20171108 あなたがあなたである為に

ひとりひとりが持って生まれたテーマがあります。
一生変わらないもの。
短い年月で完結できるもの。
とらわれずともよい瑣末なもの。

重要性も様々。
そして、その内容は皆ちがいます。

ひとりひとりが向かうべき方向性を持ってこの世に生を受けています。

地球は大きな分岐点に差し掛かったようです。
エネルギーが大きく変動しています。
私たちの心や精神が揺さぶられるだけではなく、
現実が激動といっていいほどの変革を遂げ始めていて、
もはや安定し、揺らがないものが何一つないと思われるほどです。

これはあなたがあなたである為の方向をしっかり見定める、よい潮時である兆し。
前向きに受け止め、自分らしい人生を探しに行きましょう。
IMG_2394

答えはそこにある

IMG_6994
求めている答えがなかなか見つからない。
人生そんなもの、と思い込んでしますとますます見つからない癖がついてしまいます。

見つからなくても簡単にあきらめない。
ちょっと見方を変えてみる。
少し休んでみる。
一旦、手放してみる。

そしてまた答えを探し求めてみる。

いつかそれが見つかった時に、たいていこう思うのです。
こんなに簡単なことだったのか、と。

押してもダメなら引いてみる。
右に回してダメなら左に回してみる。

ところが煮詰まっている時って、肝心なところが抜けている。
そんなものなのです。

タイミングということもあるかもしれない。

条件が整えば、鍵が開くものなのかもしれない。

とにかく、答えはいつもわりと目の前にある。
そして最も大切な条件は、
しっかり答えを求める、これが一番大事です。

最近の印象的なセッション(土地探し)

土地とのご縁をいただくにはとても時間がかかります。
特にそこに以前、住んでいた方がある場合、建物が残っている場合など、長く土地に関わる人々の歴史があればあるほど背景が深く、重くなります。また周辺地域との関係性がどうか、住む方の体質、気質との相性など、鑑定項目は多岐に渡ります。

必要があれば土地の神様にご挨拶に出向きます。以前住まわれていた方の思いがまだ残っている場合などはお祓いをすることもあります。

今年は何度となく現地に出向いて鑑定をする機会に多く恵まれました。時間はかかりましたがいづれも良いご縁をいただくことができホッとしています。あとはそれぞれの日々の暮らしが末長く、月日が重ねられていくことを願うばかりです。

土地とのご縁をいただくのは簡単ではありませんが、地道に努力を重ねていると順番に機会は巡ってくるもの。焦らずじっくりと取り組みたいものです。

北海道は広いとはいえ、札幌圏に関してはかなり開発が進んでしまい、利便性の高いところにはもうあまり空き地がありません。が、空き家は年々増える傾向にあります。制度も改善され、住み替えもしやすくなりそうです。限られた土地は所有するものではなく、ほんのいっとき神様からお借りするもの。ご縁をひたすら願う気持ちをまっすぐ持っていれば、きっと繋いで頂けます。
IMG_3587

葉月二十七日の雑記:秋深まる日々

日々、あっという間に木々の葉が色濃くなり、日没がどんどん早くなります。体にも自然のダイナミックな変化に適応すべく、忙しくなってきました。こんな時期は、生活のリズムの乱れはかなり体にはストレスになりますので、いつもより少しだけ余裕を持って過ごされますように。

今、いろいろなことが変化し始めています。

一人一人の中で。私たちを見守る空の上で。神々の世界で。あらゆる次元で同時に変化が起き始めています。もはや変化のないところがないぐらい。

穏やかに保つのが難しくなってきたので、バランスを整えるために使う時間が増えてきました。

皆さんもどうぞ、受け取るもの、感じるものを少し抑え気味にされますように。あまり刺激的な情報はしばらく遠ざけた方がいいかもしれませんね。

誰にとっても少しずつ時の流れが早くなっていくような気がします。

だからこそ皆さんに幸多かれと祈らずにいられません。

忙しい方も、今は心穏やかに過ごすことが難しい方も、体調が優れない方も、物事には必ず波があるので、少しでも風向きが変わったらできるだけ休息をとってタイミングをはかりなおしてみてください。多くの方が焦りが強く出ていると思います。

自分という器をいつも空にさえしておけば、ちゃんとそれぞれに最善のタイミングは向こうからやってきます。自分にとって良くなタイミングでは何をしても良い結果に繋がりにくいものです。

自分のバランス、タイミングをはかること、上達できたら人生がだいぶ楽に過ごせるようになります。
IMG_3193

葉月二十三日の雑記:10月後半の予定について

10月後半の予定を掲載しておきました。講座のある週はだいぶ予定が立て込んでしまいます。事前に予定が組みにくい方には臨機応変な対応が難しくなっていて、申し訳ないです。多少の予定変更などは対応できますので、ひとまず打診してください。

日々どんどん最低気温が下がってきました。体が適応するまであまり無理は禁物。日毎に一枚ずつ重ね着をするなど注意をしましょう。さもないと風邪をひいちゃいます。少しでも症状が出たらとにかく温めること、そして早く休むことです。薬は漢方やハーブ以外はあまりおすすめできません。ホメオパシーも有効です。
IMG_6747

お知らせの補足(スピリチュアルセミナー3コースについて)

おしらせで「スピリチュアルセミナー」の告知を出していますが、一つだけ補足しておきますと・・・

3コースあるので、どれがいいのだろう?と考えている方もいらっしゃるようです。
全く違う内容のセミナーなので、選ぼうとなさらないようにしてください。選べるわけがないのです。

たい焼き
おはぎ
大福

3つ並んでいて、一つだけ選ぶような苦悩を抱えていただきたくはないのです。たい焼きさんとご縁があるかどうか。おはぎさんとご縁があるかどうか。大福さんとご縁があるかどうか。一つ一つ、違う命題です。

一度に3コースも出してしまったのも罪かもしれませんが。けして勢いで出したのではありません。それぞれ十数年の蓄積の思いが高まり、ついに結晶化したもの。一つとして、なんとなく出してみたコースはありません。どれ一つとっても内容は世界に2つとない独自のもの。みなさんにとっても一生に一度しかない最初で最後の貴重な学びの機会となります。

縁は自分で引き寄せるもの。この場合はそのように考えてください。

それぞれの縁を手繰り寄せた結果なのであれば3つ、全部いただくのもありですね。選ぶなんて、無理ですよね、それぞれ美味しいのに。。。

光の手当て

最初は、次第に命が強く生きようとする力が高まっていくのを感じます。それとともに細胞の中から毒素が排出され始め、全身の浄化が始まります。

その時期が過ぎると次に神経系がバランスを取り戻し始めます。感情が安定し、集中力も増してきます。感受性が強い方は直感力が増し、自分らしい選択や判断ができるようになります。

そして、その頃から魂の記憶がしっかりと蘇るようになります。

遠い前世の記憶を私たちは脳細胞に携えていないけれど、潜在意識の中にその情報は刻み込まれています。たくさん苦労や悔いたことの記憶が次々に流れ出してきます。時にはそれが棘のように神経系に突き刺さり、体の痛みとなって出ることもあります。

記憶の棘をひとつひとつそっと抜き取ります。

やがて、とらわれから解放され、自由意志が目覚めます。自由に生きる鍵は、現実の環境の中にあるのではなく過去の記憶の中に隠されています。

※「光の手当て」はメニューには出していませんが、ご縁のあった方には必要に応じて最善の方法で「手当て」をさせていただいています。基本的にはレイキのトレーニングを受けた方であれば対応しています。知らず知らずのうちにどなたも過去のとらわれから解放され、自由意志にしっかり目覚めて行かれるようです。光の手当ては聖霊のサポートにより行われています。
IMG_6561

葉月四日の雑記:看取り

IMG_6573
お彼岸ですが天気が不安定で外出がしにくいですね。
この頃、身近なところで訃報があいつぎ、看取りということをよく考えます。もともと、看取るということが現在の役目の原体験となっているわけですから、世の中で一番、看取ることに関して至近距離にいる側だと思います。だからこそご相談をお受けすることも多いわけです。そして、やはりこのころ看取りについてのご依頼は増えていますし、より内容がすごく多様化してきていると感じます。

命あるものはいづれ死を迎えるわけですから、順番に看取りもやってきます。家族の形態も変化している現代、看取りの形式も多様化しています、同時にスピリチュアルな気づきや学びの場面として、看取りはものすごく大きな意味を持ちます。

そもそも自分自身も祖母を看取ったことが発端となり、親族の看取りの中で自分が霊的に他の人と明らかに違うということを自覚せざるを得なくなりました。

けれど、単に感じる、見える、ということだけでは人様の看取りに関わり、お手伝いをすることはできません。人間的に強くならなければならず、そのために苦労することもたくさんありました。が、なんとか今日ここまでやってこれた、そしてこれからまだまだお手伝いをさせていただく機会もあるだろうから、看取りということを自分の役目の柱にしていこうと思います。

家族が一人、この世からいなくなる。今までの日常がガラリと変わる。その変化を皆、初めて体験するのですから乗り越えるのは本当に大変です。家族の死をどう受け入れるか、そして自分の残された時間をどう過ごしていくべきか。一つ一つ紐解いていくことから始めます。そうすることで、混乱から解き放たれます。悔いや罪悪感を手放すことができます。

事情は皆違いますから、しっかりそれぞれの喪失感と向き合うところから。毎回、一から真剣に向き合います。一般論は一つもなく、アドバイスの内容もそれぞれ全く異なるお話をさせていただいています。

旅立つ魂も安らかに過ごしていただけるように。これからも生きていくご遺族もしっかりと前進していけるように。そんなお手伝いを心がけています。

近年はペットを亡くされた方のご相談も多いです。大切な家族であることは人間と変わりありません。

オーラブレスレット制作受付中(2017年12月までに制作予定分)

ひとつひとつ手作りです。
無限の組み合わせがある中で、たった一通りのパターンを生み出しています。
ご依頼頂いてから、かなり日数をいただくのですが、デザインを決める時は数分で一気に書き出します。聖霊が考案してくれた情報が一度に降りてくるのを書き取っている感覚です。

デザインが決まっても、形にするまでややしばらく日数がかかります。必要な石を調達して、レイアウトを確認しながら組み上げていくのですがパワーストーンはそれ自体が強いエネルギーを持っているので、組んでも馴染むまでに相当の時間を要します。組み上がったら最終的な浄化をして、いよいよ最後の仕上げ、石を目覚めさせます。

長い年月をかけて確立した制作方法です。ただあまりたくさん作れないので、ほとんど告知はしません。年末までにお届けできる分を現在は期間限定で受注しています。ご興味があった方、依頼しそびれていた方、この機会にご検討ください。
ご案内はこちらです。