長月六日:親子は魂でいえば同級生プロジェクトのようなもの

親子の関係性をたくさん拝見してきました。

ほとんどの場合でいえることは、親には親としての学びがあり、子には子としての学びがあるということです。

親との関係性も学びになりますし、子供の関係性からも学べるものがあります。両方ある方はとても忙しい人生になります。そのかわり充実します。

また親子の関係は運命的なものです。避けることができない、変えることが難しいものです。

親は子に厳しかったり、優しかったり、様々な形で愛情を与えます。子供はその愛情によって育ちます。

しかしながら、親子の関係は本当に千差万別。あまり仲良くない関係もたくさんある一方ですごくフレンドリーで和気あいあいとした関係性もあります。

北海道民の場合は、あまりこってりとした関係ではなく、あっさりめの関係が多いですね。このあたりは土地柄ということもいえます。

親子の関係で多くご相談いただくのは、やはり対立、不調和でしょう。
かみあわない、わかりあえない、といった悩みが本当に多いです。そのような場合、問題を解決するコツは、その親子関係で、大事な学びのポイントはどこにあるのかを見極めることなんです。

支えるべきところはしっかり支える、スルーしてよい場合は適当に受け流す、または距離をおいて見守る感じがよい場合もある。

いわばさじ加減です。こってりが最善の場合もあれば、超あっさりでよい場合もあります。適度な加減というものがあるのですが、これを間違えると、とても辛くて苦しい日々が続いてしまいます。

親子は、生まれもった宿命的な関係性です。とても重たいです。でも、ほどよい加減がわかると、メリハリが生まれます。そこから気持ちにゆとりが持てるようになり、穏やかな関係性にシフトしやすくなります。

宿命は変えにくいけれど、向きあい方の加減を知ることで、人生の波をうまく乗り越えられるようになりますよ。

親子の関係をたとえるなら、級友同士で取り組む夏休みの自由研究プロジェクトのようなものともいえるかもしれません。といっても一生続くのですから、現実にはとても長いプロジェクトですね。
https://farm2.staticflickr.com/1919/43471514620_c298363ba0_z.jpg

長月五日:子育て相談

お子さんの相談で多いのは進路。そして日々の対応。

子供は思わぬ意思表示をします。
直感でものを言い、行動しますから、大人はその意図を汲み取りきれず戸惑います。普通は、常識という枠をはめこんで制限してしまいます。

でも、その制限が最善ではないとしたら?

そういうことがままあるものなのです。

子供の意思表示は、実は深い潜在的なものが表出した場合が多く、そこに将来性が暗示されています。その芽を摘まないよう大切に育ててあげられたら、魅力的な大人に成長することでしょう。

私のサロンでは、お子さんの運勢、生まれ持った資質を見極めて、これからどういう流れで変化成長をとげるのか、誰でもわかりやすくご説明をします。必要なら言葉だけではなく図を描いてあげたりもしています。視覚でみえると情報は格段に受け取りやすいです。

日々、どう対処したらよいか。これからの数年の流れがどうなるか。必要な情報を受け取りやすいサイズに落とし込んで、しっかりお渡ししています。

お母様がいらっしゃる場合、お父様がいらっしゃる場合、様々です。
ご夫婦でいらっしゃる方もいます。

ただ、お子さんはお連れにならないようにしてください。その必要がないのと、ご相談者様が集中する為には、そのほうがベターなのです。

遠方の方はお電話でも対応できます(お電話の対応は一度でもお会いしたことがある方に限ります)。
https://farm2.staticflickr.com/1920/45279508221_636bc5e6b6_z.jpg

長月四日の雑記:光の技法について

光のレッスンを希望される方が少しずつ増えてきました。

まだまったく内容を公開できていませんが、順次お伝えしていきます。

光のレッスン、は光の技法を個々にお伝えするものです。

このサロンは2001年に開きました。この年はおおきな人生の転換の時でした。長く努めた会社を辞して、休息していました。その間に、一度、ピアノレコーディングをしました。千歳のホールを一日、借り切ってひとりでピアノに向かい、降りてきた音楽をしばらく聴きながら、方向性を思案していたのですが。

その音楽の内容は、実は光の世界からのメッセージでもありました。

自分の音楽をとおしておりてくる音には、なんらかの隠された意味がこめられているのではないか? うすうす感じ取っていましたが、明確ではありませんでした。その意味がこの年についに解き明かされたのですね。(詳しいことはすごく長くなるので、また別の機会に。)

そこから、サロンを作る方向性について、自分の使命、役割について、光の世界からたくさんのアドバイス、メッセージを受け取りました。それが数年続きました。
実はこの時期(2001年から2年ほどの間)に、光の技法の基礎はほとんど受け取っておりました。

ただ、それをしっかり広げていくには長い年月の準備が、それと時を待つ必要がありました。15年以上かかってやっとゴーサインがでたわけなんです。

光の技法は、光の世界から授かった技法で、基本的にはどなたでも受け取っていただけるものです。

それが意味するものは個々に変わってきますが、大局的には「自由」を手にしていただける。そういう意味をもっています。

魂はもともと自由ではありますが、この地上においてはそうではないんですね。肉体、心、精神。いずれも魂にとっては、不自由なものなのです。がちがちの制約ですから。そして有限。これがもっとも辛いこと。そのなかで自由を得る、というのは仏教でいう悟り、に近いものです。が、もっと現実的で柔軟なものです。

とても言葉でいいあらわすことができないものなのですが、それでも地道にお伝えしていこうと思います。

なにせこれが私がここに降り立った目的なのですから。残された時間をすべて使って、しっかり取り組みます。

光の技法の最大の魅力。それは受け取るだけ、なんです。がっちり修行する必要がありません。最小限の工夫、心がけはやっていただきますが、誰でも必ずできることです。特別な資質もいりません。
https://farm2.staticflickr.com/1936/45230098052_c01e848e3c_z.jpg

長月三日:意識の変化はどのように起きるのか

意識の変化を考えるうえで、地味ですが大切なことです。

変化とは、すなわちストレスなんです。ここを理解しないと、変化の結果が糧になりにくいです。

新しいサイクルにはいる。変化が自然におきる。
ところが、よいきっかけ(出会いとか、気付きなど)をつかんでも、変化がもたらすストレスをしっかり浄化しないと、その変化を糧として吸収できないまま、通り過ぎてしまうことがあります。

変化をしっかりした成長の糧にするには、いつも心身ともに清らかな状態を保つことがとても重要なんです。

心がいつもおだやかで、安定していること。
体も健全で、覇気があること。

この両方がバランスよく充実してこそ、魂の進化成長につながる変化をひきよせ、そこから成長の糧が受け取れるわけです。

概念だけのお話でわかりにくいかもしれませんが。大切なことなのです。

この変化のスピードは上弦の半月から数日間がピーク。ということは、そこでストレスが生じやすいんですね。それにむけて、心身の浄化をこころがけ、ゆとりを持つようにするとうまく変化の波に乗りやすいですよ。

日々の取り組みの参考にしてください。
https://farm2.static.flickr.com/1952/45142092272_32b150bb74.jpg

長月二日:レイキを受講する意味について(回路をひらくとは)

レイキを体験されたことのない方には、「それはいったいなんなのか」見当もつかないかもしれません。

言葉だけでは到底理解できるものではないので、まずは体験してみてください、と言いたいところですが。ヒーリングを受けてもらうだけでは、本当の体験ともいえず。レイキは自らの体に、そのエネルギーの回路をひらいてもらう(すなわちアチューンメント、または伝授を受けるということ)ことで、本当の体験が可能になります。

その効果は枚挙に暇がゆるされないほど多岐にわたるので、別の機会に譲るとして。

私も、長年、それがなんなのか、どういう原理、仕組みなのか、ずっと模索して研究してきました。ここにきて、ほぼ答えにたどり着きましたので、ご来訪された方には個々に、効果を明確にお伝えできるようになりました。(体質、生活環境、人生の流れによって個々に効果は違います。)

本当におおざっぱな回答をここに載せておきます。

レイキのアチューンメントを受ける、というのはですね。

皿回しのお皿を、上手な人に回してもらうことに相当するのです。
いったん回り始めれば、あとは日々、ちょっとずつ回転を加えるだけでお皿が落ちることはない。コツがありそうですから、初めての人が自分で回すのはとても難しいでしょう。

お皿がまわりはじめれば、エネルギーがしっかり流れるようになって、心身にどんどん良い変化が起きていくわけです。

あとは、回転したことによって流れるエネルギーをどういかすかは、自分次第なんです。でも、回転していないとそのエネルギーは使えないのですね。

ひとつの判断材料にしてみてください。

光のサロンのレイキを受講したい場合、現在はこのような対応です。こちらをご参照ください。
(ブログ内検索でレイキパーソナルレッスンでもOK)

https://farm2.staticflickr.com/1952/30155801707_36296659e7_z.jpg

長月一日:長年のストレスはどこにいくのか

秋もすこしずつ深まってきましたね。季節の変わり目、風邪の症状など出ていませんか。

さて、今日はストレスと体調不良の関係について。

体質によって、体のどこに蓄積されるのかはまちまちです。ある方は腎臓だったり、消化器系だったりします。環境や生活習慣によってもかわります。

ただ、間違いなくいえるのは長年のストレスは、その都度しっかりリセットしないと、体のどこかに溜まっていく、ということです。

それが次第に体調を悪化させる原因になります。

じわじわと体に疲れとなってあらわれたり、ときに病となって表出します。

長年、ヒーリングをしてきて、ストレスがどのように蓄積してどんな症状になるのか、パターンがあることがわかってきました。そこから将来的な予測もある程度、たてられるようになってきました。

症状は悪化しないうちに、元をしっかりと断つ工夫をいたしましょう。

光のサロンでは、根本の原因をしっかりほりさげて、症状が二度とでないような対策をお伝えしています。

レイキのレッスンはどなたでも受講していただけますのでお気軽にお問い合わせください。
https://farm2.staticflickr.com/1946/45191085851_5be57cf597_z.jpg

葉月二十九日:金縛りにあいやすい方の霊現象対策

秋が刻々と深まってきました。この月も新月にはいります。
流れが変わっていきます。とらわれていることがあっても、いったん整理して、よい流れを引き寄せましょう。

新しい流れをしっかり取り組めれば明日から21日後には結果がみえはじめますよ。意識して取り組んでみてください。

さて、よくあるご相談のひとつが「金縛り」。緊張しやすい人、神経質な人はストレスがたまると、よくなるんです。そこまではいいとして。そこから先。

金縛りにあっている最中に霊体験をする人もそれなりにいます。
・人の気配
・ものおと(足音、声、ラップ音など)
・体に触れられている感覚
・体の上に乗っかる
・おかしな臭い

こうやって列記してみると、なんとも懐かしい(子供時代の今となっては懐かしい思い出)。
ストレスが緩和すると同時に消えることが多いのですが。怖くてますますストレスになると悪循環。そうなる前に対策をしましょう。

霊的な現象が起きるのはちゃんと理由があります。また対処の仕方も、場所、環境、状況によって様々。簡単にできることから、とことん対策する方法までいろいろです。

その方の体調、環境を総合的に判断して、その時対処できる最善の方法を提案しています。基本、当サロンのアドバイスはDIY。まずご自身でできること、その日から取り組めることをお伝えします。それで様子をみてもらい、改善すればOK。それでダメなら次の手を考える、そういう段取りです。
最初からなんでも手を貸してしまうと、コストもかかってしまいます。無駄なことはしないポリシーです。費用は最小限におさえます。
https://farm2.static.flickr.com/1920/45058434892_fc0d9c7442.jpg

葉月二十八日:無理をしない生き方

明日は晦日(みそか・旧暦の月末)。また新しい月のサイクルにはいります。新しいことに取り組んだり、気持ちを切り替えるにはよいタイミングです。

今日は無理をしない生き方についてのお話です。

無理をする。どうしてもそうせざるを得ない場合があります。とくに家族を守る為。この大義名分に我々はどうしても無理をしてでも従ってしまいます。その結果、体調を崩したり、心が折れてしまったりすることもあります。重い病気をするかもしれません。

ある程度がんばることは必要だとしても、過剰に無理をするのは禁物。かえって周囲に負担をかける怖れもあります。

自分で自分にブレーキをかける、これが難しいのです。家族や身近にブレーキ役がいれば幸い。今は家族の単位も小さい。孤立している人も増える傾向にあります。また自分が無理をしていることに気づかない人も多いようです。

体が重い、だるい。気持ちが上向かない。

そんな感覚を大事にしてください。体の声、心の声をできるだけ無視しないで汲み取りましょう。状態が長く改善しない時は早めに第三者の意見を求めてくださいね。

無理をしないことで、より長く、堅実になすべきことに取り組めるものです。急がば回れ。時には休息をとり、心身を整えましょう。そうすることで、より多くの人の為になる結果が出せるというものです。

皆さんの人生がより糧多きものとなりますよう、いつも祈っています。

必要な時、できるだけの手助けができるよう準備を整えています。
光のサロンの扉はいつでも皆さんの為に開けてあります。
https://farm2.staticflickr.com/1930/30194960217_e7532a117d_z.jpg

葉月二十七日の雑記:髪の手入れの意味

これは性別関係なく。髪がある程度、長い方には共通です。そして、特に小さいお子さんにはかなり有効ですので是非、お試しください。

我々は脳でストレスをかんじると頭部全体が、重くどんよりとしたエネルギーで満ちていきます。髪の毛は、一本一本がアンテナのような作用を持っているので、頭全体のエネルギーが髪に伝わっていきます。

髪を手ですくようにしていると、次第に髪の毛がすっきりと軽く、しなやかになり、やがてツヤとこしが回復します。

小さい子供にこれをやってあげると、気持ちがすっきりして、表情もあかるくなります。

耳の後ろと、こめかみのあたりは特にストレスがたまりやすいので、そのあたりの髪の毛はていねいに、すいてあげるようにするといいですよ。

お母さんが女の子に毎朝、髪の毛を手入れして編んであげたりするのは、コミニュケーションにもなりますし、頭がすっきりする作用もあります。

特にレイキヒーラーの手は、浄化力が強いですから、是非やってみてください。効果がはっきりわかると思います。

毛先の痛みが気になる方は、まず自分で手ぐしでケアしてみることもよいでしょう。
https://farm2.staticflickr.com/1907/30194960027_6efa1e2fdb_z.jpg

葉月二十六日の雑記:自分を知ることは喜びというギフトをうけとる秘訣

すがすがしい北国の青空。やはり北海道、いいですね。生まれ育って何度も見てる風景、空なのに、いつも少しずつ違う。何度でも新鮮で感動があります。

自分は変わっていない、成長できていない、とふと焦ったり、虚しい気持ちに襲われることがあります。生きている意味がみえない、わからない、そんな感覚は誰にでもあるものです。

私は学生時代、「まったく成長していない自分」をふいに感じたというか、自覚して、すごく焦りました。それから猛勉強したのです。なにをか、というと。心理学です。大学の図書館にあったその方面の本を読破しました。自分を知るヒントがないかどうか、探しにいったのです。収穫はゼロでした。どうもその方向に、道はなさそう、と感じました。それから幾歳月。結局はスピリチュアルな世界に答えを見つけにいくことになりました。

今では、人様の生きる支えの役目を担わせていただいています。これが自分の役目だと気づいたからです。

人は気づくことで変われます。人生の方向、目標がわかればブレなくなるし、そこにむかって努力することもできます。徒労に終わることがない確信、一ミリでも前進できているという安心があれば、虚しさにとらわれることはない。

大事なことは、深く納得できる指針をつかむことです。

とりあえず、でもなく。なんとなく、でもなく。心のそこからなるほど、そこに行けばいいんだよね、と素直にシンプルにうなづける方向が見つかればいいのです。

個性的な人は、自分の鏡になってくれる存在を見出しにくいものです。なので、年月経過しても、変化できているかどうかわかりにくいもの。虚しさにとらわている方は、個性的な人かもしれません。

個性は神様からの素晴らしいギフトです。大切にして欲しいです。

自分だけの大切なギフトを是非、みつけてください。

自分を知るって、おおきな喜びをうけとる秘訣でもあるんですよ。
https://farm2.staticflickr.com/1910/45093530401_1ba6da33b3_z.jpg