パソコンすごいぞ。

円周率計算をパソコンにやらせて筑波大学のスパコンの記録を抜いてしまった人がいるらしい。ただし所要時間はスパコンが73時間にたして116日間。でも値段は26万ほどのパソコンだ。対してスパコンっていったい幾らなんだろう。少し前に「しわけ」で民主党がスパコンの予算を削ろうとして議論が紛糾したのは記憶に新しい。個人的にはもう一押しして欲しかった。

少し調べてみると筑波のスパコンは21億円ほどするらしい。上記パソコンとの価格差はなんと8千倍。スパコンが73時間でやりとげてしまう仕事を116日かかろうとも超えてしまうのだから、最近のパソコンの処理能力はかなり高いのだ。73時間にたいして116日間は40倍程度の遅さでしかない。単純に考えればパソコンが40台あればスパコン並みの処理が可能になるはず。26万円のパソコン40台で1千万そこそこだ。比較すると21億円は途方もなく割高な感じですな・・・。

もう税金をスパコンに使わないでください。という判断がしっかりできる議員はいないでしょうか。

◇人気記事: