光のサロンにSt.LIGHT MUSICというサブタイトルがついているわけ

古いファイルを整理していたら10年以上も放置していた過去の作品のスナップ写真が出て来ました。
image

当時は全て手作りで、一回だけ制作して限られた数、お分けしていたのでした。このような作品が結構な数あるのですが、その後は全くご紹介もしておらず、存在すらご存知ない方が今ではほとんどだと思います。

この頃、聖母マリアやキリストのエネルギーが頻繁に降りてくるようで、もしかするとまたそのサイクルが来たのかもしれません。

サロンを作ってからもう16年が経過しました。その間、毎年同じことをしていたわけではなく、時期によっては作品作りの比重が多かったり、瞑想などのワークショップが多かったり、非常に変化に富んでいます。それぐらい活動の幅が広がりましたが、全て一人でやっていますので、何かに集中すればその他のことが全くできなくなります。
image
実際、これらの音楽作品は収録時間もそれなりで、普通のCDと同じぐらいのボリュームがありますし、それに光の世界から降りて来たメッセージも付いています。なぜ全て手作りかというと、受け取るかたお一人ずつに祈りを込めてお届けしているので、どうしてもわずかな数しか作れなかったのです。

あれから10年以上経過して、また制作する流れが来たのかもしれません。だとしても前回と同様、ほんの限られた数しか作れないかもしれません。もしそうだとして。さらに次回(さらに十数年後?)はあるのだろうか?と考えた時、そこまでは年齢的に厳しいだろうと思います。

何事も一期一会と言います。それは私にとって、ではなく皆さんにとっての機会が決して多くはなく、ほんの限られたタイミングでしか、私を通してこれらのエネルイギーに接触できないのかもしれません。

こういう仕組みをどのように説明して良いのか、未だ言葉を持ちません。私がこれまで受け取ったものの全貌はまだ誰にもお話ししたことがないです。本質はエネルギーですから言葉に表しようもなく‥。

私の人生は運命的な役割を担っていて、これらの「降りてくるいろいろなもの」をお分けするのが使命の一つ。これから第2週目のサイクルに入るような気がします。この十数年やって来たことを、改めてもう一周、回すことになるのかもしれません。だとすれば、10年以上、封印していた作品を再び、お分けできるかもしれません。

そして全く情報を公開していませんがほんの数人にしかお伝えできなかった光の技法のエネルギーを再び伝授できるかもしれません。すこし前に更に新たなシンボルが降りてきて使い始めていますが聖母マリアの癒しの波動で満たされ、素晴らしく心が穏やかになります。

私自身は毎日ノンストップでフル回転です。タイミングはみなさんの側で精一杯、合わせていただくと最善のタイミングとなりやすいでしょう。

私の人生も先が見えるぐらい後半の半ばぐらいまで来てしまいました。みなさんの方からのあと一歩の歩み寄っていただける勇気を持っていただけますよう祈っています。
image

〜St.LIGHT MUSIC〜
天からもたらされた音色を通して聖なる光がみなさんの未来を照らし続けますように

◇人気記事: