立春も過ぎましたが皆様いかがおすごしでしょうか

この景色をみる度に思うことがあって。それは、かつてここに立ったであろう先住民が今この風景をみてどんなふうに感じるのだろうと。自分の気持ちと同じではないかもしれないけれど、きっとこれは一緒。

それはとても美しい大地だということ。豊かで恵み多き大地。空はひろく、水は奇麗で、生き物達のサンクチュアリ(かつてはそうだった)。こんな大地に生かされていることを自然の神々に思わず感謝の祈りを捧げずにはいられない。

この山の頂きに立った先住民達は皆、そう思っていたのだろうな。

この街はこれからどんなふうに発展を遂げるのだろう。ここに住む人達の子孫はどんな人生を授かるのだろう。その方向性は今、この大地を共有している私達の日々の行いにあるのだと知っている人は多くはないのかもしれない。
image

さて、かたくるしい話しはさておき。
新年となりました。(立春を過ぎましたので)
大寒も過ぎ、節分も終わってしまったのですが、けして冬眠をしていたわけではありません。長くサロンをやっていると知らず知らずのうちに溜まってしまうものが多く、整理をしたりしているとあっという間に一ヶ月ぐらい過ぎてしまいます。

おかげさまで、ここ最近は体調も上向いてきており一年前のことが嘘のようです。ただ身体の感覚は以前とは違い、特に自律神経の感受性のようなものが研ぎ澄まされてきたようです。

一昨年末からいよいよ神経系がおかしいかも?と気付きはじめ、丁度1年ほど前にいっきに変調が起きたのです。神経性の症状(おそらく人類が体験するあらゆる、それらの症状)を私は若い頃から一通り体験しつづける人生であったので、なにを今更という感じもあり、ほぼ無視をしてきましたが、1年前のそれはとても素通りできるレベルではなかったのでした。

最近は調子がよくなってきたとはいえ神経性の不調と完全に離別できかといえば、まだまだそうではなく、かえってより身近になったという感じでしょうか。これまでは背中あわせで口もきかなかった不仲だった「それら」と、今はしっかり向き合って一体感すら感じているともいえます。

身体の仕組みは私達が思っている以上に複雑であるけれど、とてもよくできているのです。そして、あらゆる神経性の症状はきっと私達を守ろうとして「なにものかが」そうであるように仕向けているのですね。

すごく苦しい時期も多数あったけれど(今でもまったくないわけではなく)、それらが通りすぎていくまでの間に、過去を振り返ったり、身体と向き合ったり、神様に感謝したり。そしてサポートしてくれる人達に応援をお願いしたりできる。

私達は人の輪のなかで生かされているようです。そのことを神様はしっかり見つめてほしいと思っているようですよ。

皆さんはいかがですか。苦しい辛いことはすべて意味があって私達の人生にふりそそいできます。背中を向けず、向き合ってみる勇気をお持ちになってください。

そこから気づきがあり、感謝が自然とわいてくるようになりますから。

でも一人で向き合うのが難しい時はサポートをしてくれる人にコンタクトを取りましょう。必ずいるのです。あなたのことを気にかけている人がこの世には必ずいるのです。

人の輪の大切さに気づければ、ずっと生きていけます。この人生も来世も。

この空の高さはあなたの希望の尊さ
この空の青さはあなたの志の強さ
この空をわたる風があなたに勇気を与えます
その勇気があなたの人の輪を讃えます
そして、きっとあなたは力強く生きられると。神々があなたを賛美する歌声が響き渡るのです
心を空にして、耳をすませばきっとあなたの心にも響くでしょう
あなたの未来の豊かさを祈る、神々の賛美歌が。

image

◇人気記事: