霜月二十六日:穏やかに迎えられたこの日を思う

今日そして明日という日をそれぞれどのような思いでお迎えでしょうか。

私のなかには信仰と呼べるようなものはおそらくなく、ただ真実ありき、そして光へとむかって歩み進んでいく。そんな人間です。表の部分、裏の部分、幾千の経験があり、ひとまずは人の殻をかぶって存在しているわけです。でも本質の部分はひたすら光を求めて歩んでいる。ただそれだけという限りなく単純な人間だと自分では思っています。

クリスマスという今や国民の一大イベントのような日を今年はとても感慨深く迎えました。というのも昨年の今頃、私は病院のベッドの上で七転八倒しながらもがき苦しんでいたからです。唐突に激しい目まいと嘔吐、動悸、四肢の痺れにおそわれました。症状から「脳梗塞」も疑われ一通りの検査を受けました。一夜空ける頃には症状もひきましてそのまま退院。医学的には特に異常はなかったのです。

記憶にある限り人生で二度目の入院でした。その後もしばらくは自律神経が不安定で、何度かパニック発作にもみまわれたりしました。振り返ってみると今年は幾つもの病院にお世話になった一年でしてこんなに医療費がかかった年もありません。ちょうど同じタイミングで後頭部に突然、血腫ができまして、それもみるみる大きくなってしまったので、さすがにこれは切除手術を受けました。

こういった自分の身におきたことを1年かけて味わってきたのですが、その意味を紐解くというよりも、人生のなかで最も自分が不安定な状態のなかで過ごしてきまして、結果的に今まで以上に修行を積まされました。医学的には健康体であることが証明されていますし、精神状態が穏やかであるなら、残るはエネルギーの不調和が不安定さの原因です。長年の修行で学んできた技法をひとつひとつ検証する機会にもなりました。また新たな技法も試したりしています。そうこうしているうちに今までになく神々との一体感が増してきましたし、自然の精霊達とのつながりもしっかりしてきました。

数日前に冬至が過ぎたタイミングでいよいよ時が来たという感覚が強くあり、今日にいたります。

私は生まれつきこういう人生を歩むべくして存在している。だからあるがままに自分を生きていく。ただそれだけなんですね。よりシンプルに自分らしさを日々実践していくのみ、という感じです。

この1年、だいぶペースを落としておりましたので皆さんにはとてもご不便をおかけしました。また体調についてお気遣いをいただくことも多く、とても嬉しくもあり本当にありがたかったです。今回ばかりは皆さんの応援を素直に糧として受け取らせていただきました。多くのお力をいただいたことに改めてお礼を申し上げます。

さて、私には皆さんにお伝えできること、お渡しできるものが山のようにあります。これから先、私は皆さんに与えられるだけ与え、皆さんには受け取れるだけ受け取っていただこうと思います。そして皆さんのこれからの人生と次世代の若者達の未来が明るく希望に満ちたものになることを確信しながら日々を歩んでいこうと。

そんなことを考えていましたら懐かしい歌声が心に響いてきました。高校の英語の授業でブラザーがよくこの曲を聴かせてくれました。ことあるごとに心に蘇ってきて口ずんだりしてしまうのです。私のなかではこの願いはすでに成就している気がしますので、今日は皆さんの未来の為にご紹介したいと思います。

いろいろな名演奏がありますが、一番原点に近い方の音源がありましたのでこちらどうぞ。

ピート・シーガーというフォークシンガーの歌唱による「We shall overcome」という曲です。あえて曲の由来や歌詞の意味は記しません。心で感じ取っていただきたいので。英語が苦手な方でも演奏のエネルギーを感じ取ってみてください。なぜかこういう演奏は日本語より英語のほうが響きわたる感じがあります。

私は英語はとても良い言葉だと思います。日本語よりもシンプルで使いやすいエネルギーを宿しています。そこから感じ取ると自分をニュートラルに保ちやすい。一方で日本語はとても意味が深く、重い言葉が多いように感じます。こういう内容のメッセージを日本語にすると、うまく伝わらなかったり時に曲解されそうな気がします。

そして今日はクリスマスなのでなんとなく特別な日という感じもありますし、日本の時代の流れはこれからが大きな転換期となりますので今日これまでご縁のあった皆様へ私からのメッセージを以下に記して今日のブログを閉じます。

聖なる日、どうぞ穏やかな時をお過ごしください。

image

光の輪が無限に降り注ぎ、あなたの未来を彩ります。

あなたの願いが、夢が、虹色に輝き、
おおきな喜びとなって人々を癒やすでしょう。

あなたが願えば願うほど、その思いは大きな波となり、
人々の悲しみを癒やし、絶望を希望に変え、
闇を光で照らし続けるでしょう。

あなたが輝くごとに、光の輪が地上に広がりゆきます。
そしていつの日か、地上に神々が降り立ち、調和が形づくられていく。
老いることの怖れはなく、飢えることの絶望もなく、
命は明るく輝き、喜び、歌い、舞い、そして支え合う。

あなたの祈りが、行いが、力となり国を動かすでしょう。
あなたが未来を信じ、光をこの世に灯す為に一日一歩ずつ進むことで、
小さなさざ波は、大きな力となり、いつの日かこの星を変えるでしょう。

私達は今けしてあきらめないということを学び理解する時期にきています。
あきらめない、ということはなにも怖れないということ。
希望は叶うのだ、と人に伝える勇気を持つこと。
そして絶望に耐え、批判や攻撃にさらされても負けない強さを身につける必要もあります。
ひとりでは難しくても、手を取り合って進めばかならず乗り越えられる。

あらゆる試練は乗り越えてしまえば糧となります。
難しい試練を乗り越える時、先駆者の知恵が必要です。
光の導きはあなたに必要な人の輪と、未来へとつながる知恵を与えてくれます。

あなたの祈りが地球を照らす灯火となるのです。
あなたの希望があらたな人の輪をつくりだす波の力となるのです。

無限の光があなたと、あなたの関わるすべての縁を豊かに照らします。
そして永遠の調和へと地球を導くでしょう。

今日までのご縁に心からの感謝と愛をこめて。
そして明日からの未来が豊かな日々であることへの感謝を光の世界へ贈ります。

皆さん、ありがとう。
天(そら)よ、星よ、月よ、大地よ、ありがとう。
そして我が命よ、ありがとう。

霜月二十二日の雑記:冬至をむかえるにあたって。そしてサロンの年末年始について。

この時期はクリスマスより冬至が気になります。あと数日で冬至を迎え、太陽のリズムは一年のサイクルを折り返します。二十四節気は冬至をすぎると小寒、そして大寒。修行時代、大寒(1月20日頃)の日は寒行が恒例でしたので欠かさず参加しました。男性は恩師と私だけだったのでどうしても対象になってしまいまして(撮影の、ですね)。写真をやる方には真冬に滝行をする人物は格好の撮影対象らしいんです。アマチュアカメラマンがやってきてたくさんシャッターを切るんです。で後日パネルにしてくださったりなんてことがありました。

私も仲間が滝行をしているところを結構撮影しましたがいつも不思議な光が写りました。なにかを念じるほど写りやすく、なぜ自分が撮った写真にはこうもいろいろ写るのかあの頃は不思議でした。

今月も来月も月末に新月を迎えます。新月のサイクルはおのずと新しいエネルギーがもたらされますので、心身はもとより、精神的にも変化の流れを受け取りやすいタイミングとなります。1月末の新月は新しい一年のエネルギーが動きはじめる時期なので大切にされますように。今から心がけられると来年の運気が上向いていきやすくなります。

サロンは年内は12月30日まで。年明けは1月4日からです。少し先のご予約でも承っていますので気軽にお問い合わせください。
image

今日の円山公園はすこし気温がゆるんで歩きやすくなっていました。
image

ピアノソロ曲「未知へ」(期間限定公開)

最近は音楽を紹介することも簡単にできるようになりました。私がHPをたちあげて楽曲を紹介しはじめた頃は、ネットを介して音楽を聴いてもらうということは本当に難しかったし、一部の方にしか聴いていただけませんでした。そんな時節でもあり、とにかくCDを作るしか音楽を聴いてもらうことができなかったのですね。それで最初のピアノソロCDはかなり無理をしました。今では考えられないほどの苦労をしてなんとか形にしました。

ここ数日過去の録音をいろいろ整理しているのですが、今日はふとこの曲が心に響いています。録音したのはもう18年くらい前です。広いスタジオで一人っきりの世界でなにかと向き合っていました。その瞬間に降りてきたものを即興で弾きました。譜面に書いて作曲する仕事はゲーム音楽で一生分書いた気がするので、あとはひたすら「降りてくる音」だけ弾いていきたい。

私に降りてきた音は、なにかメッセージがこめられている。タイトルの「未知へ」は、ずっと後になってつけました。今でもこうやって聞き返していると意識が不思議な時空にもっていかれる感覚になります。

思うところあって今日はこの曲をフルサイズ、試聴していただけるようにしました。しばらく公開しておきます。


最近のスマホ、タブレットであれば再生できます。パソコンについては最近のOSであれば再生できると思いますが古い機種の場合は難しい場合もあるようです。

※この記事(楽曲データ)は一定期間経過後は削除予定ですのでご了承ください。

訪問者のあなたへ

私が恩師に出会ったのは偶然でもあり、運命でもありました。
森のなかで瞑想をしていたらヴィジョンのなかで姿が見えたのです。そのあと、導かれるようにある場所に向かいましたら「その人物」に出会えたのです。迷わず開口一番「ご指導をお願いします」と申し出たのが始まりでした。

恩師の人生でも、突然訪ねてきて唐突に瞑想したいという若者はおそらく私ぐらいだったことでしょうね。それから数年間、そこでかなり過酷な修行が始まりました。そんな厳しい行をするつもりではなかったのですが、それが恩師のペースでありやり方でしたので、それもご縁と思い、いただいた課題はすべてこなしました。

恩師がお元気なうちに同じレベルの霊力を身につけることはできなかった。今でも私にとっては大きな存在であり超えられない人です。ひとまず恩師が現役だった年齢になるまでは続けていこう。その時点で超えられたら少しは自分をほめてあげようと思っています。

光のサロンはちょうど15年です。この年月を支えてくださったのは皆さんとのご縁です。そしてそのご縁のなかで少しだけ心残りな場面があります。一言だけ言葉を交わし、その後再会がかなわなかった方がいます。またいつかお手伝いができたらいいなと願っています。縁は、めぐりめぐっていつかまたつながる日がくるもの。その時がきたら、また改めてお運びください。永遠にというわけにはいきませんが、まだ当分はここに居座るつもりですから。

※光のサロンは不意のご訪問には対応しきれないので、是非ご予約のうえでご来訪をお願い致します。どなた様にもいつでもぶらっと来ていただけるような場をなかなかご用意できておりません。そしてこれからもできそうにありません。どうかご了承ください。
image

運命のバトン

あなたはひとりじゃない

あなた自身が記憶していない魂のいきさつを見守ってきた人達がいる。
あなたのすぐそばで、あなたに気づかれないように、今でもじっと見守っている。

あなたがどんなに疲れていても、挫折してへこんでいても、あなたには明るい未来があることを知っている人達がいる。
彼らはあなたに気づかれないように、そっと気づきのサインを送りつづけている。
千のサインのうち、ひとつも気づいてくれなくても、彼らはあなたにサインを送り続ける。
万のサインをおくって、やっと一つ受け取ったあなたが、それを無意味なものだと勘違いして捨ててしまっても、彼らは笑顔であなたを見守りつづけていた。

あなたには無限の可能性がある。
何度失敗しても、あなたはひとりじゃない。
何度倒れても必ず立ち直るチャンスがやってくる。
あなたが自分の未来に絶望していても、何度でもあなたに復活のチャンスを与えたい人達がいる。
かれらはけしてあきらめたりしない。
あなたがすっかりあきらめてしまっても、それでもあなたを見捨てたりはしない。

なぜなら、彼らもそうやって何度も絶望して、そして救われた人達だから。
だからこんどは「あなたが支えてもらう順番」がやってきた。

無限の慈愛のエネルギーが空から降ってくる。
あなたの寝ている間に。
あなたの心の隙間に、彼らはそっとはいってきて、あなたのすべてを支えるべく明日に備えてくれる。

明日、あなたはきっと立ち直る。
明日がだめなら、明後日…。
明後日がだめならその翌日。
それを何度でも繰り返す。

そしていつかあなたはそのバトンを次の誰かに渡すでしょう。
image

光と闇。私が向き合ってきたのは光よりも「闇」の世界でした。

けして怖い内容じゃないのでご安心ください。

冬は日が短くて午後3時を過ぎるとどんどん寂しい空模様になりますね。そんな時間帯でも山にこもったり、もっといえば真夜中でも森のなかで修行したりしてきました。それも相当な時間…。真夜中に瞑想をした年月も計り知れず。

実際、夜という闇のなかでしか感じられないものも多々ありました。もともと夜行性なので自然とそうなったのか、あるいは必要だったからそうなったのかもしれません。

夜、つまり月夜の下での修行は過酷です。そして危険を伴います。それでもそうするしかなかった気がします。今はそれらがすべて糧になっていることをはっきり感じます。だって闇が怖くないから。

皆さんは光を目指してくださいね。私が皆さんの影となり、闇にとらわれないように支えていきますから。
image

第3の選択(メニュー)はないのでしょうか?という疑問への本日(2016/12/16)現在のお答えです

タイトル通り、第3の選択(メニュー)はないのでしょうか?という疑問への本日(2016/12/16)現在のお答えです。

理由はさまざまかと思いますが、メニューが多くて選べませんとか、自分の依頼がどれに相当するのはわからないので申込にくいというご意見をいただくことがあります。もう15年もやっているので、過去の情報を整理しきれず残っているものがあるかもしれません。自分でも不明になってきたので、明日変更するかもしれませんが今日現在のメニュー(2つしかありませんが)と、その他はないのか(つまり第3のメニュー)という疑問への回答を記しておきます。

(1)スピリチュアルカウンセリング
 ご相談、鑑定依頼はすべてこのメニューで対応させていただいています。

(2)レイキ
 現在は、個人レッスンでレイキを受講していただいています。

つまり、レイキを受講されない場合は、すべて1.のスピリチュアルカウンセリングをご予約ください、ということになっています。

でも、そうじゃないんです、というお気持ちの方や事情の方もいらっしゃるかもしれません。つまり「スピリチュアルな領域のことなのかわからない」とか「カウンセリングを求めているというわけじゃないかもしれない」という場合です。その場合もひとまず1.でご予約ください。

その他(第3の)メニューについては、ないこともないのですがHPがますます意味不明になるということで、今のところ出す予定がありません(冒頭にも書いた通り、期間限定とか、突然掲載したりしたことも過去にはありましたので、これからもあるかもしれません)。

※以下はレイキ受講者の皆さんへのご連絡です
個人トレーニングは、基本的に「あらゆるテーマ」に対応しています。レイキ受講者向けの個人レッスンだからといって「体調」とか「セルフケア」に関することに限定せず、自由で幅広いテーマをお持ちになって結構です。ただし、転職や転居などの鑑定といったようなレイキの学びと一線を画するテーマについては、スピリチュアルカウンセリングの枠での対応になります(お申込み時に皆さんが選択に迷う場合はひとまず個人トレーニングでご予約ください。当日お話を伺ったうえで判断します)。
image

今年もあと2週間、とても雪深い冬の入り口に立って思うこと。

image
いつもの森に散策に行ったのですが、ものすごく雪が深くて早々に引き上げてきました。自然に逆らってもしょうがないのです。

森は気軽に散歩に行くのではなく、自分にとっては修行の場。体の軸を確かめ、天と地とのつながりを感じ直し、時に神様からメッセージを受け取ったり。でも自分のバランス調整が大きな目的なのです。メッセージを受け取り過ぎるのもまた良くないので、ほどほどに。

それにしてもこんなにいっきに雪が深くなる冬も久しぶりです。北国なのだから仕方がないです。でも何十年ぶりとか、観測始まって以来などという報道をきくたび、本当に想像がつかない展開になっていることを認めざるを得ません。

こんな冬の始まりがこれからの流れのすべての象徴なのだとしたら、今日明日の自分はどんな立ち位置をとるべきなのだろう。そこがすごく大事なポイントになってきそうです。

皆さんにとても大切なお話を少しずつお伝えしていきたいと思っています。そんな2016年の年の瀬です。もう2週間ほどになりましたね。日々を大切にお過ごしください。

そして神宮は今日もさらに雪深いですよ。
image

人生の重さを糧にしていきましょう

重たい試練も、軽い試練も、人生にはつきもの。でも、重たすぎて倒れてしまっては、元も子もない。倒れないように、ほどほどにがんばりましょう。

生きるって本当にいろいろなことがあるわけですが、試練がつきまとうのは宿命といっていいでしょう。それが人生なら、その試練を糧にしてとことん吸収して力を得ていただきたいのです。消化不良にならず、しっかり噛み砕いて栄養にできれば、試練もまんざら悪いものでもないと思えるようになりますから。

ちょっといいことや楽しいことがあっても満たされず、逆にもっと欲しくなったりします。それもまた試練(煩悩といいますね)。

どんな試練も、しっかり味わってしまうことが大切だと思います。そうすれば消化不良にはならず、つまらないことを繰り返したり、小さな失敗で足元をすくわれたり、ということが起きにくくなります。
辛い試練から逃れようとしても逃れられないという悪循環。小さな幸せをかみしめたくとも、その余裕すらままらない時、幸せは、はかなく消えていく。そんな人生はとても味気なくなってしまいます。

自分の身に起きることすべてに意味がある。ということは自分の心の表情にもすべて意味があります。自分の内面を冷静に見つけるのは簡単ではないけれど、宇宙とつながるのもしかり、自分の内面とつながるのもまた技術です。練習して慣れていくようにしましょう。
image

レイキのパーソナルレッスンより(お母さんパワーが家族の柱)

家族が多いご家庭ではお母さんがエネルギー的にも中心になります。肉体的にも精神的にも負担がかかり、エネルギーが不安定になると、ご本人だけではなくご家族にも、さまざまな弊害が及びます。自分を安定させることで、家族を支えられることにもなるので、家族をになう女性の役割はとても大きいですね。

お母さん自身に、心身のストレスを浄化するワークを改めて取り組んでいただいたところ、ご本人にも
・発熱
・不眠といらいら
・消化器系の不調
といった浄化による好転反応が起き始めました。

同時にご家族にも風邪や皮膚炎などの症状が出始めたようです。

体の状態をチェックさせていただいたところ、精神的な調和は進んでいましたが、体がすこし冷えていましたので数日間はよく温めるようにアドバイスをしました。
ご自分で取り組んでいただける、具体的かつシンプルなメニューを提案しました。

1か月でも大きく変化がありました。まだしばらくは様子を見守っていきます。これできっとお母さんパワーがもっと増していくと思います。

※レイキ修了者の方は、心身調和のエネルギーワークは常時承っています。個別にお問い合わせください。