神無月六日:腰痛は身体からの大切なメッセージ

若い頃、腰痛を何度も体験して、その都度付け焼き刃な対処をしていました。若さで乗り切ったわけですが、年を重ねると腰痛ほど辛いものはありません。

一般的にはストレスが蓄積したものが腰痛です。なのでストレスが消えれば自然に治るはず。ただ、ある程度時間がかかるものなので、忙しさにかまけて根本的な対策が難しいことがあります。

ストレスが溜まると、痛みは次第に悪化します。そこから内蔵の冷えにつながったり、自律神経が不安定になるなど悪循環を引き起こしますし、なにより日常生活に支障をきたすなど、辛いことが多いもの。

とにかく無理せずまず回復をはかるのが大事です。

季節の変わり目の腰痛は冷えからくるものもあるので、まずは温める。それからよく動かすことも大切。筋肉の衰えが原因にもなります。

そして、ストレスの根本を見つけ、取り除くこと。ここがなにより大切です。

痛みは、気付きのサインでもあります。

身体からの大切なメッセージ。無理しない、は無視しない、とも言いかえられますね。

痛みのサインの背後にかくれている原因を見つける工夫を是非してみてくださいね。
https://farm5.staticflickr.com/4887/45808227032_e584032b71_z.jpg

◇人気記事: