文月十一日の雑記:お知らせをいくつか

9月の空き状況:事務局通信に掲載の通りですが、9月はセミナー開催の関係で中旬が少し混み合っています。個人セッションは基本的に一日、2件までと制限している為、すでに1名申し込みがある日は、実際には残り1枠なのであと1名のお申し込みがあるだけでその日の受付は終了になります。

スピリチュアルカウンセラー、ヒーラー講座の追加募集:4月からスタートしたこの講座、欠員が出ましたので10月の講座から編入していただく形で追加募集します。なお、新年度(つまり来年の4月)新規募集の予定は今のところありません(いづれは募集するかもしれませんが、ある程度の人数が集まらないと形にならないので数年後?になるのかな、という感触です)。今回の追加募集は1名か、2名です。

事務局通信はこちら

さて、一昨日、ちらっと告知をした新しい講座については内容をもう一度、見直しているところです。もう少しお待ちください。

文月九日の雑記:積年の思い

一雨ごとに、風が季節の変わり目を告げるようになってきました。年々、一年の通り過ぎるのが早くなります。

サロンのあり方も毎年、見直そうと思っていてなかなか手をつけられないでいたことがたくさんたまっています。
秋になって過ごしやすくなってきたこともあり、ずっとずっと溜め込んでいた思いを一つでも形にしようと準備をしています。学びの秋でもありますしね。新しい講座をスタートします。近日中に告知をしますので、そろそろサロンに出向きたいなあと待ってくださっていたみなさん、どうぞお楽しみになさってください。

ご来歴のある方ならどなたでも参加できるものと、レイキ受講者の方限定のものと、それぞれ用意します。もし、それをご覧になって講座に参加したいからカウンセリングを受けるとか、レイキを受講するとか、そういう動機はすごく歓迎なので遠慮なくお運びください。

カウンセリングに来られる方で、時々「さほど悩みはないのですが‥」と切り出される方がいらっしゃいますが、悩みがなくて素晴らしいじゃないですか。そういう場合でも、よりよい人生を生きるための方法をたくさんお伝えします。お任せいただければ1時間一方的にお話させていただきます。何にも知らない初対面の人に、どこからそんなに情報が降りてくるのか?とみなさんびっくりされますが、これが仕事なのです。お役に立てましたらこの上ない光栄です。
image

壊れてしまった絆についてのご相談

壊れてしまった絆についてのご相談がすごくたくさんあります。

別離、離婚、不仲。理由は様々。関係性も様々。夫婦、親子、仕事仲間、友人、ソウルメイト。

直面している本人と周囲の人たちはとても大変です。人生って学びだ、修行だといいますが、だとしたらこんなに過酷な試練がどうして必要なのか?と神様にクレームを入れたいぐらい、辛い厳しい局面に遭遇される方もたくさんいます。

心が張り裂けそうになる、抜け殻のようになってしまう、もうなんの希望も持てなくなる、明日が不安でとても辛い、過去を振り返って後悔ばかりしている、こんなに努力したのにあまりにも切なくて辛い結果になって残念で悲しくてどうしようもない、、、

言葉にしきれないほどたくさんの不安、絶望、悲しみ、喪失感と向き合ってきました。
私には支える力は何もないけれど、ただ確信していることが一つだけあります。

それは、私たちは孤立無援ではないということ。

いつも大切に見守られている。そして無限といっていいほどの成長と気づきのチャンスを受け取っています。

辛い試練には必ず隠された意味があります。その意味を紐解く智恵を神様は私たちに与えてくれます。理解できれば救われることがたくさんあるのです。

それからもう一つ、是非皆さんにわかっていただきたいことがあります。

それは私たちの人生は、私たちが想像している以上に深遠でスケールが大きく、そして終わりがないということです。

もちろんこの人生は一度きりです。でも、私たちは生まれる前にも存在していました。
そして、この人生を閉じてもなお、存在し続けるのです。

だから、今の学びにフォーカスしてステップアップするチャンスをつかめれば、試練は必ず糧と為すことができます。

すごく苦しくて辛い思いをしたのなら、元を取って取り返して欲しいんです。そして、神様の深い愛と思いやりに気づいていただきたいのです。

全力でお手伝いしていきます。どんなに人に言えないお話でも、大切に、きちんと受け止めますから、安心していらしてください。

事前にご相談内容をお伺いしていないのも覚悟しているからです。絶対に逃げない。しっかり受け止める、と。
image

文月四日の雑記:夏もそろそろ過ぎていく日(たまにはIT関係の雑談)

雑記は、時系列で、その日のタイミングで感じたことや、さほど重要ではないことを書きなぐっている感じです。もっとも、自分にとってはさほど重要ではなくても、どこかで誰かのために何か参考になればいいな、との思いをこめています。実に不定期更新で、気まぐれですがどうか気長におつきあいください。

私はブログという名前が世間に知れ渡るずっと前から「それらしきもの」を書いてました。インターネット黎明期の経緯も詳しく知っているし、常にどっぷり浸ってきています。が、ずっと前からあるように思うけれど、実はとっても新しいメディアです。スマホだって、すっかり定着しているけれど10年前にはスマホという言葉も当然なく、画面を触って操作するなんて一部のマニアしか飛びつかなかったんですから。

でも人は便利を体験すると、そこから先、もう手放せなくなります。

そして、その便利さの根幹にインターネットがあります。全てこのインフラありき、その上で世界は大きく動いて変化しているわけです。お金というものが使われるようになって経済が発展したわけですが、今となってはお金が存在しない時代のことを誰も意識しません。インターネットも「ネット」と略されるようになり、検索も誰でもできるようになった。そのこと自体がすでに「革命的」なのですが。誰も革命だとは思っていないところが時代の流れというものなのでしょう。

私は「ネット」は最終的には不要になると思っていて、早くそうならないかなぁと期待しています(次元上昇すればいらなくなるから)。ただ、一度はネットが地球上の全てを結びつける段階に到達するのも必至なので、今はそこに至ることと、更に時代が成熟することを見守っている感じでしょうか。

ネットが普及するのをずっとずっと心待ちにして生きてきました。そして、しっかり定着したところで、使いこなすのは容易ではないなぁと改めて痛感。まだまだネットを使うことに人類は慣れていない。便利だから依存してしまう。そして振り回される。

今日もかなりネットが遅くなっていました。「遅い」ことの意味をピンとこない方は、いつもスムーズみられる動画がすぐ見れない」とか、メールの返信が遅いとか、サイトの表示が遅いとか、そんな感じです。待たされるとそこで立ち止まってしまう。そんなこともあるさ、と受け流せなくなっているんです。

スマホを手にうつむいて歩いている人もいて、結構危ないです。交差点の途中で立ち止まりそうになっている歩行者もいます。ネットが止まって、そこで立ち止まって事故に合わないように注意していただきたいです。

ネットは遅くなることもあるし、止まることもある。そもそも停電で充電できなくなったらネットに繋げられない。パソコンやスマホは故障することもあるし、紛失するリスクだってある。

便利すぎるから、使えなくなった時のリスクを考えないで、どんどん使いこんでいく。もし消失したらどんなに大変か、想定しきれない。

以前、遺品のスマホに保存されている写真を見れないかという相談を受けたことがあります。今、誰でもそれなりにスマホで写真を撮ったりしますから多分何か残っているだろうと思われましたが、残念ながら本人が亡くなってしまうとスマホの中を見るのはとても難しいんです。

今時、誰もフィルムカメラを使わないから、昔みたいに遺品整理で大量の写真とネガと格闘する必要もなくなってしまった。でも、万が一の時、大切な思い出を遺族の手元に残せないかもしれない。

この10年、時代は大きく変わりました。でも、こんなものじゃない。まだまだこれから劇的にどんどん変わっていくでしょう。良くなっていくものもたくさんあるはず。でも、ますます不慣れで振り回される人も増えるかもしれませんね。

時代の変化がとても早いけれど、新しい技術を使いこなせなくてもいいから、少しずつ慣れるのが一番じゃないかなと、個人的には思っています。

さて、秋は恒例のiPhoneの新機種発表があります。また更に進化するらしいです。技術の進化は止まらない。
image
ちなみに、私は当然ながら10年間iPhoneを使い続けています(笑)。で、落としたり、壊れたりしたら、どうするか。どうもしません。無くしても、壊れても、別に困らないように使っているので。もちろん一時的には不自由するかもしれませんが、もともと携帯電話はほとんど必要としない生活ですし、スマホは万が一の時でも困らないように心がけているので大丈夫です。

とは言ってもね、もし無くしたら必死に探しますが(笑)。

光のメッセージ〜絶望の向こう側の希望

仕事、家庭、そして健康。
一つでも大変なのに、幾つもの問題を抱えて前途多難となればもはや絶望の淵に立たされてしまいます。この十数年でこのサロンには、大変な事情を抱えた方がたくさんお見えになりました。

そんな方にお会いする度、私は祈っているのです。
希望を持ってお帰りいただきたい。それだけを。

私には仕事を見つけてあげることも、家庭の不調を正すことも、歩けない足を立たせることもできません。ほぼ何もしてあげられません。そして何かしてあげられる、という自信もありません。

ただ、この16年でたくさんの方が希望を見出し、絶望の淵から這い上がっていかれる姿を見てきて、みなさんから勇気をいただきました。どんな状況でも救いはあるという事実を見せられ、見えない世界から無限の祝福はいつでも降り注いでいるのだということを確信できるようになりました。

