俵に立とうとする意識をもつことが大事ではないでしょうか。
イランカラプテ。せめて、この挨拶の言葉を覚えてください。あなたの心にふれさせてください…。アイヌはけして私達の世界に勝手にふみこんでくるような存在ではありません。でも、私達はどういう態度で彼らに接しているのでしょうか。是非、イランカラプテ、という心を学びませんか。


※アイヌ・アーティストのトイトイさんのストリートパフォーマンスの動画です。

◇人気記事: