ゆらぎの時代

こころ揺さぶられる出来事が日に日に増えていくこの頃です。

今日は酷暑のなか1時間ほどウォーキング。
いつもの上り坂で心拍数をチェックしたら、150でした。いつもはせいぜい130なんです。1時間ほど歩いて、しばらく安静にしてもなかなか心拍数が落ち着かず。汗がひいた頃にやっと平常値になりました。

最後のほうでは、こめかみあたりで頭痛がはじまったので、軽い熱中症になったのでしょう。思考をとめて、ひたすら歩くことに専念していたら頭痛は消えました。

暑い時に頭を使うのは、そうとうエネルギーの消費につながるのでしょうね。

気温だけでなく、最近の日本は湿度が高くなってしまった。湿度が高いと、こころがゆれやすくなります。もちろん、科学的には証明はされていませんが、そこは経験則(ある程度、原理もわかっていますが詳しいことははぶきます)。

こころがゆれる、ということは神経系にストレスが蓄積するので、それが慢性化して実際に神経症状につながります。

ゆらぐ原因は他にも年々増える電磁波の影響など、太陽の磁気の影響なども考えられます。原因が複数あっていずれも軽減しないかもしれない、となると、落ち着く方向ではなく、次第にゆらぎが増大する方向になりそう。これからの数十年、精神的なサバイバルの時代になるのかもしれない、という危機感が強くあります。

今日は歩きながら思考を止める為に、呼吸法やヴィバッサナー瞑想で工夫しました。真言を使うのもエネルギーがいるので、ここはエコな方法で心臓の負担を軽減。

やはりシンプルなテクニックのほうがいざという時は役に立ちます。

どんなにこころがゆらいでも、耐えられる、そんな精神性を磨いていきましょう。そのためのサロンです。誰でも、実践できて効果を実感できる方法をお伝えしていきます。
https://farm1.staticflickr.com/855/42824671415_bd37a8ec22_z.jpg

◇人気記事: