ランディさん作詞「こうふくのしま」PVご紹介です

先日、ランディさんから「こうふくのしま」という唄ができたというお知らせが届きました。PVをyoutubeにあげたらみんなが見やすいよね、PVは写真素材があればけっこう簡単だよ、とコメントしたら…なんと数日後に公開されていた。ランディさん、仕事はやすぎ(笑)

唄、聴かせてもらったけれど言葉はもちろん、メロディも唄も、パワフルですごく力を感じました。いろいろな人の想いがこめられているからね。もうすぐ3.11。自分にできることはなんだろうといつも考えています。

先日も東北、福島から札幌に避難してきたご家族とお会いする機会がありました。ほんとうに生活は大変だとのこと。また補償もどんどん減らされていくので、今後の生活のメドがもはやたたないとおっしゃっていました。

支え合う仕組みづくりが急がれます。

是非、手をとりあって日本がひとつに、そして地球がひとつになる未来へ一緒に歩んでいきましょう。

私も微力ながら日々、前進していきますので。よろしければご一緒に。

まずはあの日を忘れないことから…

「こうふくのしま」

作詞 田口ランディ
作曲 koyomi

ありがとう あなたにであえたことが
はじまりのとき ここに花はひらく
あなたの目に映っているのは
この世でいちばん うつくしいわたし
苦しくて苦しくて もがいてたときも
あなたのなかに わたしはいたんだ
まなざしにだかれて眠った浜辺
心は静かなさざ波となる

ありがとう あなたにであえたことが
はじまりのとき ここに花はひらく
あなたの目に映っているのは
この世でいちばん うつくしい海
貝殻のこだまに 耳をすまそう
呼びあう名前も 海へとかえる
まなざしのなかに蘇るいのち
かたちあるものはないことを知る

ありがとう あなたにであえたことが
はじまりのとき ここに花はひらく
あなたの目に映っているのは
この世でいちばん うつくしい空
立ち上がる影 生まれ変わる街
はるかに広がる こうふくのしま
長い階段をまたひとつ登ったね
悲しみはひらくよ永遠のドア

曲・歌 koyomi,
作詞・制作 田口ランディ,
写真協力 田淵フェアリ
2016年、震災から5年目となる3月11日のイベントのために作詞した「こうふくのしま」に、友­人のシンガーソングライターのkoyomiさんが曲をつけてくれました。2016年3­月11日の「アノニマスエイド東京慰霊祭」はどなたでも参加ができます。無料です。詳­しくはブログをごらんください。

レイキパーソナルレッスン〜睦月最初のレベル1の講習

IMG 0383 1
昨日は睦月にはいり、最初のレベル1講習。年も変わりましたので10年ぶりにテキスト改訂しました(改訂というよりパーソナルレッスンコース初めてのテキストかな)。もっとも内容はこれまでのものと違いはなく、シンプルに必要最小限におさえた内容にしました。それでもお伝えしたいこと、学び取ってほしいことのエッセンスは全部はいっています。

レイキがもたらす変化について、日々の取り組みについて、予想される好転反応についてなど細かくお伝えして、呼吸法と瞑想のワーク、エネルギーの伝授、そしてヒーリングも受けていただきました。

私の場合、ヒーリングを受けていただく前に、まず冒頭で体のどこがエネルギー的に不安定なのか分析してご説明してしまいます(触らなくても細かくわかりますので)。それで身体と神経の症状の原因がすべて説明できてしまいます。

ヒーリングを受けていただくのは、念のため確認するというより、ご本人が手当てをする際に体のどの部位にどれぐらい、どんな形で手をおいたらよいかを考える為です。昨日、講習を受けられた方も、体の気の流れが少し特殊な状態でしたので、普通の手当ての仕方では難しかった。左手、右手の使い分けも細かく指導しました。2週間はそれで様子をみていただき、3週間以内に次回の日程を組んで変化を確認する、という段取りになりました。

レベル1では、はじめてレイキのエネルギーが体にはいります。浄化により大きな好転反応が起きる場合があり、予断を許さないですね。もし辛い状態になった場合は、フォローアップのヒーリングで対応もしますし、遠隔でエネルギーを送ったりします。

遠隔で応援する際は、あらゆる手段をつかいます。レイキエネルギーだけではなく、自然の神々にお願いすることもあるし、高次元パワーを駆使することもあります。なにかをやらないよりは、あらゆる手を尽くしてみます。必ずなにかプラスになりますからね。

レイキは結果を出すことに意味があります。必ず変化し、好転する流れをつくります。

過去にレイキを学ばれた方でも、どのレベルまで進まれたかに関わらず、この時期は体の浄化作用がとても強くなります。そういう時期です。なにか不調を感じる方は、体が変化しているサインです。そこに意識を向け、体と対話しながらレイキを改めて実践していただくと、むこう一年が良い流れになりますね。今年は結果をだしていきたいとか、もっと体調を整えて準備したい、よいご縁をつかみたいという方は、レベル1(身体の浄化の為)の個人レッスンを改めて受けてください。お問い合わせは気軽にどうぞ。

※レイキの個人レッスンは原則として、ひかりのサロンでレイキを受講された方が対象です。
※まだレイキを受講された事がない方は、レベル1パーソナルレッスンを受講してください。受講前のガイダンスはご来訪歴のある方は無料で対応しています。気軽にお問い合わせください!

龍が如く立ち昇ること

もうかれこれ100年ぐらいになるのでしょう。私の先祖が月山のふもとから道南に入植して寺をひらいた。どういういわくがあるのかわかりませんが禅宗のお寺なのに、龍神が祀られていました。どうしても一度、そこを訪問したくて親族にお願いして建物に入らせてもらいました。誰にも受け継がれなかったご神体に出会いました。

その数年後、導かれるように月山(出羽三山)で修行された先達とのご縁があり、瞑想、加持祈祷、護摩祈祷を学び、滝行に取り組みました。数年の修行の後、さまざまな潜在能力が開花し、人生が本当に素晴らしい方向にいっきに好転しました。それから今に至るまで、たくさんの良いご縁、お導きを受け取ることができています。

たくさんの神仏のご加護をいただいてきました。そしてもうひとつ、私にとって欠かせない、大切な力。それは龍神さんの存在です。この世界でこの人生を歩む上で、血であり肉であり命そのもの。これらすべての源です。いくら言葉にしても簡単にお伝えできる話しではありませんが、この宇宙は神仏の世界ではありますが、この地上の命はすべて龍神さんに属しております。

私の魂のルーツのなかに長く自然神と向き合いながら祈りや病気治療に関わっていた時代もあり、見えないエネルギーの世界や高次元の世界を、自然に属するもの、高次元の光に属するものという二面的にとらえています。あちらとこちら、上と下、眉間とハラ、という対比でしょうか(全然違うような気もしますが、表現しきれる話しではないので単なる例えにしか過ぎません)。
IMG 0350

魂が健全であろうとするなら、前世より持ち越したあらゆる因縁の解消が必須。また精神と心が健全であろうとするなら、血に受け継いだ先祖の因縁の解消が必須。それにより現世の荒波を乗り越える準備が整う。また、自らの血と肉の源流である自然神に帰依し、調和のある行いを積み重ねること。これらすべてが滞りなく実現されるなら、この世のあらゆる穢れ、災いにとらわれることなく、あるがままの自然体で輝き、調和と発展の方向へと人生はおのずと好転していく。

といったような不文律が私のなかにあるのです。
人よりもすごくスローペースに見られたり、怠惰にみられたり、マイペースにみられたり(自分でも困ったものだと思うことしばし)。それも、魂や精神のリズムではなく、自然神が支配しているこの地上世界の根源のリズムに乗っ取らざるを得ないからなんです。

そんな私が言うのですから、相当にこれは意味があることです。

今年は地球が変わります。日本も変わります。北海道の大地も変わります。皆さんの環境、体、心、精神、すべてが変わります。つまり魂にとっては素晴らしいチャンスなんです。

今、取り組むべきことにしっかり取り組み、上昇の運気をつかんでください。最善を尽くしてサポートいたします。

今日の調和〜明日の発展

マイナスをゼロにする為の取り組みをずっとしてきました。心身の不調和、不健康をカウンセリングとレイキでお手伝いして支えてきました。おかげさまで私自身も多くの事例を経験値として蓄積できまして、およそ人の体と心の因果関係がどういうものか、相当詳しくなることができました。病気されている方は、そこに行きつくまでの心の不調和がありました。また心が乱れる原因をさかのぼりますと、魂が持ってうまれた因縁がありました。私達の意識、精神、心、体は理解を超えて大きな時空をまたぐ存在です。一生かけても受け止め、理解し、受容し、調和と発展にいたることは至難の業です。

とても難しい。それが人生。だから他者のサポートって本当に必要だと思います。

私も昨年末、いい歳をして若い先生たちにたくさん検査してもらい、肉体はどこもなんともないと言われて帰されました。でも相手をしてもらえるって本当に有り難く、そして力になるものなんです。身を持って思い知らされました。

体のことは時に体の専門家にみてもらう。そこでわからないことは、心の専門家にみてもらう。それでもわからないことは魂の専門家にみてもらう。それでもわからないことは…。あとは神様とあなたとで向き合ってもらう、かな。その手前のところまではお手伝いさせていただきますね。
IMG 0368

私自身の体と心の状態も一旦リセット、そして調和へと向かっていくサイクルに改めてはいったところで、より発展的な方向を目指していこうと思っています。ランディさんとも改めて意気投合して、数カ年計画である取り組みを一緒にやりましょうということになりました。それまで、それぞれが十分に準備を重ねていって、いずれは形にしたい。いや、いずれは実現させます。誰にも言わずずっと長い間こっそり温めてきたビジョンです。これまでの自分の生き方をすべて超越、統合、発展させた新しい役割をイメージしています。そこが自分のこの人生のゴールだなと思い至りました。

さて、そんな心機一転といっていい54歳の春(う〜ん、この年齢と春ってあまり結びつかないけど、まあいいか)なんですが、サロンのメニューもずっと放置してあって、潜在的にはやってきたこと、対応していることで、これからしっかり皆さんにご提供したいメニューがありますので、ひとまずここでお披露目しておきます。
(HPのリニューアルも必須なのですが、まだしばらく時間がかかるかもしれません)

◎個人セッション、スタートします。

カウンセリングは問題がある方への対応です。それに対して個人セッションは、それぞれの人生の今時点から、さらに調和と発展を得たい方のメニューです。その都度、必要なことを順次行っていきます。つまり内容については基本的にはお任せいただく形となります。

エネルギーの調整とワーク、意識を変えていただく為のアドバイス、なんらかのサポートグッズの提供をイメージしています。

◎レイキのスキアルアップ個人レッスン

これまでもやってきていますが、あまり浸透していないので、改めてしっかりお知らせしていきます。
レベル1のスキルアップ=体の浄化と調整
レベル2のスキルアップ=心の調和
レベル3のスキルアップ=真我との統合、他者への関わり

これらの個人レッスンは、最終的にはレイキのプライベートコースの指導者への道となります。
レイキのプライベートコースは、各レベル毎の指導、アドバイスにおいては相当な年月の実践と経験が必要とされます。地道に学びつづけていただくことで少しずつ充実した個人レッスンができるようになります。

もはやレイキはグループレッスンの時代は終わり、個人レッスンがメインになります(もっとも、レイキのみならずあらゆる他者サポートが個性重視の時代ですから)。

◎運気アップサポート、遠隔調整サポート

これも個別サポートの一貫。私自身が、個人的に多くの方にあらゆるサポートをしていただき、本当に絆の有り難みが身にしみました。私が皆さんに光を伝える、お届けすることができること、それでいてより多くの人に継続的にできること、それはなんだろうとずっと考えていたことをひとつずつ形にしていこうと思っています。

・運気アップサポート
もっぱら開運の為のパワーをいれたパワーストーンをお分けする形で行います。

・遠隔調整サポート
光の技法をもちいた遠隔調整、祈願を行います。

その他、こまごまといろいろ出てきそうですが、あまりいっぺんに出しても混乱してしまいそうなのでひとまずこれぐらいにしておきます。
メニューにきちんと載せるまで日がかかりそうです(結局、載せられないまま何年も経ってしまう可能性もありそう)。個別のお問い合わせには随時、対応していきます。気になるメニューについては気軽にお問い合わせください。
(問い合わせがあった順番にやろうかな、という魂胆でもあるのですが)

あれこれ書きましたが、そろそろ新しい春、始動していきたいと思います。改めてよろしくお願い致します。

睦月十二日の雑記:初女さん、さようなら。

今月初めに初女さんが亡くなられた。イスキアはもうなくなってしまった。
私の周囲の人達は皆、初女さんのファンで初女さんが大好きだった。多くの人がイスキアの思い出を語りながら和やかな笑顔になる。そんな初女さんにもうお会いすることができなくなってしまった。

時代は、初女さんのイスキアが岩木山のふもとにあった時代から、初女さんのいない時代にシフトしてしまった。

初女さんの命日は偶然にも私の誕生日。また改めて新しい明日へのエールをいただいたような気がしてます。

大切な友人、ランディさんが初女さんと最後に残した本がでています。イスキアの思い出がある方も、そうでない方も、皆さんへのエールになるかと。是非ご一読ください。

そして、数ヶ月ぶりにブレスレット制作を再開しました。
ずっと作れないでいました。パワーストーンの作品は自分の分身でもあります。エネルギーが不安定な時はどうしても作れないのです。やっと心身の状態も落ち着いてきて、しっかり取り組めるようになってきた。新しい一年のはじまりを共にスタートしてもらえそう。おひとりずつの元に旅立ちの準備中です。春らしい良いものができました。
IMG 0379

ブレスレットのメンテナンス、少しお待ちいただいていましたが現在はさほど日数をいただかないで対応できています。2年以上経過している方は一度、お送りください。

制作のご依頼については個別に対応していますので、ご相談ください。

睦月十日の雑記:レイキのことを改めて

旧暦新年もはや十日すぎ、もうすぐ大地も目覚めるかなという時期。昨年は少し出遅れたので今年は早めに森歩き開始しました。でも足元に気をつけないと表面はふわふわの雪でもその下は凍結ですべりやすい…。山道は注意して歩くから大丈夫でしたがなんでもない平地でうっかり転んでしまいました。
IMG 0363
転んで手をついて手首をかるく捻挫してしまいました。でもレイキで痛みのある腱や筋肉に手当てをしているうちに、痛みも消えました。数日手当てをしているうちに完治するでしょう。

年末以来の体調の激変もやっと落ち着いてきて、ここ数日は改めて呼吸法と瞑想に取り組んでいます。やらないとすぐ不安愛になるので日に3〜4回は実践しています。頚椎と背骨の気の流れがよくないところはレイキで調整します。もう長年実践しているので体の隅々にレイキエネルギーをピンポイントで送り込むことができます。断食の成果だと思うのだけれど、非常に気の流れがクリアにわかるようになりました。一回あたりの調整も10分ほどで完了できています。

レイキはとてもシンプルな技法ですが応用の範囲が非常に広く、ほぼあらゆることに使えます。

まずは肉体を癒し健全にします。細胞レベルの浄化も速やかに行われます。打撲、炎症、痛みにもよく効きます。筋肉痛などもすぐ治ってしまいます。体質改善にも劇的な効果があり、冷え性は確実に治ります。全身の血行と代謝が改善されるので、長年のしつこい頭痛や肩こり、不眠などの持病が治った方はたくさんいます。

つぎに神経系の不調ですが日常的に実践していればとてもバランスを保ちやすくなります。ちょっとしたストレスであればわずかの時間で解消することができるようになります。

実践方向も非常にシンプルで、簡単な呼吸法と手当てなどで特定の箇所にエネルギーを流すだけです。

ただ、とても重要なことは、どうレイキを実践すべきなのか「個々に違う」のです。一律のグループレッスンでは成果がでにくく、やはり個別に指導を受けることで確実に変化を実感できるようになります。

ちょっと話しが変わりますが。
これまでレイキを学ばれた方にも、以下の話しはあまりしてこなかったのですが。
ご自身がレイキを学び、実践することで周囲の人にも間接的によい影響が広がります。さほど意識しなくても周りの人達が元気で明るくなります。とくに同居している家族にはその影響が顕著です。その変化は1〜2年で少しずつ現れ始め、数年経つ頃には明らかに違ってきます。
何年もかかりますが、それは「あまり意識しない」場合です。もし意図して積極的に家族や大切な人の為にレイキを実践(直接、手当するやり方ではなく!)したらどうなるか。その場合は数ヶ月で相当の変化が現れるはずです。
しかしながら、その実践方法は、ご自身とご家族との距離感や関係性、エネルギーの相対関係などさまざまな要因がありますので一律のやり方ではうまくいきません。
私はご本人を通してその周囲の人(家族や大切なパートナーや仲間)との絆をエネルギーレベルで詳細に分析することができます。関係性を読み解く能力は長年磨いてきました。たくさんの経験と実績があり、多くの人が認めるところです。
ご希望があれば周囲の人たちの為に、いかにしてレイキを実践していけば皆がよくなるのか、その方法をお伝えできます。
(ただし、ご自身がまずレイキのレベル2以上にすすまれていることが条件ですし、ご自分の浄化、調和への取り組みが不足している方は、まずご自身の為の個人レッスンを必要なだけ受けていただくことになります。)

このところ家族に関しての相談や問題を耳にすることが急に増えてきているのを感じます。皆さんが周りの人の為に、手をふれずに、相手に気づかれずにしてあげられることは無限にあります。ただ、その方法を知ろうとする時、慎重さ、正確さ、そしてなによりお互いの魂の発展向上の為になるという真実にもとづいた確証が必要です。そして、いかにレイキを実践すべきか、その都度いちから取り組み方を考案する必要があります。これらは私のもっとも得意とするレッスンです。

光の種を蒔き続けること

森に出向いても、まだまだ春は遠いようにみえます。緑のない世界しか目にはいらないとしても、未来は必ずやってきます。そしていつか、素晴らしい世界が開花します。この世界には、闇と光がしっかりバランスよく存在しているのですから、どんなに地の底に落ちたとしても、必ず這い上がれます。

年末、救急搬送された時、本当に苦しい症状が数時間続いていて、いったい何故このような試練をお与えになるのかと神様についつい訴えてしまいました。やがて観音様が現れました。その後、しばらくして少しずつですが症状が収まっていったのです。もっとも、一方ではCTを受けさせられたりしてそれはそれでなかなか苦痛ではありましたが…。

いついかなる時でも神仏は見守ってくださる。そのことを改めて理解できた体験でした。

人間、日々辛いこと、苦しいこと、不安なことがない日がありません。物心ついて、やがて大人になっていくにつれ、物事が本当に重く、しんどく感じられることのほうが多いものです。そこに気づきもあり、成長もあり、救いもあります。

これからの時代は間違いなく試練の時代です。だからこそ、そこに光が宿ります。皆の心のなかに、体のなかに、光がともり、お互いを明るく照らすことができます。すべてが光に充ちた世界は実現するのです。そのようにひとりひとりが自由意思で選択していけばよいのです。

苦しいなぁと思う時、苦しい生き方の意味を私達は真剣に考え、向き合います。でもそれ以上、苦悩のなかに気づきも成長もないとわかった時、もう苦しまないという選択ができます。

今日から苦しい生き方を選ばない。そのように皆さんそれぞれの自由意思で選択してください。それが地球を救う未来につながります。皆さんの明日を皆さん自身で変えていきましょう。
IMG 0337

それぞれの天命を知り、あるがままの人生を生きるお手伝い

これからの時代、盤石なものがすべて崩壊していきます。
これはあまりにも無情という他はないのですが、この時代の定めです。避けられません。

この無常な宿命にいつ気づいていたかというと、私は生まれつき物事に悲観的で、いつか世界は滅びるかもしれない、という幻想にずっととらわれていました。それは単に自分が誰よりも神経質で、すべてにおいて過敏な性格故だと思っていました。(もっとも実際、かなり神経過敏ではありますが、それはそれ。) スピリチュアルな世界で自分と向き合い、歳月を重ねてきて、この幻想が自分だけの妄想ではないということがはっきりしてきました。

ものを言う時はそれが正しくなければいけません。

私は見えない世界にどっぷり浸って、それでいて「正しいことだけ伝える」ということに執着してきました。霊感を持ってはいますが、自分の感覚をすべて正しいなどと信じてはいません。常に疑っています。感覚などというものは日々揺れ動き、変動するものです。かといって機械で測ることができない。であるとしても「検証」し続けることは非常に大切です。自分だけの感覚ではなく、他者の見識を求め、自分の感覚と符合しなければ、自分は正しくないかもしれません。ずっとそうやって自分だけが見えている、感じているのではなく、宇宙の真理として正しいとわかったことだけお伝えするようにしてきました。
だから、なにごとにも時間がかかり、待ちきれない人達はどんどん離れていきました。それでもいいんです。

私は誤ったことを伝えて人を惑わせ、人生を遠回りさせるような導きを与えるぐらいなら、自分を消したいと思う性質なのです。

そんな私が確信を持って伝え、行い、共に進みましょうということは間違いなく正しい。それは私の生き様を少しでも知っている方ならご理解いただけることでしょう。

幸か不幸かなんともいえませんが、私が昔から妄想だと思っていたことは、単なる妄想ではありませんでした。

これから時代は大きく変わります。すでに舵はきられた。地球という大きな船の進路が変わったのです。あとはどこまでもこの変化は次第に大きくなっていくばかりで、止むことはありません。

すべてが変わります。

小さなことから巨大なことまで。

精神的なことから、現実的なことまで。

個々のパーソナルな内にひめたことから、世の誰でもが関わる仕組みに至るまで。

あらゆるものが同時に変化していきます。

昨日まで盤石だったものが壊れていく。どうしようもない流れが始まりました。

さて、私達はいかにして向き合えばよいのでしょうか。
その方法をまず、心をひらいてくださった方に順次、お話していきます。

神仏はこの時代に、さらにますますその加護のパワーを強めておられます。
ひとりひとりに必ず導きがあります。私はその橋渡しをさせていただくだけです。

あなたにとってのあるがままの生き方とはなにか。
あなたにとっての天命を受け入れた生き方を具現化する道とは、いずれか。

私はそれをお伝えしていきます。
FullSizeRender

天命をもって歩んでいきます

あっというまに立春を過ぎまして、旧暦の新年にはいりました。あたらしい一年の始まり。やっとスタートしつつあります。
この数ヶ月の個人的な経験は、人生で初めて体験する非常に激しい怒涛のような毎日でした。年末からはじまった心身の一斉浄化は、ほんとうに大変でしたが、やっとここ数日で本来の体調、エネルギーバランスに戻ってまいりました。ご心配をおかけしましたこと、心からおわびいたします。また、お気遣いをいただいた皆様に心からお礼申し上げます。

特に年末から始まった極度のめまい症(2日間入院しました)、そして年明け早々に襲われたこれまた激しいパニック発作は本当にこれで全てが終わったかのように、心身が打ちのめされました。どんなに精神を鍛えていても一分も抗うすきもありませんでした。でも、どん底にいくと人間は不思議と「己(おのれ)」が見えてくるものです。病院のベッドの上でもがき苦しみながらも、意識の深いところで見え、きこえてくるものは「神仏の救済」であり「己の生まれてきた使命」でしかありませんでした。それが自分の本性なのだな、ということをまぎれもなく再認識させられました。

信頼できる霊能者、セラピスト、医療関係者の皆さんのご助言をえて、先月から体質改善プログラムに取り組みました。日々、パニック発作と向き合いながらでしたので、これがまた非常に苦しかったです。3週間ほど経過しましたが、ここ数日はほぼ発作に関連する様々な症状は緩和しており、おおむね普通の日常生活がおくれるまでに改善しています。仕事も、ややペースをおとしていますが普通にこなせるまでになりました。

ここでついでに告白してしまいますが。

実は3年ほど前にも一時期、めまい症が少し気になる状態があり、前後して突発性難聴になりました。一時的に両耳がほとんど聴こえなくなりましたが、数日後に右側は聞こえるようになりました。一週間ぐらいは会話が不自由でしたが、その後は右の聴力だけで暮らしておりました。方向感覚もなくなり、音程も聞き取れなくなり、当時は音楽活動をあきらめたほどです。方向感覚がなくなったので、人混みや騒音のなかでまったく会話が不可能になってしまいました。それでもサロンでの仕事にはひとまず不自由がなくなりましたので、そのまま放置していました。次第に慣れてくるにつれ、演奏する分にはさほど支障がないことがわかってきましたので、少しずつ演奏活動を再開しました。が、今でも左では音程がわからないので、音楽を聞いて楽しむということがもうできないですね。なので、表現することが可能な限り、ほそぼそと続けていければという感じです。

そんなわけでここ数年、そして昨年末から本当にさまざまな体調の変化なども続いていました。そして今朝ほど気づいたのですが、ここ数週間の体質改善の影響なのか、左の聴力が少し変化していました。やや会話が聞き取りやすくなってきています。まだ音楽を聞くに耐えるレベルではありませんが、日常生活はもう不自由はせずにすみそうです。人混みでも少しは会話が可能かな?という気がしますので、長らく主催もしてこなかった懇親会も、ちょっとずつ企画できるようになるでしょう。

そろそろ確定申告という時期でもあり、書類整理などしながら昨年の仕事ぶりを振り返っていますが、昨年もほぼ連日、スェジュールがびっしりだったんです。もっともここ数年はずうっとそんな感じでした。難聴になってから、活動の幅が狭まってしまったので、逆に個人セッションの比重をあげざるを得なかった。サロンを守る為にも、他にいたし方ありませんでした。その結果が今回の顛末でもあります。

今回の体質改善を通して得た教訓というのは、人間ひとりでは立ち直れないこともあるということです。救急搬送され、まる二日間まったく自分ではなにもできない状態のなかで、多くの人たちに関わっていただきながら手厚くケアしていただきました。同じ病室だったご老人はガンを患っておられました。彼にはもう未来は残されていないのかもしれません。でも私はたった二日で自分の足で病院を出られるまでに回復しました。その後も発作に何度もみまわれましたが、たくさんの助言、応援をいただきながらなんとか乗り越えることができました。おおげさな言い方になりますが、本心なのでこう表現しておきます。これからはいただいた命、人生。天命のままに、あるがまま歩んでいこう。

極端な表現で申し訳ないのですが、この世は生きられる人、生きられない人に分かれている。私はなぜか「生きられる側」でした。ですから、これからは皆さんとともに、あらためてこの世、この時代を、それぞれの天命とともに歩んでまいりたいと思います。

IMG 0329