今日の徒然:世界は混沌の時代に突入したのでしょうか。

今日もまたとあるwebサービスで個人情報流出のニュースが流れていました。今度は、すべての情報が盗まれてしまったらしく、影響を受けた方はそれなりにお困りになっていると思います。

ネットはとっても便利な反面、個人情報の取り扱いには充分に注意を払っていかないといけない。また、個人情報を充分に守ってはいても、最近のようにいたずらな画像を投稿したりすると、またたく間に逮捕されてしまうこともあり得るので、いったいぜんたい個人情報というのは、どこまで守りきれるものなのかな?と思ってしまいます。

世界中にはかなり、きわどい投稿が山のようにあるはずなのですが…。統治国家である日本では、パトカーにいたずらをした写真を投稿すると、翌日には確実に逮捕されてしまうようです。一般庶民の自家用車がいたずらをされても、犯人を逮捕してもらえることはほとんどないと思いますが。なぜかパトカーにかすり傷をつけただけでも、確実に逮捕なのですね。庶民感情としては、とりしまるポイントがかなりずれていると感じます。

結局、個人情報といえども国家権力の元では、守ってもらえるものなのか、逆に管理されてしまっているものなのか、どちらともいえない状況になりつつあるのでしょう。

ビッグデータという概念が最近はひろがりつつあって、小さな情報でも、すべてを集約し、分析することによって限りなく個人情報に近づいていく。おそらく、最終的にネットワークがもっと緻密にはりめぐらされた暁には、すべての個人のあらゆる情報が膨大なネットワークのなかに拡散している状態になり、それを分析する能力をもった存在(企業であれ国家であれ)が、すべてを掌握してしまう(いわば全能の神のような存在)事態になってしまうでしょうね。そういうことはSFのなかの出来事でしかなかったのですが、もうそういう時代に突入してしまっている。あとは時間の問題なわけです。

ある意味、電磁波や電線を通して自分の存在を発信しない、ということだけでなく、監視カメラや衛星の存在しない世界にいかないと、個人情報を守りとおせない時代になりつつあるんじゃないかと思います(つまり、もはやこの世に安住の地はなくなってしまうのかも)。

そんなのいやだなぁという気がしますが、どちらかというと、ひらきなおってしまったほうが楽に生きられる気がします。運がわるければ冤罪で逮捕されて死刑になるかもしれないけれど、運がよければ素晴らしいテクノロジーの時代を楽しんで生きられるわけです。ひどい時代でもあり、素晴らしい時代でもある。まさしく混沌。仏の智恵でも借りないと、まともな精神を保てそうにないですよね。

そうそう、昔よくみた映画「ブレードランナー」や「未来世紀ブラジル」を思い出します。昔はまさかそんなのありえない、と。ただわくわくして見ることができたわけですが。今という時代になってみて、これらはそれなりにリアルで心おだやかでみることができない気がするのです…。