ポエム:72人への贈り物

これは単なるポエムです。

ーーー

私はある出来事で寿命を迎えることになった。
その間際に神様から「あと3日生きてよい」と自由な時間を与えられた。
ただし、私の延命には条件があった。それは「本当にやりたいことだけをやる」ことだった。

結局、私は「自分が本当にしたいことがわからなかった」ので、あと3日生きることを辞退した。

その代わり神様が与えてくださった3日間を、1時間ずつ72人の人に分けてあげてほしいとお願いすることにした。
私はもう十分生きたから、あと1時間の命があれば、大切な人にお別れを伝えることができる人たちに分けてあげてほしいと願ったのです。

神様は笑顔で「よろしい」と受け入れて下さった。

死に目に会えなかった人、最後意識のないまま亡くなっていく人、世界中のそんな人たちが、最後にあと1時間、お互いを理解しあったり感謝しあったりする時間を過ごすために私の命を分けてあげたかった。

私は今、天国にいて、私の残してきた最後の1時間を受け取ってくださった人たちと出会うことができた。

ある人はアフガン人だった。ある人は中国人だった。コロナで失職して絶望のあまり自死をしようとした人。難民生活で餓死していく人。ガンや難病で闘病の末に昏睡状態だった人。

皆、最後の瞬間、奇跡的に意識が戻って家族に別れを伝えることができたと喜んでくれた。

私は今、神様の素敵なプレゼントに本当に感謝している。

そして私の最後の命を1時間ずつ受け取ってくれた72人と、天国で穏やかに過ごしています。

2021年9月20日(月):ポエム「あなたと神様との約束」

これは単なるポエムです。 (深読みしすぎる方には、あまりお勧めしません。)

では、どうぞ・・・

ーーー
あなたと神様との約束。

私はある時、不意な出来事で寿命を迎えることになった。いよいよという直前に、神様とこんな約束をした。

ーあと3日生きられるようにしてあげます。3日間、自由に生きなさい。ただし「本当に自分がやりたいことだけ」をするように。

あと3日、自由なんだ。何をしてもいいんだ。
ぼんやりしてもいい、大切な人たちと過ごしてもいい。ショッピングしたり、ピクニックにいったり、手紙を書いたり、できるだけたくさんのことをしよう。

でも、ふと思った。

本当に自分がしたいことは、「本当の自分にしかわからない」ということに。今、自分がしたいと思ったことは、実は誰かのしていることをみて、うらやましかったり、憧れているだけなんじゃないか。本を読んだり、映画をみて主人公に傾倒しすぎているんじゃないか。だとしたら、自分は何をしたくて生まれてきたんだろうか。それがわからないままじゃ、納得のいく3日間を過ごせないじゃないか。

結局、自分のしたいことが思い浮かばなくなってしまった。でも「本当に自分がやりたいこと」を見つけないと、最後の3日を生きられない。



私はとうとう、自分のしたいことを見つけることはできなかった。
しかし、私は一つの選択をした。神様は納得して私の選択を受け入れてくれた。

自分でも、どうしてそうしようと思ったのか思い出せない。

が、天国にかえってきた今、自分の選んだ最後の生き方をまんざらでもないと思っている。

2021年9月19日(日):ポエム「道(みち)」

これは単なるポエムです。 (深読みしすぎる方には、あまりお勧めしません。)

では、どうぞ・・・

道(みち)

道はさほど、荒れてはいないようだ

それでもゆっくり、怖れながら一歩ずつ進んでいく

耳をそばだて、気配をうかがいながら、そっとそっと一歩ずつ

集中しすぎて、消耗して、一瞬、気がゆるむ

そして案の定、足を滑らせてしまう

手をついた

その瞬間に痛みがはしる

よりによって。
こんなところで。
こんなときに。

手当ての術が何もない時に限って、ケガをするものだ

やむを得ず、ここまできた道を急ぎ足で戻る

あんなにゆっくり、慎重に歩んできた道なのに

痛みのあまり、焦りを忘れ、足元もろくに見ないで、
駆け出している自分がいる。

2021年9月18日(土):ポエム「空(そら)」

これは単なるポエムです。
(深読みしすぎる方には、あまりお勧めしません。)

では、どうぞ・・・

空(そら)

今は空を見上げていたほうがいい
あなたの心は、あなたの頭上の空と同じ表情になっている

気づかないうちにあなたの頭上の空は、
重く、暗く、沈んだ色になっているかもしれない

そして、あなたのみている空は、
さらに重く、暗く、沈んだ色になりそうだから

だから、今はほんの束の間、現実を忘れて
空を見る余裕を持つようにするのがいいかもしれない

空はあなたの「思い」を投影するスクリーンのようなもの
あなたが自分の心を見ているのだ、と意識することで
空とあなたの心がしっかりと、つながっているのがわかります

でも、空を見ることをしなければ、あなたの心は
どこにも繋がっていない不安に襲われるかもしれません

今は空を見つめ、心を見つめ、
自分の姿を理解してあげる時を過ごすようにしたほうがいいかもしれません。

わけはいつかきっとわかります。
今はそのほうがいいかもしれません。

裏方が似合う私

今日は久しぶりに、しっかりとコラムのような文章を書いています。

ブログって、誰が読んでいるか分からないので、当たり障りのないことしか書いていません。

そして、今日も、誰が読むかわからないので、できるだけ平易なことのみ、に限定します。

でも、いつもと違うのは、少しだけですが「多分、あの方やこの方も読んでいるのだろう」と、多くの方の顔を思い浮かべて書いている、ということです。

光のサロンも、あっというまに丸20年が経過しました。
何度でも書きますが、この20年を支えて下さったのは、これまでこのサロンに来てくださった方達、あるいはまだお会いすることは叶わないけれど、遠方にもかかわらず接点を持ってくださった方達。皆さんとのご縁があり、今日ここまでこれました。

本当にありがとうございます。

この言葉は、月並み過ぎて、あまり共鳴しないように思います。

なので、もう一度、気持ちを伝えたいので書きます。

本当に、ありがとう。

そう思っています。(伝わると良いな)

そして、私は今、皆さんのこれからの未来のことを考えています。
ずっと以前から考えていましたが、今日は本当に深く深く、考えています。

本当に、真剣に、皆さんの未来のことを考えているのです。

そして、自分のすべきことをしっかり見極めようとしています。

今、私はこのような気持ちでここにいます。

光のサロンは有限の時間の中で存在しています。
終わるのはいつか、まだ確定はしていませんが、終わりの日が来ることだけ確定です。私はただの人間なので有限の時間の中でしか、皆さんと接触できません。

そして、残り時間は確実に日々、減っています。しかもそれは加速しているように見えるのです。

時間が加速している。

ということを少しでもわかっていただけるなら、伝わっているのなら、どうか皆さんも「今本当にすべきことはなんなのか」ということを、少しだけでもいいですから考えてみてください。

そして、必要でしたら私にアクセスしてください。

私はまだしばらくはここにいます。
その時がくるまで。

私の時には限りがあります。

万感の思いを込めて、今日はこの記事をかいています。

どうか、届くべき人に届くように、そして気づくべき人が気づきますように。

公の場で書けるのはここまで、です。
IMG 6112

そなえる

心に備えておいてほしいもの

それは人を思いやる気持ち

どんなにこの世界が荒廃したとしても、けして見失っていたくないものだからです。

人を大切に思う気持ちを、みずからの心の中にいつも備えておいてください。

自分をいたわること、自分をねぎらうこと、自分を愛することができればさほど難しいことではありません。

あなたの心は神様からの大切な預かり物。

心の中を、人を思いやる暖かい気持ちで満たすことが

「神様への愛をお供えする」ことになります。

そんなあなたを神様はきっと大切に守ってくださいます。
https://live.staticflickr.com/65535/50276413813_e02bd33ea4_z.jpg

 ーみんながきっと幸せになりますように。

誰にでも夜明けはくる

それぞれの夜明け

時は限られていて、誰しも普遍性という制約に縛られて生きねばなりません。
そこから逃れる術はなく、命の炎が燃え尽きるまで時の束縛は消えません。

が、あるがままに時の束縛を見つめていますと、束縛と思っていたものが実は神様の壮大な実験なのかもしれない、という気がしてきます。

さあ、あなたならどう生きてみる?

そんな神様の大きな眼差しを感じます。
であれば、生きてみるのも良いのではないでしょうか。

どんなに厳しく、過酷な束縛の中であろうとも。
あえて生きてみる。

明日をあなたにとっての夜明けとするのかどうか。

一人一人が決めることができること。

日は毎日、のぼります。
自分のタイミングで、よし、と。
上向いていく自分を思い描いて生きていくだけで、全てが変わってくるものです。
https://live.staticflickr.com/65535/49907520531_d9ee17dfce_z.jpg

睦月一日:「新月&新年のメッセージ」

日付は明日、ですが。ほぼ新月になりました。そして旧暦は元旦。あたらしいサイクルの始まりにあたり、まとめてメッセージをつづってみました。
お時間のあるときにお読みください。
https://farm5.staticflickr.com/4841/46256564414_64208da7a6_z.jpg
今、時代がおおきな変わり目を迎えている。

これは百年も前から言われていることで、いまさら強調すべきことでもありません。
ただ、現実社会がものすごく慌ただしくなってきていることは間違いありません。
けれど問題をあまり大きくとらえすぎないようにしてほしいと思います。

時代の変わり目にあたってどうすればよいのか?ではなくて。
自分らしい生き方をしっかりと形にするにはどうすれば?と考えてください。
それでいいんです。

もともと、この時代を選んで生まれてきているんですから。
いまさら時代に合わせた生き方で悩んだりしないほうがいいでしょう。

そうではなく。

もっとも大切なことはまず体のケアです。
不調なところがあればしっかり検査を受けたり、
体質改善に詳しい人に相談をしましょう。

つづいて心のケアです。
メンタルな相談ができる人(カウンセラー、ヒーラーといった人たち)に受け止めてもらいましょう。

そこからあとは私達の出番です。
皆さんという魂がなんのためにこの時代を選び、どういうテーマを携えて生まれてきたのか。
そこをしっかり掘り下げて、これからの人生を有効に活かしてきってもらえます。

我々のような役目を担う者、つまり魂の由来について情報を受け取れる人間が存在するのは、
そのような情報が必要な人に届けることで、人生が無駄なく効率よく向かうべき方向に収束するからです。

簡単に言えば私達は人生のナビゲーターであり、道案内人なのです。
その為の訓練と経験をたくさん積んできました(それは前世から何度もそういう道を歩んできています)。

元来、人というのは地球上に生まれてくるということはあくまで一時の仮の姿なのです。
天上界(つまり霊的な存在であるということ)から降りてきているのですし、またそこに還るわけです。それを何度も何度も繰り返してきています。

けれど、一度の人生で学べること、というのは意外と少ないのですね。
だから無駄のない効率のよい生き方を身につけるとよいのです。
その方法を私達はお伝えすべく存在しています。

ですから、頼っていただくとよいわけなんです。

昔からいつの時代にもシャーマンは存在しました。
見えない世界からお告げ、メッセージを伝える役目の人たちは一定数、いたものです。

今という時代にあってもシャーマン、つまり神様のいる天上界との取次役は必要なのです。

人がこの地上に転生して、限りある時間のなかでしっかりと目標に近づく為には、
自分の本来の姿を知り、むかうべき方法を確かめる、というのはとても合理的ですし、理にかなった行いです。

今年は少しずつですが、光のレッスンを通して皆さんに自分らしく生きる為の技術とエネルギーを手渡しでお伝えしていきます。
これを身に着けていただくことで、人生がブレにくくなり、おのずと「向かうべき方向へと導かれる」ようになります。
いちいち、アドバイスをもわらなくても済むようになるのです。とても便利ですよ。

光のレッスンについては、折を見て少しずつご紹介をしていきますので、またときどきはHPをチェックしていてください。

北海道はとてもよい土地です。
ここに生まれ、育ち、たくさんのご縁をいただきました。
まだ私の命は残された時間があるようですから。
せっかくこれだけの技術とエネルギーを授かったので。できるだけ多くの方にお伝えして、この土地の未来がより豊かで希望に満ちたものになるように、命の限り尽くしていきます。

これまでご縁のあった皆さんの日々の応援、心からありがたく思っています。

まだ出会っていない皆さんと、一日もはやくお会いできますよう心待ちにしています。是非、気軽にお運びください。

皆さんの人生がより充実したものでありますように、いつも祈っています。

メディスンメッセージ〜Dragonfly(トンボ)

私は季節の間で、時空を旅するDragonfly。

居心地のよい場所を探していたら、自然にここに導かれました。

新しいエネルギー、新鮮なパワーがみなぎっている。

なんて居心地がいいのでしょう。

ここでチャージをして、私はまた次の次元に移行しましょう。

またいつか未来に、別の次元でお会いしましょう。

すてきなご縁をありがとう。
https://farm2.staticflickr.com/1963/30418726267_948af34230_z.jpg

葉月二十八日:無理をしない生き方

明日は晦日(みそか・旧暦の月末)。また新しい月のサイクルにはいります。新しいことに取り組んだり、気持ちを切り替えるにはよいタイミングです。

今日は無理をしない生き方についてのお話です。

無理をする。どうしてもそうせざるを得ない場合があります。とくに家族を守る為。この大義名分に我々はどうしても無理をしてでも従ってしまいます。その結果、体調を崩したり、心が折れてしまったりすることもあります。重い病気をするかもしれません。

ある程度がんばることは必要だとしても、過剰に無理をするのは禁物。かえって周囲に負担をかける怖れもあります。

自分で自分にブレーキをかける、これが難しいのです。家族や身近にブレーキ役がいれば幸い。今は家族の単位も小さい。孤立している人も増える傾向にあります。また自分が無理をしていることに気づかない人も多いようです。

体が重い、だるい。気持ちが上向かない。

そんな感覚を大事にしてください。体の声、心の声をできるだけ無視しないで汲み取りましょう。状態が長く改善しない時は早めに第三者の意見を求めてくださいね。

無理をしないことで、より長く、堅実になすべきことに取り組めるものです。急がば回れ。時には休息をとり、心身を整えましょう。そうすることで、より多くの人の為になる結果が出せるというものです。

皆さんの人生がより糧多きものとなりますよう、いつも祈っています。

必要な時、できるだけの手助けができるよう準備を整えています。
光のサロンの扉はいつでも皆さんの為に開けてあります。
https://farm2.staticflickr.com/1930/30194960217_e7532a117d_z.jpg