第3の選択(メニュー)はないのでしょうか?という疑問への本日(2016/12/16)現在のお答えです

タイトル通り、第3の選択(メニュー)はないのでしょうか?という疑問への本日(2016/12/16)現在のお答えです。

理由はさまざまかと思いますが、メニューが多くて選べませんとか、自分の依頼がどれに相当するのはわからないので申込にくいというご意見をいただくことがあります。もう15年もやっているので、過去の情報を整理しきれず残っているものがあるかもしれません。自分でも不明になってきたので、明日変更するかもしれませんが今日現在のメニュー(2つしかありませんが)と、その他はないのか(つまり第3のメニュー)という疑問への回答を記しておきます。

(1)スピリチュアルカウンセリング
 ご相談、鑑定依頼はすべてこのメニューで対応させていただいています。

(2)レイキ
 現在は、個人レッスンでレイキを受講していただいています。

つまり、レイキを受講されない場合は、すべて1.のスピリチュアルカウンセリングをご予約ください、ということになっています。

でも、そうじゃないんです、というお気持ちの方や事情の方もいらっしゃるかもしれません。つまり「スピリチュアルな領域のことなのかわからない」とか「カウンセリングを求めているというわけじゃないかもしれない」という場合です。その場合もひとまず1.でご予約ください。

その他(第3の)メニューについては、ないこともないのですがHPがますます意味不明になるということで、今のところ出す予定がありません(冒頭にも書いた通り、期間限定とか、突然掲載したりしたことも過去にはありましたので、これからもあるかもしれません)。

※以下はレイキ受講者の皆さんへのご連絡です
個人トレーニングは、基本的に「あらゆるテーマ」に対応しています。レイキ受講者向けの個人レッスンだからといって「体調」とか「セルフケア」に関することに限定せず、自由で幅広いテーマをお持ちになって結構です。ただし、転職や転居などの鑑定といったようなレイキの学びと一線を画するテーマについては、スピリチュアルカウンセリングの枠での対応になります(お申込み時に皆さんが選択に迷う場合はひとまず個人トレーニングでご予約ください。当日お話を伺ったうえで判断します)。
image

レイキのトレーニングに関するお知らせとコラム(教師を目指す方向け)

(※以下の記事は光のサロンでレイキを学ばれ、更にレベルをあげたいかた、すでに指導を始めていてパーソナルレッスンの指導を始めたい方にむけた情報となります。しっかり推敲した文章ではないのでご了承ください。)

レイキ受講者の方の連絡網があるのですが携帯の方に届いていない状況があったりで、使いにくくなっています。確実に皆さんに情報をお伝えする最善の手段は直接メールをお送りすることなのですが、限られた時間のなかで多ジャンルに渡っての告知をしなければならない関係で、皆さんにしっかり情報をお伝えしきれていません。すべて一人で業務をこなしているので、行き届かない点をどうかご了承ください。

個別にご案内をなかなかお送りできないのは、まったく上記の事情以外になく、受講された皆さん全員によりレベルアップの機会をつかんでいただきたいという思いはいつも変わりません。
どなたも本当にお気軽に次のステップへと進んでいただきたいですし、またレベル3まで進まれた方はトレーニングを個人セッションで何度でも受講してください。その度に更にレベルアップの為の技法をお伝えしています。

光のサロンを開設していらい、神々からたくさんのヒーリング、内面の調和、結界、邪気払い、願望達成、先祖供養、真我との調和、宇宙意識との絆、アカシックレコードのリーディングなど多数の技法を授かりました。これらはすべて秘伝なのでメニューには出しませんし習いたいと言われて簡単にお伝えできるものではありません。必要な方にはその都度、お教えしています。レベル3まで進まれた方には順次、その時期がきた時にお教えしています。

また、先祖供養(水子供養)の方法についてはレイキの受講の有無に関わらずカウンセリングのなかで方法をお伝えしています。高額なお布施を払うのではなく、ご自分で心をこめてされますとご先祖様もとてもお喜びになります。

レイキパーソナルレッスンに関するトレーニング
さて、本題です。

サロンでは、現在レイキをレベル1、2、3とすべての段階を原則として「パーソナルレッスン」で対応しています。個別に実践メニューを考案することで、最短の期間で最大の結果が出せています。体調の改善、心身の調和、精神的な安定が短期間で確実に得られます。

私の場合は複数のレッスンであっても少人数に徹してきましたので個々にしっかり対応してきています。完全に個人指導に切り替えたのは、受講者の方の便を考えると最適だからです。仕事として考えると効率は悪いのですが、私の事情よりも受講者さんの利便性が大事ですからね。

また、レベル1から2へと進む際のメリットもしっかり理解していただいたうえで進度を上げていただけるので、結果的に以前よりレベルを上げていかれる方の比率が増えました。レイキはレベル2からいよいよその真髄に触れることができますし、レベル3以上は神秘の領域ですが、それこそ「真理探求」へとつながりますし、継続的に学ばれている方は全員、深い気づきや真我との調和に達しておられます。なによりも人生がはっきりと変化、発展していくことは誰の目からみても明らかなほど、皆さん変わっていかれます。そのことが教える私にとっても、なによりも励みに、継続する力にもなっています。

さて、そんな「パーソナルレッスン」ですが、いまだその指導方法をお教えてしておりません。というより、誰も習いにこなかっただけなんですが、考えてみれば「教えます」と告知したことがなかったかもしれません。昨日、満月を超えまして機が熟したのでしょう、あえて指導開始します、と宣言することにしました。

「パーソナルレッスン」はレベル1、レベル2,それぞれ指導方法がまったく異なります。レベル1はもっぱら身体面。レベル2は精神面です。受講者の状態に合わせた指導が求められますので、相当の経験が必須です。当然、免許皆伝に至るまでの年月はそれなりにかかりますので、心して受講されてください。数回のコースが用意されているわけではなく、必要な知識や経験を時間をかけて受け取っていただく形式をとります。

こちらもまた個別指導になりますので、希望される方はご相談ください。料金は特別な設定ではなくその都度「個人トレーニングセッション」の料金体系での対応となります。

あまり情報が整理されていなくて、わかりにくいかもしれません。ご不明な点はお問い合わせいただければ個別に回答します。

<補足>
私も過去数年にわたり、動悸と目まいに悩まされてきました。また、50歳を超えてから不整脈がでるようになりました。人生ではじめて体験するこれらの症状に、当初はとても戸惑いながらも基本的にはレイキを通して試行錯誤を繰り返し、年々対処ができるようになってきました。と同時に今年にはいってからは多くの方から、これらの症状についてのご相談をお受けするようになっています。そういう時代なのかもしれません。

不整脈については原因が「ストレス」である場合は、レイキで解消できています。私自身の症状も昨年ぐらいまでにほぼ解消し、現在はまったくなくなりました。

動悸と目まい、これについては昨年後半に急激に悪化し、今年はずっと調整に取り組んでいるのですが、ほぼ解消しつつありまして、現状ではなんら不自由なく仕事に取り組めるまでに改善しています。ただ、完治するようなものではなく、ストレスが溜まればいつでも再発するでしょう。これは私に限らず、どなたにも可能性があると思います。原因はストレスということになりますが、ではそのストレスの原因となると、これは一律ではありません。源流をたどっていくとたくさんの要因があります。コンレプックス、過去のトラウマ、魂のカルマ、先祖代々の因縁などが紐解かることが多いです。それをひとつひとつ潰していくと、あとはレイキで自然に改善していきます。スピリチュアルな問題解決能力があればこそ、症状を改善できる可能性があるのかもしれません。

毎月のようにこれらの症状以外にも、
・不眠
・無気力
・記憶障害
など、いわゆる「うつ」症状も同様です。

ほとんどの方はまず通院されるのですが、それでも良くならない場合は、根は深いかもしれません。そこを掘り下げていく過程で、魂の学びが深まります。苦しい時は逆に良い機会でもあります。

(※ちなみに私は医療機関で精密検査を受け、今のところ心臓にも血管にも問題は抱えておりません。)

レイキを通してどのように変われるか

レイキを学んでいただくことで、どのような変化がおき、具体的にどんな恩恵があるか、きちんとお伝えしきれていなかったような気がします。日々、時代も変化し、私達のおかれている環境も激変しているこの時流にあって、最善の取り組み方を日々模索していますので、発信すべき内容も刻々と変えざるを得ません。その時、そのタイミングでご縁があればお伝えする、という姿勢は変わりませんが「今日の段階でのひとつのまとめ」ということでここに記しておきたいと思います。ただ、明日にも変わるかもしれませんし、情報が不適切になった場合は予告なく削除したり変更することがありますのでご了承ください。

レイキは普遍的なエネルギーだが、私達は不安定な存在であり定まることはない

レイキの根源のエネルギーにはぶれがないけれど、私達はこの地上にあり、今の時流にのまれ翻弄されている現状、不調和に満ちています。基本的にレイキは「浄化」をうながし「調和」をもたらすエネルギーです。その特徴を最大限に発揮すべく、レイキのトレーニングを受けていただいています。講習はここ数年、個人レッスンのみで行っていて、ひとりひとりに適した実践方法でお伝えしています。ここに至るまで十年以上の歳月をかけてこの形になりました。過去に受講していただいたすべての方からのフィードバックがあり現在に至ります。多くの方の実践の積み重なったものが、私の技術として集約されていますので、ご縁のあったすべての方への感謝を表す為にも、このやり方を続けていこうと思っています。

個性にあったレッスンの意味

一律の講習を受けていただいたとしても、その方に合ったものとはいえません。レイキは日々実践していただくことで結果が出ます。一日10分でも20分でも、できるだけ毎日続けていただくことで、数ヶ月〜数年後には大きく変化します。その貴重な10分の効率がさほどよくなければ10年実践しても結果がでにくくなってしまいます。本人に適した方法を実践していただければ、時に数週間で最大限の治癒が置きますし、人生が安定し、向上します。

私の教え方は、完全にひとりひとりに特化した内容で、特に日々の実践していただくメニューは個別に考案します。レベル1では2〜3か月かけて修正して最善のものにしていきます。レベル2まで進まれた方は更に様々な技法を組み入れながら、その方の日常生活に自然に組み込めるような形で最大限の効果が得られるような内容にします。

がんばって努力しないと続けられないような難易度の高いメニューにしてしまうと継続できなくなるおそれがあります。一般的な講習では、一律同じ内容を実践するように学ぶだけで、それを10年やったところで意味がない場合もありえます。人により不調和の原因は様々ですし、なかにはそもそもレイキを学ぶ必要性のない方もいます。ほとんどの方は、その方にあったメニューを実践することでたくさんのメリットにあずかれます。

メリットその1〜体調面

基礎代謝があがりますので、血流の改善により細胞が活性化します。疲労回復が早まり、不調の箇所が自然に治癒します。ほとんどの方が1〜2か月で効果を実感されます。

メリットその2〜メンタル面

ストレスが軽減します。感情が安定しますので、対人関係が向上する方が多いです。過去のとらわれも自然に軽くなりますので将来にたいして明るいビジョンを描きやすくなります。レベル2に進まれた方には苦手な感情や、過去の体験にフォーカスした浄化、調和のメニューを実践していただくことで対処できるようになっています。

メリットその3〜人生を歩む意味

このあたりからレイキの講習のなかに、私ならではの、つまりスピリチュアルな側面からその方の人生の方向性についてのアドバイスなども含めながら、「自分のあるべき姿、進むべき方向性」について深めていく為の「内観」を取り入れています。特別な瞑想のメニューを実践していただいています。特にレベル3まで進まれた方の多くが「自分を再発見」されてました。それによって人生をより自由に充実したものにしていただけます。

今の時代ならではの問題ともいえる自立神経系のトラブルについて

かくいう私自身がそのトラブルを若い頃から保有している人間でして、レイキを学び実践し続けているのも自分がもっとも必要としている、そしてその効果を深く実感しています。眠れない夜があっても、不安にさいなまれてもがいてしまうような時も、穏やかに、速やかにバランスが整っていきます。またストレスからくる様々な症状を列記しますが、
・呼吸の乱れ(慢性疲労、無気力、集中力の欠如につながります)
・動悸(胸の不快感、痛みをともないます)
・みぞおちの不快感(食欲減退、嘔吐につながることも)
・前進のだるさ、関節の不快感や痛み
・ほてり、冷や汗
・突発的な感情の乱れ
・不安にとらわれて心が身動きできなくなる(将来への絶望感から逃れられない感覚)
・パニック発作(死んでしまうような恐怖)

ざっとこれぐらいでしょうか。私も日々、これらの症状が大なり小なり昔から続いているわけですがレイキを実践しはじめてから本当に減りました。ただ最近は時流なのか、また症状が増えてきた気がしますし、それは私だけではなく、世の中の多くの人がこれらの症状を感じ始めているようです。実際、今年にはいってからぐんとこういう症状を訴える方が増えました。レイキは特効薬といえるほど即効性はないのですが、副作用もありませんし日々実践していくことで基本的な治癒力が向上し学んでおくことで対処ははるかにしやすくなることは間違いありません。

ただ前述しましたように、個々に体質も気質も違いますのでその方にあったメニューを実践しないと効果がでにくいのがレイキの難しい面でもあります。どこでも誰にでも習っておけばメリットがある、ということはないので、受講を考えられている方にはしっかり見極めて選択していただきたいと思います。

自分にどのようなメリットがあるか知りたい

という方も多いかと思いますが、その方のエネルギーの状態をしっかり見極めなければ回答のしようがないことなので、やはり受講していただくよりないというのが実際のところです。事前に一度、カウンセリングを受けていただければおおそよの可能性については回答できます。

光のサロンでレイキを学ぶもうひとつのメリットについて

レイキは世界中に広がっている技術なので、どこでも習えます。今時、レイキの教師は本当にたくさんいます。実際、ほんの数日間の講習で教師になれます。私はこのレイキをこういった形で教えられるようになるまで修験者としての修行時代から数えると20年以上を要しました。レイキを教えることはさほど難しくはないのですが(とてもシンプルな技法ですから)、学んでくださる方にとって最善の結果を出していただく為には、受講される方のエネルギーの状態を見極めることが非常に重要です。体調不良の原因はなんなのか、なぜ自律神経が乱れてしまうのか、その原因を掘り下げていく為に長年の経験が生かされています。見極めができることで、最善のメニューを提示できます。それを日々実践していただくことで素晴らし結果がたくさん出ています。多くの方がどんどん回復し、不安から解放され、前進できるようになりつつあります。これは今は胸をはって断言できるようになりました。多くの方とのご縁があっての賜物です。本当にありがたいことです。

補足

また光のサロンでは、レイキを最終段階(レベル3)まで習得された方を対象に、高次元の存在とつながるワーク、宇宙意識との調和のワーク、他者のオーラの状態を読み取るリーディング能力開花のワークなど、さまざまな応用技術の講習を個人レッスンで対応しています。いわば後継者育成です。学びに終わりはありません。いつでも何度でも勉強にきていただきたいです。

image

レイキを学ばれていない方へ〜瞑想や呼吸法のスキルアップは誰しも必要と思います

この15年、ずっと思っていたことを初めて書きます。

レイキを学んでくださった方はほんのわずかです。延べ人数はそれなりですが、私から直接学ばれた方の数はそんなに多くありません。日々、たくさんの方にお会いします。皆さんHPをご覧になってこられる方が多いので、カウンセリングを受けにこられる方でもかなりの比重で「レイキ」という言葉は目にされています。でも、相談にこられる方の動機と、レイキを学ぼうという方の動機は違いますし、ついでにレイキも習ってみようということにはなりません。
それに、私の対応としても、悩みをおききしてアドバイスをする日と、レイキのレッスンをする日は気持ちの入り方も違いますし、そもそもサロンのエネルギーが異質です。レイキの講習をする日は「なにか」がこの場に満ちるんです。そんな日は自分も浄化され、波動が調和に至り、教えていながらにして満たされていきます(指導されている方はこの感覚を皆さん味わっておられると思います)。

レイキは本当に素晴らしいので、ご縁のあった方全員に学んでいただきたいです。私の偽らざる本心です。

だったらもっと積極的に告知したり、それこそお会いする方全員にお勧めすればよいのでは。そうなんです、そうしたいんです。でもそれはできませんでした。というより、あまり積極的にお勧めするどころか、どちらかといえば、引っ込めてきました。

それはここ最近の私のブログをお読みになってくださるとお分かりになると思いますが、私の方針、やり方として、個々の体調、心身の調和、魂の方向性、すべてをモニターし、分析し、把握し、見守りながら最善の方向に導く、ということ全身全霊でとことんやりぬきたいのです。ですから、どうしても深くすべてを感じ取り、引き受けてしまう傾向にあります。

本当のことを言うと、皆さん遠慮して習いにこなくなるから言えなかったんです。でも、もはやレイキの指導は心身ともに相当に消耗するという事実を隠すわけにはいかなくなってきました。

ただ、ですね。一旦習得していただいて実践していただくと、その後はものすごい勢いで安定し、向上するんです。そこまでの期間、人によって個人差がすごく大きいです。1年で安定する人もいれば数年かかってもまだ浄化の好転反応が続く人もいる。一律にはなんともいえません。が、私のところで学ばれた方は平均すると1〜2年で肉体の浄化がおわり、3〜4年ぐらいで精神面の調和に至ります。その後はそれぞれの魂の根源との連携がしっかりしてきますので5年ぐらいで、本質に沿った生き方がはじまります。そこから先の発展は皆それぞれのペースがありますし、条件も違いますので一様ではありません。

レイキをお伝えしはじめて、数年たつとほとんどエネルギー的にはクリーンになっていますのでなんの負担もなくなってきます。逆にお会いするとこちらがパワーをいただけるようにもなりますし、ほぼ対等の関係になりますね。

私も最初の頃は先生に相当負担をかけていたと思いますが、私個人は修験道の修行時代から、滝にうたれたり瞑想したり、山を走ったりして苦行を通して心身の浄化に打ち込んでいましたので、レイキを学んだ後の好転反応で人のお世話になったことはあまりなかったんです。でも人間であるかぎり、体力に限界はあります。

人の浄化を直接、自分の手で支える、というのは限られた人にしかできません。たくさんの人を支える、というのは物理的に不可能です。それでも私は教え続けたいです。なぜなら、レイキは手から手へ、伝わっていくものだからです。自分が習得すれば自分の周りの人を元気にしてあげられます。内面的に強くなり、時代の不調和にも負けない精神性が自然に得られます。

また、昨今は地球環境そのものが大きな異変にともない磁場の変動が激しいです。私達の体と精神の不調和の原因は霊的なものではなく、磁場の変動によるものがとても大きいです。科学者は気づいていますが、その事実を公表したところで不安をあおるだけで、対処のしようがありません。

いわゆる地に足つけることが年々、難しくなってきています。それに加えて私達は霊的な存在でもあるので、本来もっているそれぞれの霊的な因縁(カルマ)の影響が著しく発現しやすくなってきました。これは2012年以降は本当に顕著になってきて、毎年のようにどんどん増長していく傾向にあります。今後、安定することはなさそうです。

日本人は特に精神と霊の調和が難しい民族なので、先進国のなかでも今の時代、もっとも苦しいんです。他国からはわからわない、理解できない、独特の不協和音のなかに放り込まれてしまいました。これは日本人の、というか地球の運営としかいいようのない避けられない時代の流れです。

こういった大局をみれば私個人のレイキを教える葛藤なんて砂の一粒より小さい、とるに足らないものです。

レイキは学べば誰でも実践できます。誰でも必ず素晴らしい結果をつかみとることができます。ただし、最初の(特に1年から2年の間)は劇的な変化が起きてしまうので、いっきに駆け抜けないと、けっこう辛いです。潜在的には多くの方はその変化を体験することなく、途中で実践しなくなっています。レイキは単なる道具なので、日々実践しないと効果は現れません。

シンプルで簡単な方法ですが、ひとりひとりメニューが違います。それを実践するだけで1年後には健康になります。2年目以降な精神的な安定感が得られます。数年後には魂が望んで持って生まれてきた方向性に沿った自己実現へと近づきます。誰でにもその変化がおきますが、私のやり方だとパーソナルレッスンで相当な時間をかけて個々にお伝えしていくしかないのです。

そして現状、私のほぼ地に落ちた体力の状態では毎月数名の方にお伝えするのが精一杯な状況です。すると一年に10人か、がんばって20人?でしょうか。でも、学ぶ方を私は選べません。一律、ご縁のあった方にはチャンスをつかんでいただきたいです。

とにかく、昨年後半からセッションの数がこれまでの半分ぐらいしか対応できなくなっています。ですからレイキの講習日程もとても数をこなせない状況です。あとは神様がご縁を結んでくださるでしょう。

さいごにまとめますと。

レイキはどなたにでも素晴らしい変化と発展をもたらします。日々の実践は個別にシンプルなメニューをお伝えします(なにをしていただくか、その日、その場で神々が教えてくれます)。レベル1だけでも体は素晴らしい変化を遂げます。レベル2で内面がとても安定します。レベル3で魂の願う生き方に近づきます。それ以上の段階に到達されたい方は個別指導になりますが聖霊と一体となっていきます。それぞれに合う教え方で日々、向き合っております。

数少ない機会です。ご検討ください。

レイキパーソナルレッスン〜睦月最初のレベル1の講習

IMG 0383 1
昨日は睦月にはいり、最初のレベル1講習。年も変わりましたので10年ぶりにテキスト改訂しました(改訂というよりパーソナルレッスンコース初めてのテキストかな)。もっとも内容はこれまでのものと違いはなく、シンプルに必要最小限におさえた内容にしました。それでもお伝えしたいこと、学び取ってほしいことのエッセンスは全部はいっています。

レイキがもたらす変化について、日々の取り組みについて、予想される好転反応についてなど細かくお伝えして、呼吸法と瞑想のワーク、エネルギーの伝授、そしてヒーリングも受けていただきました。

私の場合、ヒーリングを受けていただく前に、まず冒頭で体のどこがエネルギー的に不安定なのか分析してご説明してしまいます(触らなくても細かくわかりますので)。それで身体と神経の症状の原因がすべて説明できてしまいます。

ヒーリングを受けていただくのは、念のため確認するというより、ご本人が手当てをする際に体のどの部位にどれぐらい、どんな形で手をおいたらよいかを考える為です。昨日、講習を受けられた方も、体の気の流れが少し特殊な状態でしたので、普通の手当ての仕方では難しかった。左手、右手の使い分けも細かく指導しました。2週間はそれで様子をみていただき、3週間以内に次回の日程を組んで変化を確認する、という段取りになりました。

レベル1では、はじめてレイキのエネルギーが体にはいります。浄化により大きな好転反応が起きる場合があり、予断を許さないですね。もし辛い状態になった場合は、フォローアップのヒーリングで対応もしますし、遠隔でエネルギーを送ったりします。

遠隔で応援する際は、あらゆる手段をつかいます。レイキエネルギーだけではなく、自然の神々にお願いすることもあるし、高次元パワーを駆使することもあります。なにかをやらないよりは、あらゆる手を尽くしてみます。必ずなにかプラスになりますからね。

レイキは結果を出すことに意味があります。必ず変化し、好転する流れをつくります。

過去にレイキを学ばれた方でも、どのレベルまで進まれたかに関わらず、この時期は体の浄化作用がとても強くなります。そういう時期です。なにか不調を感じる方は、体が変化しているサインです。そこに意識を向け、体と対話しながらレイキを改めて実践していただくと、むこう一年が良い流れになりますね。今年は結果をだしていきたいとか、もっと体調を整えて準備したい、よいご縁をつかみたいという方は、レベル1(身体の浄化の為)の個人レッスンを改めて受けてください。お問い合わせは気軽にどうぞ。

※レイキの個人レッスンは原則として、ひかりのサロンでレイキを受講された方が対象です。
※まだレイキを受講された事がない方は、レベル1パーソナルレッスンを受講してください。受講前のガイダンスはご来訪歴のある方は無料で対応しています。気軽にお問い合わせください!

加速する(はず、というよりしなければならない)代替療法。レイキが認められるのかどうか私達の取り組みにかかっている。

今日は高齢の方が体調不良でご相談にいらっしゃいました。ここ数年、体のあちこち辛いのだとか。病院で検査をうけても原因がわからず、それでも薬はでるので「こんなにたまってしまって…」と、両手で薬の袋をかかえる仕草をみせてくださいました。そのかかえぐあいから少なくない量であることが推測されました。飲まなくてもいい薬を飲むことで、どれほど体力が奪われているのか考えてしまいます。

日本は医療先進国と言われているのですが本当にそうなのでしょうか。「飲まなくてもいい薬を愚直に飲む国ナンバーワン」であることは間違いなさそうです。いったいぜんたい「飲んでいい薬」というものが存在するのかどうかすら個人的には疑問に思っています(もちろん、漢方やハーブなどの自然療法は別ですよ)。

結局、今日のお年寄りは、私の見立では体はいたって健康(今のところ)で、水分代謝がかなり低下しているのと、血圧も低めで体全体が冷えやすくなっていたり、もともと神経質なので頭に疲れが残りやすいなどが原因で、様々な症状がでているようでした。日常的に取り組むべき幾つかの対策をお伝えして実践していただくことにしました。数年後には元気になっていかれるはずです(薬を飲まなければ、ですが)。

体の治癒力を活かして、症状を改善するには、まず薬はやめるべきなのと、日常生活をしっかり見直す必要があります。食事もすごく大切ですし、必要であれば自然療法をいくつか取り入れていくとよい。体質にあわせた取り組みを見立てられる人がいれば、すごく救われると思います。

体調が少しでも悪ければ、とにかく病院にいく。原因がわかってもわからなくても、そこで行動は完了。効かなくても出された薬は飲む。もしかして副作用で命が縮まっているかもしれない(おそらくそうなのだけど)としても、そこは問うことはない。

そんな生き方を本当に私達は望んでいるんだろうか。医療先進国日本なんて誰が言い出したのか。

日本は経済大国とよくいわれるのだけど、株価もあがっているようだけど為替相場を反映させると(つまり外国から日本の株価をながめると)別にあがっているわけじゃない。

とまぁいろんなことが「なんとなくそう思っていた(思い込まされていた)」だけで、実際のところ、私達はかなり追い込まれているのではないでしょうか。本当に大変なことになった時、結局は誰も責任をとってはくれません。そこはなんとなくわかっていただけるところだと思います。日本の偉い人達は、責任感のある人はほとんどいらっしゃらないようなので(あえて、皮肉をこめての敬語です)。

であれば、私達は自分の人生を自分で守るよりなさそうです。

人生をよりよいものに保つには、体と心の安定がとても大切だと思います。つまり、健全な肉体と精神をまずはしっかりと保つことです。そこを医療を頼らずに保てれば、だいぶ生き方が前向きになるのではないでしょうか。

レイキは厚労省の「がんの補完代替医療ガイドブック」でも紹介されているようにアメリカの国家基準ではれっきとした「代替療法」です。アメリカのがん治療の取り組みは近年はとても柔軟に代替医療との調和があり、結果もでています(がんの死亡率が低下しているのです)。日本の状況は、真逆といっていい方向を向いていると思います。がんで死なない為にも代替医療の方向をできるだけ早く、歩みはじめるべきだろうと。個人的には若い頃から感じていましたし、今、まさしく代替医療普及活動に日々精力的に(と断言できるレベルになりつつあります)取り組んでいます。

私のところでレイキを学び、ヒーリングを受けられている方たちに長年苦しんだ神経症状が緩和してきた、改善した、という事例はどんどんではじめています。エビデンスを出せと言われればそろそろ出せるぐらいに改善の症例が増えてきました。もっとも、私のようなものが権威ある学会に呼ばれることはないのですし、新聞に登場することもありません(メディアではレイキを取り上げてはいけないという規制があるようなので)。つまり各自の判断で選択しない限り、レイキに限らず代替療法への道は開かれないということです。日本の体質は容易には変わらないと思います。でも、ひとりひとりが判断の基準を変えればよいことなのでそれなら可能です。政治も行政も国民の大半の意識がかわればある時点からころっと変わります。誰かが変えてくれるのを待っていては人生おわってしまいます。今、自分の意思で、まず変えるということを決めるところから始める時期にきたように思います。

レイキとレイキではないエネルギーのはざまで

これはもしかすると以前、どこかで書いたのかもしれませんが、あまりきちんと意識して書いたことはないような気がします。

私が「レイキ」と、「それ以外のエネルギー」をどう使い分けたり感じ分けたりしているのか、についてです。これを説明するのはとても難しくて、中途半端に書いても誤解を招くばかりだし、意図的に伏せてきたともいえます。でも、それっぽいことを書いてみたり、レイキではないエネルギーワークをやってきたりしているので、なんとなく気づいている人は気づいているだろうし、そんなの最初からそうだと思っていたという人も多分いらっしゃるでしょう。

西暦2000年にレイキを学んだ時、これは素晴らしいものだと実感しましたが、それ以前から長年のさまざまな修行と神秘体験を通して感じていたエネルギーと比較している自分がいて、その違いはなんだろうとずっと研究してきました。最近になってやっとある程度の答えが出せるようになり、ここまで理解が深まれば教えたり伝えたりしていくうえで支障はないかなと思えるようになりました。ただ、そろそろレイキとそうでないものを分けて扱っていかないと、学んでいる皆さんに混乱を与えたり、誤解を招くおそれも出てきましたので、少しずつですが整理していきたいと思うようになりました。

私にとってはレイキはとても有効な手段でした。それそれによって素晴らしく心身が安定し、健康を回復しました。それは「めざましく変化した」といえるほど劇的でしたし、嬉しく有り難い体験でした。でも、私にとってレイキは「幾つもあるうちのひとつ」の手段でしかなく、これだけですべて満たされるということはありませんでした。

元々、私は霊的な感性があまりに鋭くて、森のなかにはいれば精霊の存在がわかるし自由に会話もできていました。人の背後にいる見えない存在たちの気配もいつも感じていましたし、自分が死んでいることに気づいていない方達ともたくさん交信をして、この地上のエネルギー世界をたくさん味わってきたのですが、そういった感受性故にとにかく疲れれていました。普通に生きることができないレベルまで神経を消耗しつつあったんです。それで厳しい修行を重ねていくなかで耐性を身につけました。その時に、たくさんの神秘的な技法(印やマントラ)を使ったんです。私は修験道で学びましたので、そこには古来からの秘技がたくさん伝えられているんです。それをひとつひとつ実践しながら自分に必要なものを選り分け、使っていくうちになんとか「自分と外側の世界」の境界線を確立することができました。そこからやっと宇宙とつながるというか、光の世界とつながるというところにフォーカスできるようになっていくわけです。その頃からアカシックレコードにアクセスできるようになりました。また高次元の意識(たとえば大天使たち)ともつながれるようになり、この世界の真理や、私たちの魂の由来について、神々の世界について学ぶようになりました。その探求のなかで、魂の輪廻の由来について無数の情報を受け取れるようになっていったわけです。

ですので、私のなかでは世間一般にいわれる「霊感」という感受性と、魂の輪廻の由来をひもとくアカシックリーディングに代表されるような「スピリチュアル」な感受性は、別々のものなんです。この段階ではっきりさせておきたいのですが、どちらの感受性もレイキでは活性化しません。根本的にレイキという技法がもたらす作用だけでは、霊感も、スピリチュアルな感受性も開花はしません。それぞれ相当な訓練も必須ですし、持ってうまれた資質も要因になります。まったく違う次元のものです。

私の定義では「レイキ」は心身をすみやかに浄化する為の本当に素晴らしいツールで、それ以上でも以下でもない。

霊的な世界と交信する人は、その為に自分のまわりに結界をつくることを学ばざるを得ませんし、霊感が弱ったり疲労した時に、それを回復する為のパワースポットを知らねばなりませんし、実際にそこに行かなければなりません。

アカシックレコードにアクセスしたり大天使と交信する人は、その為に必要なあらゆる環境を作らねばならないし、その感覚を維持する為に必要なあらゆる技術を磨かなければなりません。

それで私は霊的な感覚を守り、磨く為にパワーストーンをもっぱら用いることにしました。また、アカシックレコードにつながり大天使と交信する感覚を守り、維持する為に「光の技法」を学びました。そしてこれらを全般的に維持する為にレイキをほぼ完璧に使いこなしていると自分では思っています。私には必要なものすべてが必要だったのです。そして必要なものがひととおり私の手元に集まってきた、というより「与えていただけた」のです。どれかひとつ欠けても、今の私の能力を維持することはできなかったでしょう。

自動車がタイヤ、エンジン、ボディ、電子機器などの集合体であるように、私にもたくさんの技術が必要です。レイキは車でいえばタイヤとエンジンのようなものかもしれません。これがないとなんにもできなかったかもしれません。それぐらい素晴らしく有効なツールです。これからも磨き、使い続けていくでしょう。でも、ナビも必要だし、明るいライトやサンルーフも必要なんです。それらはレイキには含まれていない、けれど私には必要不可欠な技術なんです。

ヒーリングに関するコラム(あるヒーリングセッションのカルテより)

これはあるヒーリングセッションの忘備録です。
ーーー
数回目のヒーリングセッション。あいかわらず頚椎のあたりの緊張が強い。背骨にそっての流れは以前に比べれば数段、スムーズになり、腰から下への流れはあまり支障がなくなってきている。

頭部のヒーリングの際にオーラの澱みが気になったので、エネルギーを再度活性化して様子をみる。ほどなく浄化がどんどんはじまり、体全体の気の流れがよくなってきた。以前はあまり深く探れなかった頚椎と後頭部の周りを入念に触れていく。右肩まで突き上げるような反応があり「なにか」に触れているのがわかるのだが、その実体がどこにあるのか絞り込めない。しばらく時間をかけていくうちに、後頭部のあるポイント(頭部から数センチ浮いた位置=つまり、肉体ではなくオーラの側)で強く反応していることをつきとめ、そこに集中的にエネルギーをいれる。今日は外れないかもしれないと思ったが、やがてふっとその「影」は消滅した。位置的には、自己受容に関連する意識領域なので、コンプレックスや苦手意識といったものを抱えておられたのかもしれない。

本人も最近は瞑想もしっかり取り組んでもらっているので、そのなかで自分と向き合い乗り越えておられたのだろう。世間一般でいわれるコンプレックスやトラウマというのは「単なるエネルギーのブロック」でしかないことは明白で、それをとりはずせれば改善する。ただ、ヒーリングをしていれば必ず外れるというものでもなく、やはり本人が自主的にエネルギーを活性化する努力をし、日常の生活面でも向上に励むことが大切だ。その為に、毎回のヒーリングセッションの合間にも、食べる食品について、栄養やビタミン、ミネラルについて、季節毎の食材についてなど、様々なアドバイスを繰り返している。きちんと実践してくださる方は、やはりこうやって確実に進化していくようだ。

おそらく次回あたりからもうヒーリングは必要なくなっていくだろう。より瞑想を深めたり、チャクラバランスを調整したり、うまくすれば自信を回復してもらう段階までレベルをあげていけるかもしれない。
ーーー

※1時間のヒーリングの間、見た目ではただあちらこちらに手を当てているようにしかみえませんが、頭のなかでは実に様々な分析や判断をし、今後の予見もたてています。思った通りになることもあれば、予想しきれないこともあります。まだまだ修行中という感じです。ヒーリングを学びたい方のご参考になれば幸いです。

ヒーリングの浄化による好転反応

ヒーリングを受けていただいている方には、浄化に伴って一時的になんらかの症状がでる(好転反応)ことがあります。というより、好転反応は必ず起きます。その都度、程度の差があるだけでヒーリングによってマイナスのエネルギーが清められて、体外に排出される時に、さまざまな形でそれは起きます。

ですので、好転反応が起きてもびっくりなさらないように、できるだけいろいろなケースを想定してお伝えするようにしています。それでも予想外に好転反応が強くでた場合など、やはり驚かれる場合が多いです。特に若い方のほうが早く、強くでる傾向があるようです。そして年配の方になればなるほど、とてもゆっくり起きるようになります。

好転反応の出方も人それぞれですし、浄化の起き方も千差万別です。軽い倦怠感や眠気で済むことも多いけれど、発熱や下痢をおこすこともあります。自分の体だけでなく、自分の周囲にさまざまな変化を伴って浄化が引き起こされることもあります。

良い結果をもたらすとはいえ、その過程でさまざまな変化が起きますので、不安になったり辛く感じてしまうこともあります。ヒーリングを通して改善していくこと、楽になっていくこと、好転していくことも無数にありますが、それに伴って皆さんが体験し得るネガティブな側面にもしっかりフォーカスしておかなければいけませんね。そこを乗り越えることが人生の避けがたい宿命的な苦悩の本質なのかもしれませんから。

ヒーリングは、おそらく人生を加速させるんです。だからあまりアクセルを踏み過ぎるとかえってバランスを崩す怖れもあるようです。その加減を考えながら、その方にあったヒーリングの取り組み方ということをアドバイスしていけるようになりたいものです。

この世界で私はまだまだ新参者でしかありません。先は長いなぁ。もっとしっかり人を癒せるようになりたいものです。日々精進ですね!

癒えるには時がある

IMG 7661
長くヒーリングとカウンセリングを行っていて、最近では過去数十年にも渡る心の抑圧を解放するような取り組みができるようになってきました。そこに至るには、長い時間のカウンセリングのみならず、レイキの技法を用いながら独自のアプローチでヒーリングを行い、ご本人にも自主的にいろいろな取組みをしてもらうことで、最終的には自然に癒えていきます。

心は目にみえないものですが、感覚を磨いてくると手にとるようにわかるようになります。が、癒しには段階がありますのでけして急かすことはできない。だから、一律これこれこういう技法で何回のヒーリング(あるいはカウンセリング)で、過去のトラウマは確実に治りますよ、という言い方はけしてできません。その人の内面から自然に解放が起きていくものなので、その時々のタイミングにあわせた最適な取り組み方を提供していくだけです。

こういう自分の仕事をふと「樹医」さんのようだな、と感じることがあります。弱った樹木の土壌や環境を変えたりしながら自然に回復するのを何年もかけて待つように、人の人生には大きな流れがあり、そこから枝葉末節に細かく分岐していきます。でも大局を見ていないと、癒える力をうまく引き出すことができないことでしょう。

これまでたくさんの癒しの技法を垣間見たり学んでみたりしてきました。がいずれも断片的なもので、大局的にその人のあり方を根っこから治癒させる方向付けをもったセラピーに出会ったことがありません。おそらく、ひとつの技術だけでは無理なのでしょう。幾つものアプローチと技術とを駆使しながら、あとはタイミングを見計らってヒーリングを行ったりしていくと良い結果が自ずと導きだされます。

タイミングは宇宙との共鳴もありますので暦を星の運行の影響も考えながら読み取るようにしています。そうしていくなかで、人生では起こるべくして様々な出来事があるのですが、それらひとつひとつの答えを導きだしながら、過去の癒しにも取り組んでいく。

人生は過去からの流れが未来につながっていきます。未来をより上向いた方向にシフトさせたい場合は、過去からの悪影響を正すことも必要なんです。でも、人生には運命的に定められたイベント(出来事)も用意されているので、それを変えることはできない。けれど最善の準備をすることはできます。なにが起きるとしても最善であれば、きっと良い結果がでると思います。過去をリセットできれば、かなり人生の流れは上向いていくと思います。

私達は、日々多くの試練に向き合わざるを得ません。試練のない人生はないことでしょう。でも、向き合うべき試練と、向き合っても無意味なものもあります。過去の影響が、よく無駄な試練を引き寄せることがあるので、余計な枝葉は切り落としてしまったほうがよい。それだけでも前に進む速度が加速したりするものです。

皆さんに最善の癒しがもたらされますように、私なりに積み上げた技術と経験をすべて活かしてお手伝いさせていただければと願っています。