テレパシー

「300年後、人類はテレパシーで会話をしている」と孫さんが予言していた。非常に面白いとおもった。コンピューターが進化して人間を超える知能を持つようになる、とも。これもまた面白いなぁ。どちらもまったく同感だ。

スピリチュアルを学びはじめた昔々・・・大昔だ、その頃いち早く時代の流れを読み取った人たちもいて、いずれ皆テレパシーが使えるようになります、と語っていた。当時の自分はまだ霊感もまったく不安定で右も左もわからない状態だった。運転免許でいえばまだ学科を少しかじりはじめた頃、教習コースにすら出ていなかった。そんな状態だったから「テレパシー?この人なに言ってるのだろう…」というのが当時の率直な感想だった。

今、孫さんの予言を笑い飛ばす人がどれほどいるだろう。200社のグループ企業を5000社にする。孫さんならやれるんじゃないか…。そういう人が「テレパシー」を語るなんて実におもしろい。

孫さんの予言のなかにあった「コンピューターが知性をもつ」という項目。これにはもう少し広がりがあって「感情をも有するようになる」というものだ。そこまで言うと違和感を覚える人もあるかもしれない。が、感情は人間だけが持つ独特なものだ。理性とか知性は霊的な波動にもつながるが、感情はあまりつながっていない。どちらかといえば動物がもつ波動に近く、その分エネルギーとしては強い。個人的にはほとんど電磁波みたいなものだと思っている。感情というのは人間に特有の非常にユニークな波長のエネルギーだと思う。おそらく現代の科学で十分に分析できるはずだ。(チャクラでいえば2〜3あたり)機械で測れるんだから分析は可能だ。データが蓄積できれば感情を読み取る機械はすぐにでも実現するだろう。どうやって測るか。人間のオーラを分析すればいいわけだが、いずれ人のオーラもデジカメで撮影できるようになる。オーブが無数に画面に写る現象はいくらでもあるわけだから。光の当て方などで工夫すれば今どきのデジカメなら撮影できちゃうはずだ。

ただ問題は愛の意識だとか、魂とつながっている領域、潜在意識の領域、これらの波長は撮影するのはまだ難しいかもしれない。エイリアンは想念でUFOをコントロールしているらしいよ。あの人たち(人か?)は感情があまりないのかもしれない。もしもあったなら、コントロールできなくなって墜落しそうだよ。

感情のブレは、元をたどれば死の怖れからくるものなのですべての病気治療が完成されて、肉体の死が本質的な死ではなくなれば人類は超越してしまうのだろう。

介護ロボットの実用化にふみきる国もあるようだ。人類は今、すごいステップアップをしようとしているようにみえるなぁ。

はみがきでつぶやく

日本のITインフラは世界一らしい。ほんの少し前までADSLが主流だったし、常時接続も夢のような話しだった。家庭のインターネットがつなぎ放題じゃなかった歴史を信じない若者も多いのではないだろうか。遠からずWiFiも整備され、モバイルでも常時接続が実現するだろう。これほどの技術先進国なのに不況である。そして成長がみえない。経済学者にいわせればITインフラを上手に利用できていないことが原因だという。携帯一台あればどんなことでも可能だというのに、一方で書類に手書きで記入しなければ手続きが終わらない世界がある。そうやって既得権を手放さない人もいるのだろうし、既存のルールにただ忠実なだけの人達もいる。でも経営者は自由に改革できるじゃないか。

今年は歯医者に数カ月通った。3日とあけずに通ったので電話をしたのは最初の一回だけだった。一度、先方の手違いで予約時間を変更したいと留守電に何度もメッセージが入っていたがタイミングがあわなくてこちらから電話ができなかった。メールで済むことをなんども電話させるのは経営者の問題じゃないかな。そのうちメールやツイッターで予約変更できない歯医者は流行らなくなるかもしれない。

手間を減らすことができれば人件費が浮く。経営は楽になる。ITって便利だ。もっと利用すればいいじゃない。それをやらないと楽になれない。でもやれば楽になれる。だったらやればいいじゃない、と思う。

僕が歯科医だったら朝7時に#ohayo_hamigakiでつぶやき、正午には#lunchde_hamigakiでつぶやき、午後9時に#oyasumi_hamigakiでつぶやきつづけるだろう。でも抜歯中なう、なんてつぶやいたら患者さんこなくなりそうだからやめておこう。

できたてホヤホヤ

メンバーショップサイトに新作プロダクツを掲載しました。
メーリングリスト登録者の方は光のサロン日記(ブログ)をご参照ください。

レイキメーリングリスト(freemlを利用しています)に未登録の方はこちらを御覧下さい。

いずれはご縁のあった方を皆さん、ご招待できるような仕組みにしたいと願っていますが、なかなか準備にとりかかれません。申し訳ありませんがいましばらくお待ちください。

この新作はわたしのこれまでの人生の総決算です。あらゆる経験と知恵をこめました。アクセスできる方は是非ご覧ください。ジャンルはブレスレットです。

先日のカウンセラー養成講座

毎回、前回なにを話したかをあまり覚えていない。
一連の流れでやっているのだが、守備範囲は無限にあるので月1回ぐらいの単発のセミナーでは、まったく関連がない話題を単発でとりあげても内容がダブる可能性がまったくない。
講座をやるからには、本来なら資料を用意して流れを確認したり、参加者の理解度に合わせたりする必要もでてくるが、教えたいことは無限にある。でも現実には受講する人にとって有益な情報は限られている。その枠組に絞り込んだとしても、やはりなお教えたいことは無限にある・・・というわけで、講座はいつまでたっても終わりそうにないのだが、人それぞれ自分の持ち場というものがあるので、実践で役立ててもらう学びに落とし込むには、どこかで理論や知識と、現実とのクロスオーバーな領域をもつ必要がある。

先日の講座では光と闇をテーマにした。ソウルグループの話題にもなった。また、今という時代の流れ。これからの未来の流れについての預言などもお伝えした。あと、うつ病の診断基準になっているDSMをとりあげて、そこにはみえてこないもう一つの視点を加えてみた。これはなかなか面白いテーマだったと思う。

次回は参加者からの実践的なテーマを提供してもらい、カウンセリング研究会といった様相になりそうだ。

オーラハーモニーブレスレットについて

オーラハーモニーブレスレットを以前、画像で紹介しました。レイキ修了者など、一部の方だけに販売の案内を公開しています。まだ1セット手元にあります。

・レイキ修了者
・ヒーラースクール、カウンセラー講座参加者
の方はお求めていただけます。専用サイトが見られない方でご興味をお持ちの方は直接、お申込みください。

以下、簡単な概要です。ご参照ください。

サイズはご依頼人に合わせて調整いたします。バランス用のブレスレットはご本人のオーラバランスをリーディングしてより最適のバランスにする為アレンジは個々に異なります。また、オーナーになる方の「開運祈願」のパワーを石にいれてお届けいたします。
価格:¥18,500(税・送料込)
※サイズ変更込み。

学びとは

人はいかにあるべきか。

ひたすら学び続けるべきである、と思います。
そんな厳しい、難しい人生は嫌だよ…と考える人も多い。
どう考えるかは自由です。

でも、魂をもって生まれたわたしたちの命題は「学び」であることは間違いないのです。
もちろん、「学び」のスタイルは無限。どんな方法、スタイルでもいいし、人それぞれのやり方があります。遊んでいるようにみえてもそこに学びがあればいい。

ヒーリングやカウンセリングを「他者にほどこす」ということも、大きな学びになります。学びというと「知識を学ぶ」ことだとか「学校で学ぶ」ものと定義づける方も多いように思いますが、魂の学びというのは「魂が発展成長すること」につながらなければなりません。知識であるとか、学校での学びというのは、魂の成長にとってはあくまでも準備にしか過ぎず、ほんとうの意味で魂が発展成長を遂げる糧になるものは「行い」のなかで得られるものです。

レイキの教えに「業をはげめ」という古い言葉があります。これぞまさしく魂が成長を遂げる為に必要な糧でありましょう。

ではいったいなにが自分にとって「業をはげむこと」なのか。その定義はひとりひとり皆違います。まずは他人と自分を見比べないことからはじめましょう。

ヒーリングを学んだ熱い一日

先日のヒーラースクールの様子です。こうやって多くの方が真剣に勉強をしている模様は壮観です。ほんとうに皆さん真剣で熱気がこもっています。

今回は「ヒーリング」というテーマ。終日のセッションはトレーニングについでトレーニングの連続でかなり厳しい内容だったと思います。レイキの技術を基本に、更にチャクラのバランスを整えたりオーラを感じながらヒーリングを実践したり、明日から即実践に取り入れることができる実用的でなおかつ、かなりレベルの高い内容でした。

さまざまな技術を学ぶ過程で、自分がもっている適性も自然に受け入れられるようになります。それぞれの持ち味を生かせるような、そんなトレーニングをいつも心がけています。プログラムはとても柔軟に参加者のスキルやその時必要なものを判断して、最善の内容に調整しています。トレーニングの開始ぎりぎりまでプランニングをしているので、さすがに終わった後はしばらく頭のなかが空っぽになりますね。
20100620healing.jpg

次回は来月。3日間の合宿です。いったいどんな濃い内容のトレーニングになることやら。

まけられない

先日のヒーラースクールのテーマはヒーリング。幾つかの呼吸法、独自のマントラの使い方、レイキの技法も非常に斬新でなおかつ、とてもシンプルで強力な実践方法を実習しました。今回の技法もとても新しいもので、最近編み出した技をいくつか初めて伝授指導しました。

いったいどこまで新しい技は生まれ続けるのでしょうか。限りないのでしょうか。

昨日もレイキの個人レッスンでした。まだレイキをはじめて半年ぐらいの方でしたが、最新のテクニックを習得していかれました。遠方から足をはこんでくださる方は、短い時間で集中してくださる傾向があるので、自然に濃いレッスン内容になるような気がします。やはり学ぶかたの強い動機があればあるほど、そらの上にいるレイキマスター達も気合がはいるのでしょうね。

最近はどのクラスも熱気がすごく、学ぶ人達の意気込みをひしひしと感じます。こちらとしても気合がはいります。まけてはいられません。

今週はカウンセラー養成講座があります。

脳のきりかえ

なにごともモチベーションを維持するのは大変ですな。
作家じゃないので、文章書くのも枠組みがあるとけっこう大変。居眠りしつづけたらごめんよ。これでもずいぶん複数の作業を同時にこなせるようになったんだが。作るべきものが溜まっているのでもう無理かも。
連載を抱えている作家さんなんて、いったいどうやって脳を切り替えるんだろうな・・・不思議。
音楽をつくる場合だとして。骨格ができあがっていて編曲をしたり肉付けをしたりという作業ならなんとかなるだろうけど。新曲を複数同時に並行して作るのはできないような気がする。

今日は1日ヒーリングのトレーニングです。

組織の鑑定

時々、経営者の方からのご依頼があり、組織図を鑑定させていただくことがある。といっても特に名簿もなにも必要なく、性別と勤続年数と役職、おもな担当業務ぐらいの情報があれば鑑定可能。組織の歪みやどんな力が不足しているのかについて指摘させていただく。組織を鑑定する場合は個々の人材が持っている仕事における運気を場のエネルギーとして立体的に霊視するので、その場がより発展する方向をイメージすると、人の配置や足りない人材がおのずとみえてくる。人を動かす時期やタイミングについて。最小限の人件費でモチベーションをあげる方法。事業拡大の時期や具体的方向性等、かなり細かなアイデア、意見をださせていただくこともあります。

これでも会社員時代は、数百人規模の人事、労務、福利厚生を担当したこともありますので、アドバイスの内容はかなりリアルだと感じていただけているのはその頃の経験値がかなりいかされているからなのでしょう。

ちなみに総務的な仕事は嫌いじゃなかったんですが…一番、大変だったのは研修旅行の段取りと引率ですか。要望がてんでばらばらになりがちなものをひとつにまとめる、というのは実に難しかった。