まもなく新月です

あとわずかで新月になります。
旧暦では一年のはじまりの月。

新しいサイクルの始まりにむけて、みなさんにも準備を整えていただきたいこともあります。いろいろとお伝えしていこうと思います。

明日か、遅くても明後日にはまた書きます。

セッション後、ボードを撮影したい方はどうぞ

個人のご相談の際でも、最善を尽くす為によく「図解」をします。
みえないエネルギーの影響や関係性をわかりやすくお伝えするには、言葉だけでは難しいことが多いのですが、図を描いて説明すると、すんなりと理解しやすくなります。

最近はほとんどの方がカメラ(つまりスマホ)をお持ちなので、カウンセリングの終了時に、図を撮影したい方は遠慮なく撮ってお持ち帰りください。大切な記録になると思います。

ひさしぶりにIT関連のお話〜未来の若者たちへのエール、かな。

やはりPythonが人気言語に浮上してました。
セミナーなどでお子さんのいるお母さんにこれからのITについてのお話をすることがありますが、IT技術を身につければなにがあっても食べるには困らないです。ただ頭がやわらかいうちに技術は身につけてしまわないといけないので、せいぜい十代の後半までにはしっかり勉強させてあげてほしいところです。それをすぎるとちょっと辛いと思います。

私も十代最後の時期になってぎりぎりパーソコナルコンピューターが手にはいる時代に突入し、バイト代をつぎ込んで入手。情報を入手することがとてもむずかしい時代だったのですが、必死でプログラミング言語を独学で習得。それが人生の起爆剤になりました。

今はネットであらゆる情報が手にはいります。が、教育機関で最先端技術を学べる機会は日本では到底来そうにありません。

以前から機会があればPythonがよい、とお伝えしていますが響いた人がひとりでもいれば幸いです。PythonとAI、このキーワードだけでいいですから専門技術を習得してしまえば未来を手にいれたも同然と思います。1年から2年ぐらいで基本は身につくので、あとは好きなことをしていればいいと思います。IT業界は仕事が不規則になりがちなので、アウトドアな趣味と両立させるのがおすすめ。そうなると単位や資格を取っている暇がないかもしれません。勇気ある休学、も視野にいれてもいいのでは。

それから不思議なもので音楽が好きだったり演奏が得意だったりする人ほどプログラマーとしては優秀な人が多いように思います。経験的にそうでしたので。芸術的な感性とプログラムする能力は、脳の同じ領域を使うのかもしれませんね。

私もプログラムは直感で書くほうで、あまり論理的にやっていませんでした。もうちょっと気持ちよくとか。もっと変な感じとか、感覚で書いていました。音楽をつくったり演奏する作業に似ているような気がします。

今は誰でもスマホのアプリが開発できる時代になりました。若い方にしっかりこの時代ならでのチャンスをつかみとっていただきたいですね。

日本はちょっと出遅れ気味になってきたので、もっとアジアの人たちと交流して、競いあってレベルをあげてほしいものです。

機会があれば韓国や中国のITにふれて刺激を受けるとよいと思います。

でも学校の枠のなかにいたらまずそんな機会はなさそうなので。各自で情報を取りにいく、行動を起こすよりないのかもしれません。

そしてITは技術系、エンジニア向け、というイメージがあるかもしれませんが、女性の感性こそ必要な業界。女性の技術者の需要はどんどん増えるでしょう。性別にとらわれずやりたいことを形にする変幻自在のスキルとなりますから、若い方にはぜひともトライしていただきたいものです。

すっかり若者へのエールのような記事になってしまいました。

振り返ると十代最後の日々を音楽とバイトとパソコンと遊びにすべて費やして、パソコンにもかなり投資しました。そのおかげで今ここまでたどり着くことができたのは間違いありません。

私があの頃からやりたかったことは、未来を明るいものにすること。子どもたちにゲームを通して、世の中にアピールできる、貢献できる、社会を素晴らしいものにできる、そんな可能性を秘めているんだということになんとか気付いてほしかったのです。そんな思いをこめてつくったゲームが大ヒットして、今でも覚えていてくれる人がたくさんいます。そのなかの一定数の人たちはきっとIT関係の仕事をしているのではないかと想像しています。なにかよいDNAを作り出せたのなら、毎晩徹夜してがんばった苦労も報われます。

今はeスポーツが大相撲にかわっていく時代の幕開けのような気がします。

技術を身につけるのは一朝一夕にはいかないけれど、若いうちは短期間で集中的にたたきこんだほうがいいです。いまの日本の教育制度は、あまり柔軟ではないので普通に進学して単位をとっていては間に合わないと思います。

大学生の方は4年でストレートに卒業することにあまりこだわらないほうがいいともいえます。

自分の人生なので、自分の価値観で、判断して行動してみてください。きっと素晴らしい未来が待っていますよ。

https://farm5.staticflickr.com/4845/39973015593_589a2b3a74_z.jpg

宿泊ワークショップ開催のご案内

定員になりましたので受付終了します。(1/24追記)

2月23日〜24日の2日間で、合宿形式のワークショップを開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。

本日より受付開始します。

定員に達し次第、締切となりますのでお早めにご検討ください。
(定員まであと数名です。)

師走五日の雑記:新年のおみくじ

初詣で、新年のおみくじをいただいていましたのでご紹介。

あまり裏側(表側?)を見る方が少ないようなので、あえてこちら側だけ。
https://farm5.staticflickr.com/4813/45950011504_49ae0d608f_z.jpg

「心強く明るく毎日を過ごす」のがよいのだそうです。

くよくよするのは人間の性。くよくよしない人はいないでしょう。

でも、くよくよしていると、やはり体によくないのですね。
そして体によくないことを積み重ねていると、現実的にトラブルを引き寄せやすくなります。

くよくよするのは仕方がないとしても、その分リフレッシュしたり充電したりも必要です。なにごともバランスが大事なので、疲れを感じたり、気持ちが落ちたりしている方は、それを補うことも大切になさってください。ちょっとしたことの積み重ねが大切です。
https://farm5.staticflickr.com/4831/32799547138_6ebcecb3dc_z.jpg

師走四日となりました、西暦は正月明けです

西暦ではやっとお正月もあけまして、日常の慌ただしさが戻ってきました。が、旧暦では今が師走。自然の暦はまだ冬。でも日々すこしずつ日が長くなってきています。北国の冬はこれからですが太陽の力がしっかり支えてくれるサイクルに戻りつつあるのが体にとっては喜びです。

風邪がはやっています。受験生の皆さんはビタミンCを補って、体を冷やさないように注意してくださいね。いまさら焦りは禁物。日々できることを淡々とやって、あとは運を天に委ねて試験に挑んでください。人生は長いので、目先の結果にとらわれなくても大丈夫です。積み重ねた努力は必ず実を結ぶものです。あなたの努力に見合う結果はいつかきっと戻ってきますから。

さて、年明け早々のあわただしいご案内になりました。光の扉プレセミナーを受付中です。

今年のテーマは思考を停止する、がおすすめです。

考えたり、悩んだりするよりも、ふと良さそうなものに触れてみたり包まれてみたりするのがよいのです。そんな時代に入りつつある、ということですね。

来るだけでOK、のセミナーなのでお時間、タイミングが許す方は気軽に乗っかってみてください。来ていただければ意味がわかります。考えないで決める、というのが今年以降、運気アップのひとつのコツともいえるかもしれませんね。できるだけ多くの方に機会をお分けできる形に少しずつ変えながら、継続していくつもりです。今回、タイミングが合わなくても時をお待ちいただければ次の機会がやってくると思います。
https://farm5.staticflickr.com/4831/45759012205_fa3c22fdb4_z.jpg

光の扉プレセミナー開催のお知らせです

光の扉 プレセミナー開催のご案内

2019.1

光の扉とは、

誰にでも開かれた光の世界への入り口

次元上昇の鍵、人生を豊にするシンプルな技法、大切な人への永遠の守護となる秘宝、そしてなにより自由な人生を形にする為の叡智

<光の扉プレセミナー・概要>

「光の扉(光のレッスン)」は、サロンに集う方、すべての方に開かれた「光の世界への架け橋」となるセミナー、ワークショップ、個人レッスンのことです。

光のサロン設立依頼、十数年にわたってこの為に研鑽を積んできました。水面下で高次元からの導きをもとに、エネルギーを受け取り、使い方を学び、技術を磨いてきました。

光のレッスンを修了された方には、天上界からたくさんの祝福のエネルギーが降りてきます。その祝福は本人だけでなく、その方のご家族にも及びます。それは未来永劫続くのです。子孫末代までもたらされます。天上界に帰った後は神の神殿への入り口を自由にくぐることができるようになります。人としての苦しみから解放され、自由な生き方が約束されます。

スピリチュアルという言葉を越えて「真実の光」にふれ、受け取り、味わい、体現する。
光のレッスンはそのような内容です。

シンプルな原理による、技術、実践、です。

理解したり習得したりするようなものではありません。学び、ということでもありません。
どちらかというと、エネルギーを受け取り、あとはシンプルな方法を実践してみるだけ、です。

素養は関係ありません。性別も年齢も経歴もまったく関係ありません。なんらかの経験値も不要です。誰でも受け取れ、実践でき、それでいて素晴らしい人生を実現できるようになります。

2019年の年があけ、光の扉は開かれつつあります。

このプレセミナーは、ここに書いてあることをより詳しくお伝えする為のものです。

このプレセミナーに参加された上で、光のレッスンを受けるかどうかを検討してみてください。

<日程>
(2019年)
・1月11日(金) 19時15分〜
・1月12日(土) 10時45分〜1時45分〜15時15分〜19時15分〜
・1月13日(日) 10時45分〜1時45分〜15時15分〜

所要時間:90分
参加費:¥4,000

<お申込み方法>
下部のフォームからお申し込みください(直接、メール、LINE、メッセンジャーでのお申込みはできるだけ避けてください)。

参加希望の日時をご明記ください。

各回ともに定員4名です。既に定員だった場合、お申込みをお受けできないことになるので、可能であれば第2希望まで記入していただけるとよいと思います。
(また各会ともに2名以上で開催確定となります。キャンセルになる場合もあり得るので、できるだけ第2希望まで記入するようお願いします。)

セミナー内容は、各回毎に少しずつ違いますので、2枠以上参加希望されてもOKです(ただし、混み合う場合は遠慮していただく可能性があります。その際はご協力お願いします。)

<お願い>
原則、代理申し込みはできません。ご本人の意志が大切なので、誘い合わせてのご参加はご遠慮ください。大切な方にお伝えするのは大丈夫です。

<初めての方>
現在は、光のサロンへご来訪歴のある方のみが対象です。初めての方は事前に一度、個人的にご来訪なさってください。

<このプレセミナーの内容は・・・>

高次元からのサポートにより、皆さんを光の世界へとお導きします。

これからの地球の次元上昇について
皆さんの現実生活がどう変化していくのか
光のレッスンの概要
皆さんの人生にどんな変化が期待できるのか

などをシンプルにわかりやすくお伝えします。
また、たくさんの祝福のエネルギーが降りてきますので、すごく眠くなる方もいます。それでも内容はすっと心にはいっていきます。

メモなどとらず、ハートを開いて、天に委ねる気持ちでご参加ください。

お申しこみフォームへ
このリンクをクリックしていただくとお申込みフォームが開きます。

2019年元旦のごあいさつ

まだ震災の余韻が消えない北海道ですが、暦はようしゃなく過ぎていきます。気づけば元旦。

物理的に日は過ぎていくけれど、今はあまり喜びを味わう気分じゃない。そんな方がほとんどかと思います。

ですが、時間は容赦なく過ぎていきます。

今に専念し、過去は過去として、未来に希望をつむいでいく日々を取り戻していきましょう。

今年、そして来年、地道になすべきことをなしていく。それだけです。

日々の積み重ね以外に、大きな痛みを乗り越える術はないかもしれません。皆が同じように背負った痛みです。忘れることはないでしょう。けれど、若い世代にとってはまだまだ未来は続きます。住みやすく希望に満ちた土地にしていく。そのためにひとりひとりが取り組めることに専念できるような環境づくりを、これまでと変わらずお手伝いしていきます。

光のサロンは18年目。光の扉が開かれ、あらたなサイクルにはいります。

一日一日、歩みを止めず行けるところまで行きます。北海道の皆さんのために。残された時間をすべて費やします。
https://farm5.staticflickr.com/4883/46484264192_610fb9208c_z.jpg

霜月9日の雑記:自分を祝う

運気って日々、上げられるんですよ。

日々いろいろあって辛い、苦しい。
生きていてもなんにもいいことがないな。

そんな時期もありますね。というか、そんな日々ばっかりという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

北海道は震災を体験しました。全員大変だったのでお互いに愚痴ったりできない空気ですが、それぞれがそれなりに苦しい時間でしたし、未だに尾を引いています。運気がみんな少し引き算されたんですね。

運気は少しずつ積み上げていくこともできます。運気はそのままみることはできませんが、年間平均気温のようなものです。一年を通して気持ちが上向いているか、元気で暮らせているかどうか。おおむね、それが運気といわれているものの実体です。
それが10年、20年と積み重なるなかで安定していくものなのです。安定させるには年月かかります。ですから、運気をあげるのは「習慣」を変えていくことがコツです。

いらない習慣は思い切ってやめてみることも必要になります。そのかわり運気アップにつながる習慣は少しずつ取り入れてみてください。

運気アップに一番、直結するのは「おいわい」です。

誰に? なんの為に?

それは簡単。

自分に、自分でおいわいをしてみてください。

ちょっと辛い時、苦しい時こそ、おいわいが効きます。

ただし、タイミングが大事。ここがものすごく肝心です。

よいタイミングで、丁度よい加減のおいわいを自分で自分に贈りましょう。そしてしっかり味わう。それで次につながります。

そうやって日々を、人生を乗り越えていくようにすると運気は安定します。安定していれば上向く機会がやってきやすくなります。

不安定な時は、いっきにあげようとしてもうまくいかないので無理はしないほうが吉です。

おいわいのタイミングは、いろいろな節目。一区切りついた時。ちょっと余裕がある時。少しでもいいこと、嬉しいことがあったら、それを形にしてみるつもりで。
そんなふうに、タイミングをはかるのがよいのです。

それと、いちどおいわいをして、運気が安定した、少し上向いた、と感じたらそれを習慣にすることです。

商売をしている人は、ちょっと売り上げが伸びた日や月。その締めのタイミングでちょっとしたおいわいがいいです。

自営の人は、なにかがんばって峠をこえた時に。おもったよりも報酬がよかった時に。あまりよくなかった時も縁起担ぎに。

会社員の方は、定期的なお休みの日、誕生日、年の変わり目などに。

このタイミングを逃すと、運気を保ちにくいのです。運気というのは一度落ち始めると元に戻すのはとても大変です。だから、できるだけ維持、安定して保つことが大切です。

おいわいには、少しの時間と費用をかけてください。ここをケチると、運気が下がって元も子もなくなりますからね。

おいわいは、自分への投資です。運気(ときにそれは財運ともなります)をよい循環のまま保つには、潤滑油としてのおいわいが、とても重要なんですよ。

年の変わり目なので是非こころがけてみてください。

参考になるととても嬉しいです。

補足:財運を上げたい人は、まずはお財布を買い替えましょう。これも2年、長くても3年ぐらいで買い換える習慣をつけると安定しやすいですよ。是非、心がけてみてください。
ただキャッシュレス時代なのであまりお財布、出さないという方もいますよね。そういう方はもう少し長く使っても大丈夫ですし、あまり頻繁に変えてもさほどかわらないかもしれません。買い替えの周期は使う頻度にあわせて決めるようにしましょう。

https://farm5.staticflickr.com/4871/31381330377_c7b6821726_z.jpg