今日おつたえしたいこと:おそれないこと。

人生で大事なことって、いろいろたくさんありそうですが。そういえばこれってかなり大事かな?と思うことに「現実にとらわれない」ということがあると思うんです。たとえばお金の問題がそうです。今は労働者の環境が良くないということで社会問題にもなっています。仕事につけなかったり、つけてもハラスメントがあったり。病気の問題も根深いです。医療や福祉も関係してきます。いずれもが「お金」でつながっていて、問題の本質はそこではなかったはずなのに、仕事や健康に関することが「お金さえあればなんとかなる」という考え方にすりかわっていたりします。

お金をいっぱい稼ぐことは人生の命題ではありません。現実に起きる出来事を通して、すごく魂が磨かれるかというと、そうでもないことがおおい。現実って、ほうっておけば「雑草ばかりはびこる」のであって、毎日の草取り、手入れが必要なんです。どうでもいいことにとらわれず、生きる意義をいつもしっかりと確かめておくようにしたいもの。

こういう書き出しだと、もういくらでも話が続いてしまうのですが、今日はひとつだけ。

「おそれない」こと。お金の問題も結局は、「もし足りなくなったら」という怖れがあるからとらわれてしまうのです。大事な命題はそこにはない、ということをしっかりと自覚しつづけることが大事だと思うのです。

レイキの教えのなかに「感謝して、業をはげめ」という言葉があります。いつも私達はこのような意識をしっかりと携えて、日々、おそれにとらわれることなく感謝の心を持ち続け、我が道をしっかりと歩んでいきたいものです。

まだまだ暑いです。おつかれのお父さん、お母さんも多いことと思います。あまり無理せず、なにごともほどほどにしてがんばりましょう〜。

◇人気記事: