進路を決める時期のお子さんのお手伝い

高校3年生。進路を決める大事な一年。
日々、とても忙しい。ゆっくり考える時間もない。それなのに大きな決断を強いられる。

でも、どんなに本人が考えたって、ご両親がどんなに知恵を絞ったって、不安や日々の課題が減るわけではない。皆さんとても苦労なさっていると思います。

17歳ぐらいになると、少しずつ魂も大人になる準備を始めます。自分らしさが芽を出す時期。少しでもその芽が出ていれば、「方向性」のお話ができます。あなたはどんな性質で、どんな人生を歩みたくて生まれてきたのか。本人がすんなりと思い出せるように。

タイミングが大事なので。まずはお母さん、いらしてくださいね。その上で時期をみてご本人をお連れになってください。
https://farm5.staticflickr.com/4702/39437292134_4c59c8b03f_z.jpg

新しい年度を前に心を軽くしませんか

3月。間も無く年度変わり。
新しい学年、学校、職場、それぞれ環境が大きく変わりますね。

本人もドキドキするでしょうし、支える家族も心配や期待が入り混じった気持ちでいる方も多いでしょう。

特にお母さんは何かと気持ちが整わない時期かもしれませんね。
私はなすべきことをなしているのだろうか? そんな自問自答を繰り返している方が多いような気がします。少し心の荷を下ろしましょう。そのほうが日常生活はうまく回るんです。

自分にゆとりがなくなったら、サポートするどころか、ストレスを溜め込んで爆発させてしまうかもしれません。また気づかないうちに小さなトラブルを引き寄せてしまうかもしれません。

小さな心がけの積み重ねが、大きな幸せを引き寄せることに繋がります。
責任感、義務感を背負うことよりも「今、確実にできること、こなせること」を少しずつ増やして行くほうが、みんな元気に明るく暮らせるようになります。

あなたにあった日々の暮らしの心がけ、お伝えしています。この時期、1時間だけ、お時間ください。
https://farm5.staticflickr.com/4609/25739182877_94690b0b2d_z.jpg
皆さんが新しい4月の始まりを滞りなくスタートできるように祈っています。

予想外のケガ、トラブルは気をつけてください

水回りのトラブル、車のトラブル、外科的なケガ。

もしご自身や同居しているご家族にこれらの出来事が起きて、偶然にしては他の出来事とタイミングが符号していたり、何か虫の知らせのように思われたら、遠慮なく鑑定を受けてください。なんでもなければ安心。でも時に、放置しておくとさらに大きな災いを引き寄せることがあります。それが5年、10年と時を経て取り返しのつかない問題になることもありえます。

多くの場合、これらの出来事は警告なんです。今なら未然に防げる、だから気づいて欲しい。みなさんを守っている存在からの大切なメッセージなんです。是非、受け取りにきてくださいね。

大切なひとを守るために。
https://farm5.staticflickr.com/4716/26600143518_65e27b6092_z.jpg

2018年3月1日現在、進行しているセミナー(講座)について

ほぼ1年前に告知したセミナー(スピリチュアルカウンセラー講座、スピリチュアルヒーラー講座)は今月でちょうど一巡り。そして来月から次年度へと続くことが決定です。

かなりハイペースだったのでもう少しゆっくりにします(いまはそのつもりですが、本当にそうなるかどうかは一年後にまた報告できるでしょう)。

少し前に3月上旬で4月の募集は締め切ると告知しましたが。
来月からは何月からでも編入できることにしようかと思っています。告知をできるだけ早く出したいのですが、なかなか手があかないので、もし「あの講座、興味があったんだけどタイミングが合わなかった」という方は個別に問い合わせてください。

2年、3年とかかる内容なので、始めるなら一月でも早いほうが良い。また、どのタイミングから乗っても、それなりに乗れるので。学問じゃないから、それぞれの感性を通して習得してもらう内容なので。単位制でもないしレポートもないし(少なくとも一年目は、ないですね。2年目からは選択科目によってはレポート必須の科目も出てきます)。

学びたい人にはどんどん教えていこう、という姿勢です。

もう長く続けてきたので、いくら教えても教え足りないぐらいのノウハウの蓄積があります。

今月はカウンセリングの現場で、長年積み重ねてきた知識をお伝えする特別講義を開きますが、思ったより多く申し込みをいただいて、それなりに興味を持ってくださる方がいるということが、とても励みになって気力が満ちてきますね。

ちなみに、カウンセリングの特別講義は「こういう内容」なのですが、日程的に3択で組んでいるので、もしも興味がある方はご参加いただけるように配慮します。個別に問い合わせてください。(このリンクは後日、閉じると思います)

もう一つ昨年秋に定期セミナーを企画しました。こちらに関しては、準備に半年を要しました。やっと4月に1回目スタートです。(こちらで告知しました)

やれることから一つずつ。
でも、始めるからには止まらない。サロンも17年目。光のサロンはみなさんに光をお届けするための場所。ここに神様が作りなさいとおっしゃってくださった大切な場所。誰でも歓迎。誰でも学びたい人には、お伝えできるもの全てをお渡ししようと思っています。でも手は一つなので、形にするまでにすごく時間がかかります。

そこでみなさんに心からのお願いです。

光のサロンで学びたい方は、しっかり意思表示をしてください。できれば個人セッションにきてください。その上でアドバイスをしますし、ご希望をしっかり受け取ります。自分の可能性をみなさんは知らないのです。誰にでも無限の可能性があります。もう間に合わないとか、才能がないとか、自信がないとか。あなたがどんなにたくさん言い訳をしても、私は教えたい。そして成長をしっかり見届けます。なんだったら来世まで見守ります。あの世に行っても見守る覚悟(というより絶対的な信念)があります。

一度、縁があったら永遠に忘れない。一度、教えた人のことは孫子の代まで応援したい。

こうして、何かセミナーや講座にもぐりこめるタイミングがあったら乗ってもらってもいい。その時期を見計らって適当な言い訳を考えて個人セッションを受けにきてもらってもいい。

よく理由もなく来てしまった、という方がいますが。そんな時は、椅子に座ってもらったら1時間、こちらから一方的にお話をします。本人が知らない未来のお話です。可能性のお話です。

とにかく、誰が何を学びたいのか、把握させてください。そうすればカリキュラムが降りてくるので、時間はかかりますが講座を開催できます。

まだ数科目、形にできる余裕があります。(もっとも、その分、私の時間がなくなるのですが、学びたい人が集まっていただければ効率は良いので、かえって助かります。)

じっと受け身で待っていても、なかなかきっかけはこないかもしれません。でも、何かの折に是非「〇〇を勉強したいな」とアピールをお願いします。メールでもなんでも結構です。参考にしますし、何人かから希望があればきっと形にします。
https://farm5.staticflickr.com/4624/40196564081_61476d0519_z.jpg

20171116 夫婦間のトラブルを抱えている方へ

このコラムは初めてカウンセリングの申し込みを検討されている方への指針としていただきたく書いています。
今回は「夫婦間」のトラブルを抱えている方へ、事前にアドバイスを列記しておこうと思います。

夫婦間、もしくは同棲中やそれに準じるパートナーとの間で起きる問題は、大まかに分類すると、
・会話がなくなった、もしくは噛み合わない
・価値観が大きくすれ違う(例えば、子育て、仕事、転居、親の介護など)
・浮気(その疑い)
・どちらかが体調かメンタルにおいて問題を抱えている
・暴力(いわゆるDV。精神的なそれも含む)
・漠然とした違和感
・離婚に関わる対立(親権など)
などがあります。

どの問題一つでも、根深く簡単に解決出来ることではない場合が多いです。それ故、精神的、経済的に日々消耗していくケースが多く、出来るだけ早く誰かのサポートを求めることをお勧めします。
医療や福祉機関に相談されたり、場合によっては司法関係機関に出向いてみるのもいいです。その上で、別な視点からの意見アドバイスとしてスピリチュアルカウンセリングをお求めになるのもいいでしょう。

また、運命鑑定や人生相談などを他で相談されて、その上でセカンドオピニオンとしてご来訪されるのもいいと思います。

初めての方で、ご来訪されるのがどうしても難しいとか、遠方で交通が不便という事情がある方はお電話でも対応可能です(ただし道内在住、出身の方に限ります)。

長く時間がかかる問題と向き合う時、出来るだけ気持ちが消耗しない工夫をしていただきたいのです。相手があることですから時に長く待たされることもあります。手続きで時間がかかったり、診断や治療で待たされるかもしれません。また、自分の気持ちが整うまで時をおいたほうがいい場合もあるでしょう。

混乱したり、不安やストレスでいっぱいの状況では、大局的な正しい進路を自分で見極めることは、とても難しいです。訳も分からず虚しい行動、選択をしてしまうよりは、待つべき時は待つ、そして後に後悔するような選択はせず、一旦保留にすることも一つの知恵でしょう。

そして、気持ちが整い、冷静に事態を見つめられる条件が整っているようでしたら、その問題が「なぜ」出来したのか、「どんな意味」が隠されているか、答え合わせをしていきましょう。

私は長くたくさんの経験を積ませていただきましたので、みなさんのあらゆる状況を受け止めてしっかりサポートさせていただいています。霊視を重視しすぎて一方的に結論を押し付けるようなセッションにならないよう最大限、心がけています。

敷居は高くないですから、どんな問題でも気軽に投げかけてください。
また札幌以外の方は、あまり相談できるところがないと思いますので、役立てていただければ幸いです。
IMG_5500

最近の印象的なセッション(土地探し)

土地とのご縁をいただくにはとても時間がかかります。
特にそこに以前、住んでいた方がある場合、建物が残っている場合など、長く土地に関わる人々の歴史があればあるほど背景が深く、重くなります。また周辺地域との関係性がどうか、住む方の体質、気質との相性など、鑑定項目は多岐に渡ります。

必要があれば土地の神様にご挨拶に出向きます。以前住まわれていた方の思いがまだ残っている場合などはお祓いをすることもあります。

今年は何度となく現地に出向いて鑑定をする機会に多く恵まれました。時間はかかりましたがいづれも良いご縁をいただくことができホッとしています。あとはそれぞれの日々の暮らしが末長く、月日が重ねられていくことを願うばかりです。

土地とのご縁をいただくのは簡単ではありませんが、地道に努力を重ねていると順番に機会は巡ってくるもの。焦らずじっくりと取り組みたいものです。

北海道は広いとはいえ、札幌圏に関してはかなり開発が進んでしまい、利便性の高いところにはもうあまり空き地がありません。が、空き家は年々増える傾向にあります。制度も改善され、住み替えもしやすくなりそうです。限られた土地は所有するものではなく、ほんのいっとき神様からお借りするもの。ご縁をひたすら願う気持ちをまっすぐ持っていれば、きっと繋いで頂けます。
IMG_3587

壊れてしまった絆についてのご相談

壊れてしまった絆についてのご相談がすごくたくさんあります。

別離、離婚、不仲。理由は様々。関係性も様々。夫婦、親子、仕事仲間、友人、ソウルメイト。

直面している本人と周囲の人たちはとても大変です。人生って学びだ、修行だといいますが、だとしたらこんなに過酷な試練がどうして必要なのか?と神様にクレームを入れたいぐらい、辛い厳しい局面に遭遇される方もたくさんいます。

心が張り裂けそうになる、抜け殻のようになってしまう、もうなんの希望も持てなくなる、明日が不安でとても辛い、過去を振り返って後悔ばかりしている、こんなに努力したのにあまりにも切なくて辛い結果になって残念で悲しくてどうしようもない、、、

言葉にしきれないほどたくさんの不安、絶望、悲しみ、喪失感と向き合ってきました。
私には支える力は何もないけれど、ただ確信していることが一つだけあります。

それは、私たちは孤立無援ではないということ。

いつも大切に見守られている。そして無限といっていいほどの成長と気づきのチャンスを受け取っています。

辛い試練には必ず隠された意味があります。その意味を紐解く智恵を神様は私たちに与えてくれます。理解できれば救われることがたくさんあるのです。

それからもう一つ、是非皆さんにわかっていただきたいことがあります。

それは私たちの人生は、私たちが想像している以上に深遠でスケールが大きく、そして終わりがないということです。

もちろんこの人生は一度きりです。でも、私たちは生まれる前にも存在していました。
そして、この人生を閉じてもなお、存在し続けるのです。

だから、今の学びにフォーカスしてステップアップするチャンスをつかめれば、試練は必ず糧と為すことができます。

すごく苦しくて辛い思いをしたのなら、元を取って取り返して欲しいんです。そして、神様の深い愛と思いやりに気づいていただきたいのです。

全力でお手伝いしていきます。どんなに人に言えないお話でも、大切に、きちんと受け止めますから、安心していらしてください。

事前にご相談内容をお伺いしていないのも覚悟しているからです。絶対に逃げない。しっかり受け止める、と。
image

お互いの溝は必ず埋められる

家族や友人、仲間たちに腹を立ててしまった。責めたり、憎んだりしてしまった。

そんな時に自責の念にかられて苦しくなるものです。

誰かに強い感情をぶつけてしまうと、その余韻でお互いに重苦しい日々が続きます。時には何年もひきづってしまうこともあります。

誰かとの関係性に深い溝ができてしまった時にどうするか。

まず、自分を責めるのをやめることです。後悔することをやめることです。自分の犯した罪を自分で断じないことです。
そして、自分をいたわりましょう。疲れているなら休みましょう。心がすさんでいるなら癒しを求めましょう。それでも苦しいなら救いを求めましょう。そうやってまず自分をいたわり、自分に優しくするんです。

それから、お互いの溝を埋める努力を始めましょう。努力といっても難しいことではありません。自分をいたわり、自分に優しくしたのと同じように相手にもしてあげることです。そうすることで時を経て必ず溝は埋まり、関係は修復されるでしょう。
image

大切な方を亡くされた皆様へ

大切なご親族を亡くされた皆様へ

人の命は必ず滅び土に還ります。
命は自然に還りますが霊魂は再び永遠の姿となりあるべき世界へと昇天します。

しかしながら大切な絆が奪われた心の痛みは簡単に癒えません。
私たちは、皆様がお互いに思いを残すことなく、再び、天と地それぞれのあるべき世界で前へ進んでいけるよう最善のお手伝いをさせていただいています。

何か心残りがあったのではないか。
何か言いたかったことがあったのではないか。
もっと何かしてあげらたのではないか。

ご遺族のお気持ちに長年の努力で磨いてきたアンテナを駆使してお応えできます。

四十九日過ぎを目安に、お気持ちを整理しにお運びください。

どうしても早めにという強いご希望があればこの限りではありませんが、できるだけ四十九日を過ぎてからご来訪されることをおすすめしています。

また、何年経過していてもお亡くなりになられた当日前後の思いを紐解くことも可能です。ご命日、お盆などの節目にどうぞお運びください。

追記:ご親族がご病気等で、言葉のやり取りが難しい状態になった場合でも同様にお手伝いが可能です。
image

ふと風が吹いた時が吉日

閏月(うるう)って、なんとなく得した気がしますが、のんびりしているとあっというまに今年も後半、あと半分。のんびりしたいけれど、そうも言っていられない。人生は決して長くはないのだ。

さて、カウンセリングを受けるべきタイミング、というのは特に決まりはないのですが。
「なんとなく」を大事にしてください。

そんな気がする、ふと思い立つ。

そういう時はとても深いセッションになるのです。

私という媒体を通してあなたの魂が輝く導きが降りてきます。

ご活用ください。
image