IT徒然:OSをアップデートしました

先日、MacのOSをアップデートしました。近年は最新機種とは縁がないな。旧モデルでも充分に速いし。古いMacでも大切に使う派です。それでもOSをアップデートする度に、もう無理…とマシンが訴えてきます。負荷をかけないように、ひらく画面を少なめにしたり、あまり重い処理をさせないようにしたり、老体をいたわるような使い方をしても、もう限界という時期がきます。

万が一のことがあってはサロンの仕事がとまってしまうので今シーズンは新人のMac君を投入。そして、オールドボーイはいよいよ引退か。少しずつデータを移動したりして準備をしていたところでした。

ところが…OSをアップデートしてみたところ。なんだか、おじいちゃんも元気になった。処理もテキパキしているし、メモリーにも余裕がある。ウィンドウをいつもよりたくさんひらいても、ぜいぜい言わなくなった。急に若返ったよう。

MacOSを10.9にアップデートしたら、こんなふうにかなり古いMacでも結構元気に動くようになりました。これなら、まだしばらく現役でつかってあげられそう。

ところで。
今回のOS(10.9)はメジャーアップデートなのに、無料なんです。たしかにものすごく新しい機能が付加されてはいないのは確かだけれど。OSをアップデートして、こんなに動きが軽くなるなんて、長年Macを使ってきましたが初めてのことです。ハードウェアも進化しまくっているけれど、OSもかなり進化してきたのでしょうね。

世の中をみわたすと、XPサポート終了問題というのがあって、お役所や学校などでつかっているパソコンのOSがアップデートされなくなる。するとセキュリティが保証されないとうことで、ネット接続ができなくなるかもしれない。かといって新しいOSにアップデートするには、かなりの予算がかかってしまう。自治体によっては数千万円、あるいはそれ以上の予算が必要になるのだそうです。セキュリティは大事です。でも、OSのアップデートでどうしてそんなに税金を投入しなければならないのか。無償でアップデートもできてセキュリティも万端、という方法はないのか(個人的には、絶対にあると思っていますが)。私たちの収めた税金を、パソコンの高額なアップデートの為には使ってほしくないです。しかも収める相手はアメリカの某巨大企業。あまるほどお金を持ってる会社に、なぜ私たちの血税を払わなきゃいけないんでしょう。誰かちゃんと考えてほしい。こういうこともきちんとしてくれる知事は北海道にはいないの?自分達次第で知事なんていくらでも変えられるんだという意識を道民全員が持てるようになることが本当に大事。

今お伝えしたいこと:人生はきづきの為にある

もうあまりがんばる生き方をおすすめしたくはないのですが、仕方がない状況、そうするしかない状況も、いたるところにあります。これまでの流れがあるのだから、簡単に変えられなかったり、守るべきものを守っていく義務があったり。大人の事情は誰にでもありますから。

でも、人生はがんばる為のものではなく、結局はきづく為にあると思うのです。だから、がんばること、背負っていくことはやめられないとしても、そのむこうにある「きづき」があなたにとって素晴らしいものであることを願っています。ご自分でもせめて願っていてください。できれば報われる人生であることをどうか信じてください。

願うこと、信じることってすごく大切なことだと思うから…

今お伝えしたいこと:いつも不安でいっぱいな人へ

不安というのは、物理的な現象であることがオーラをみると胸から下腹部にかけて重くなっているのでわかります。すると呼吸が浅くなっています。内蔵も冷えています。骨格のバランスが乱れて姿勢も悪くなっているでしょう。対症療法的ですが、乱れてしまった呼吸や内蔵の冷えを改善し、骨格のバランスを整えて、気の流れをよくしてあげることで、不安は消えます。不安を解消するには、言葉のカウンセリングや、本で得る知識ではほとんど効果がありません。最悪の事態でない限り、向精神薬はできれば使わずに済ませたいところです。

呼吸法(さまざまなエクササイズ)を実践し、内蔵の冷え(食事両方、ハーブ療法などで)を改善し、骨格のバランス(ボディワーク)を整えていくことが必要です。また、自然にふれることで私達の肉体は本来の調和と活性を取り戻します。WiFi電波のとんでこない自然のなかでゆっくり休息をとり、ぐっすり眠ることができればちゃんと回復していくでしょう。レイキも併用すると、素晴らしく効果があります。

いつも不安で気持ちがゆれてしまう方は、情報過多やスピリチュアル依存にならないように注意してほしいと思います。

日々おもうこと:ほころびをつくろっていく…淡々と毎日…

天気もおかしいな。世の中もなんだかおかしいな。誰しもがきっと感じていますよね。

いろいろなところでほころびが出始める。どんどんでることでしょう。これからの世の中はずっとそうやって、いろんなところでほろこびが出て、出て、いくらでもとめどなく出てくるでしょう。

それを私たちは、つくろっていく。ただ淡々と、毎日、それらをつくろっていきましょう。

だれかがやらないといけないのなら。

私がやります。

もし一緒にやりたい人がいたらどうぞ手伝ってください。手伝ってくださるのは自由です。誰もやらなくても私はやり続けていきます。

11月からカウンセラー養成講座がはじまります。(10/30追記あり)

サロンでこじんまり、6回だけですが開催します。たった6回でお伝えできることはすごく限られていますが、時代の流れもこれまでとまったく違ってきましたから、そこをしっかりおさえておかないと、間違った方向にミスリードしてしまうかもしれない。ひとりでも多くの人に、よい導きを示してあげたいので、まずは意欲ある方にこれからのカウンセリングのあり方の基本といったものをお話していこうと思っています。毎回、テーマにそってそれぞれが普段、考えていること、疑問に思うこと、悩んでいること、知りたいこと、実践していることなどを発表してもらいます。参加者同士がお互いの考えをシェアすることも、すごくよい気付きや学びになります。これから開業(個人的な小さな活動であってもかまいません)しようとしている人、すでになんらかの形で人の心と向き合う役目を担っている方には、是非お運びいただきたいです。

問い合わせがありそうなことに事前にコメントしておくと。

・参加資格は、光のサロンにご来訪歴がある方であればOKです。レイキを受講したかどうかは問いません。
・現在の職業や立場については問いません。
・これから先、人の心と向き合う予定があるかないかは問いません。
・これまでの経験値や現在のスキルについては問いません。
・カウンセリングについてなんらかの勉強をしたことがあるかないかは問いません。

ようするに、やる気があればOK、ということです。
できれば6回、無欠席でいらしていただきたいです。だってたったの6回なんですから。

以下、追加。
・修了証はだしません。そもそも私にはなんの権威もありません。
・土日のクラスはないの?という点については今の段階では予定はないです。すごく強い要望があれば検討します。

・参加費用は一回ごとにお支払いください。一括払いは対応していません。
・翌月の日程は、講座終了時に皆さんに確認をとって調整、決定します。
・全日程、参加できるかどうか不安という場合は、それでも構いません。誰しも明日のことはわからないものです。
・自分のレベルで講習内容を消化できるかどうか不安という方、試験もなく評価することもありませんので、その不安は置いてきてください。
・自分なんかが参加して他の人の足を引っ張らないか不安という方、たぶんみんなそう思っています。

ではお申込みお待ちしています。
受講者が1人でも開講しますが、定員は5名です。増員、クラスの追加予定はないです。

10/29追記:受付初日で定員を越えてしまいましたので、新規クラス追加しました。
10/30追記:追加したクラスも定員になりました。まだご希望があるかもしれませんが、ひとまずこの形でスタートします。更によいものにしていきながら、ご要望があれば新規クラスは検討します。

2013年の秋に思うこと

今日これまで光のサロンで出会ったみなさんへ、そしてこれから出会うだろう未来のみなさんへ

2013年もあとすこし。まだ気がはやい?かもしれませんが、もう流れは2014年、そして2016年,2018年,2024年といったように現実の世界ではなにかおおきな変化や節目がつぎつぎにやってくる、とても落ち着かない時代のサイクルにはいりました。もうすでにそれは始まり、とまることなく毎日のように現実の私達のまわりに押し寄せてきます。

ぜひ知っておいてほしいことは、これらの変動の流れから逃れられる人はこの地上にはひとりもいない、ということです。この世界にはたくさんの情報があふれています。信ずるべきものもあれば、信ずるに値しないものもあります。
私は単なるスピリチュアルリストではなく、アーティストでもあり、ヒーラーでもあり、カウンセラーでもあります。どちらかといえば皆さんの過去からくる葛藤や不調和と日々取り組んでいます。そして現在を安定させ、調和に導き、明日を希望に満ちたものにしていく、その為のお手伝いが自らの本分であると考えて日々努力し、前進しています。

私の意識は、いつも明日の皆さんの平安がいかに実現し得るのか、常にそこにあります。その為には必要なことはお伝えしていこうと思っていますし、必要のないことはそぎ落としていこうと考えています。多くの情報が蔓延するなかで、みなさんそれぞれに必要な情報は限られていますし、最小限のことだけおさえておけば、皆さんはもっと自由に、もっと楽に、もっと安全に、これからの変動やまぬ時代を生きられます。私にはそのヒントがたくさん降りてくるのです。それを実践してくださった方は、このサロンをひらいてまる12年たち、かなりたくさんの人数になりました。その人達の多くが、生きる意味に気づき、健康をとりもどし、願いを叶え、充実した日々を生きていらっしゃいます。

私はけして自己主張の強い人間ではありません。どちらかといえば人見知りで引っ込み思案です。今でいえばひきこもりがちなタイプですし、まったく社交的ではありません。音楽に目覚め、楽器を演奏する機会でも得なければ、人しれず埋もれていった人生だったでしょう。音楽が私を人前に引き出しました。その時に、もっと伝えたいことがある、そういう衝動が心の底にあることに気づくようになりました。

私の魂は根っからのメッセンジャーなのだと思います。前世はおそらく預言者です。当然、たくさん迫害もされたでしょうね。そういう記憶を魂はもっていて、いつも孤独ですし、人から批判されること、追求されることに今でも恐怖を覚えます。でも、自分にしかできないことがあるなら…という思いから、その恐怖を乗り越えようとしています。

光のサロンは13年目にはいります。12年というサイクルでひとつの循環が終わるのだとしたら、第2のステップにはいることになります。あらたな展開があることでしょう。これから、来年にかけて。それは私自身にも、このサロンにも。そして過去に出会った人達、これから出会う人達にも起きていくと思います。

なにもおそれることはありません。

神様は皆さんといつも共にいらっしゃいます。

みなさんひとりひとりの頭上に常に光はかがやき、導き、守護し、応援しています。

皆さんは愛されている存在です。それは間違いありません。だから絶対に大丈夫なんです。本当はなにもおそれることはないのです。

けれど私達の心はとても不完全につくられていて、真実を見失い、光を見失います。今日のそら模様のように。晴れたり、曇ったりするのです。

でも、本当はみなさんはいつでも光につつまれ、無限の可能性ひろがる未来にむけて生きている。私にはそれがわかります。

これからも常にみなさんのよき先導者として、メッセンジャーとして。みなさんと共にあらたな未来へ。光あふれる明日へと進んでまいります。

いつも応援ありがとう。
CameraAwesomePhoto

今お伝えしたいこと:おそれと向き合うこと

「おそれ」を克服する、乗り越える。このテーマについては、何度か書いているかと思いますが。あらためて「おそれ」について。特に「自分の本質を探求することへのおそれ」について。

何年も悩んで悩みぬいて、いよいよ煮詰まってご相談にいらっしゃる方がたくさんいます。その内容は皆それぞれ違います。でも共通しているのは、その根底に「魂が持って生まれた命題」が隠されていることです。人はみな、無意識領域でかなり深く、ものごとを考えています。自分では考えているつもりはなく「自然にどうしてもそういう考え方をしてしまう」という感覚があります。もともと私達はかなり、偏った考え方のパターンを持っています。これは無意識領域で、魂がいつも考えているから起こる現象です。それ故に、すごくがんばってしまう、背負ってしまう、歯を食いしばってしまう、本音を押し隠してしまう、流されてしまう、孤立してしまう…などの様々な精神的な葛藤がうまれます。そしてそのことを「人にわかってもらえない」と感じます。また「人に言えることじゃない」とも考えてしまいます。なぜか自然に「そうなるべくしてなってしまう」のです。

人は何かと苦しみます。葛藤が増していきます。でも、どこかで「こんな人生嫌だな」と考えたり「もっと楽に生きたい」と考えます。そんな葛藤をもつことはストレスになり、他者にたいして嫉妬や羨望を持つことになり、時に感情の爆発につながってしまう。そんな時は罪悪感や自己嫌悪に苦しみ、自己存在の否定につながり、消えてしまいたいとも思うようになります。

苦しみから開放されたい、楽になりたい、と思うことはごく自然なことなのに。なにかがブレーキをかけて、それでも苦しい選択をし続けてしまうことがあるのです。その背後には魂の意思が隠されています。

こういった内面の葛藤を人に打ち明けるのは勇気がいります。そして、打ち明けた結果、自分を否定されることをものすごくおそれます。もう精神的にはぎりぎりのところでがんばっているのですから。もっとがんばれとか、あなたが悪いと言われたら、もう立ち直れませんし自我が崩壊してしまうかもしれません。そんなおそれを抱くことが時にあるものです。

けれど、ものごとには限界があるのです。特に私達の心には、もうこれ以上無理、というボーダーラインがあって、それを越えてまで自分に無理強いをすると、心は崩壊してバランスを失います。そうなってしまっては自分を立て直すことができず、家族や社会のお荷物になってしまいます。そうならない為に、もはや選択の余地はなくなっていきます。

おそれとむきあい、自分自身のあり方について、真偽を問うのです。

自分という存在はなにものなのか、なにを目指しているのか、どう生きるべきなのか。答えを知りたいと願うことからはじめてみてはどうでしょうか。望むことがまず知りたい答えに近づく第一歩です。

今お伝えしたいこと:あなたはもっと美しくなれる

「もっと綺麗になりたいですか?」
と尋ねられて、NOという女性はあまりいないのではないでしょうか。

男性の場合でも、「もっともてるようになりたいですか?」という問いかけにたいして、その可能性があるなら誰でも知りたいことでしょう。

これは小学生から、還暦をすぎた年配の方まで、いやもしかすると人間が生きている限り一生、追い求め続ける欲求かもしれません。

でも、本当の美しさってなんですか? どうしたら、本当にもっと綺麗になれるのか、もっともてるようになれるのか。そのことを皆さん、考えていますか?

本当の美しさは、内面からにじみでるのです。私達は、肉体に、魂が憑依した状態で人生を生きているんです。魂の意思がありきで、私達の自我や精神は個性を持てるのです。そして、日々の体の状態、環境からの影響によって刻々と変化する感情が生まれます。ストレスも日々、たくさん生まれます。内面の美しさはオーラが輝くことで増していきます。オーラが輝いている為の大事な条件は、目標に対して前進していくことと、そのことを通して達成感を感じていることなんです。

誰にでも生まれてきた目標があります。人それぞれみんな持っているものです。右へならえばかりしていては、自分の本当の目標はみつかりにくいかもしれません。自分という存在の個性を掘り下げることがすごく大切です。そこから自分だけの目標がみつかり、自分ならではの努力ができるようになり、やがてはゴールにたどりつけます。その時に、オーラはとても輝くのです。そこからゆらぎない内面の美しさが溢れだしてきます。それが根底にあれば、心も体も自然に生気に満ちていき、普通に暮らしていれば誰からみても美しく、若々しく、健康的で魅力的な存在になれます。

生まれてきた意味を知りたいな、と好奇心をもつこともすごく大切ですよ。探究心を忘れない人は、いつも輝いていられます。