私は無力でとても小さい人間です。皆さんと変わらない、自信もなく、勇気もさほど持てず、臆病で引っ込み思案で神経質で・・(笑)。欠点ならいくらでも書き連ねられる自信はあります。が、人に誇れる何ものも持てない人生です。

ただですね、これだけは頑張りたいと思っていることがあります。

それはいつでもここにいて、みなさんを待ち続けていたい。

いつまで頑張れるかわかりません。が、この命がある限り、できるだけ、ここに居続けたいと思っています。

でもきっとみなさんは私が生きているうちじゃないと、私を見つけられないでしょうから。
是非、私の時間のある時にいらしてください。

いつか来世で、とか、そんなんじゃなくて。できればこの人生でお互いの今の姿形で、お会いできるといいですね。

限りある人生ですが、できるだけここにいて、待ち続けています。

あなたとのご縁をいただけるその日を。

そして、そのように光の使者たちも皆さんがこのサロンに来てくれることを楽しみにしているそうなのです。
会いに来てくださいね。私にではなく、皆さん自身の光の分身に。
image

光のサロンにSt.LIGHT MUSICというサブタイトルがついているわけ

古いファイルを整理していたら10年以上も放置していた過去の作品のスナップ写真が出て来ました。
image

当時は全て手作りで、一回だけ制作して限られた数、お分けしていたのでした。このような作品が結構な数あるのですが、その後は全くご紹介もしておらず、存在すらご存知ない方が今ではほとんどだと思います。

この頃、聖母マリアやキリストのエネルギーが頻繁に降りてくるようで、もしかするとまたそのサイクルが来たのかもしれません。

サロンを作ってからもう16年が経過しました。その間、毎年同じことをしていたわけではなく、時期によっては作品作りの比重が多かったり、瞑想などのワークショップが多かったり、非常に変化に富んでいます。それぐらい活動の幅が広がりましたが、全て一人でやっていますので、何かに集中すればその他のことが全くできなくなります。
image
実際、これらの音楽作品は収録時間もそれなりで、普通のCDと同じぐらいのボリュームがありますし、それに光の世界から降りて来たメッセージも付いています。なぜ全て手作りかというと、受け取るかたお一人ずつに祈りを込めてお届けしているので、どうしてもわずかな数しか作れなかったのです。

あれから10年以上経過して、また制作する流れが来たのかもしれません。だとしても前回と同様、ほんの限られた数しか作れないかもしれません。もしそうだとして。さらに次回(さらに十数年後?)はあるのだろうか?と考えた時、そこまでは年齢的に厳しいだろうと思います。

何事も一期一会と言います。それは私にとって、ではなく皆さんにとっての機会が決して多くはなく、ほんの限られたタイミングでしか、私を通してこれらのエネルイギーに接触できないのかもしれません。

こういう仕組みをどのように説明して良いのか、未だ言葉を持ちません。私がこれまで受け取ったものの全貌はまだ誰にもお話ししたことがないです。本質はエネルギーですから言葉に表しようもなく‥。

私の人生は運命的な役割を担っていて、これらの「降りてくるいろいろなもの」をお分けするのが使命の一つ。これから第2週目のサイクルに入るような気がします。この十数年やって来たことを、改めてもう一周、回すことになるのかもしれません。だとすれば、10年以上、封印していた作品を再び、お分けできるかもしれません。

そして全く情報を公開していませんがほんの数人にしかお伝えできなかった光の技法のエネルギーを再び伝授できるかもしれません。すこし前に更に新たなシンボルが降りてきて使い始めていますが聖母マリアの癒しの波動で満たされ、素晴らしく心が穏やかになります。

私自身は毎日ノンストップでフル回転です。タイミングはみなさんの側で精一杯、合わせていただくと最善のタイミングとなりやすいでしょう。

私の人生も先が見えるぐらい後半の半ばぐらいまで来てしまいました。みなさんの方からのあと一歩の歩み寄っていただける勇気を持っていただけますよう祈っています。
image

〜St.LIGHT MUSIC〜
天からもたらされた音色を通して聖なる光がみなさんの未来を照らし続けますように

Angel Message〜いちばん大切なもの

木漏れ日を見ていたら、そらの天使たちのささやきが聞こえた

 神様は、あなたをいつも大切に思っているの。
 あなたのことが一番、愛しいの。

 だから、あなたも自分のことを一番にしてください。
 そうすれば、あなたの中に神様の愛が満ちて、無限に溢れ出すようになりますから。
 愛されていることを受け入れるだけでいいのですよ。
 それがこの世に生きている時のたった一つの学び。

私たちは自分のルーツをしらない。
自分がどこからきて、なんのために生きているのかがわからない。
自分の願いが、本当に願っていることなのか、思い込んでいるだけなのかすら気づかない。

一生懸命に生きていれば報われるって思い込んでいる。
誰のために、なんのために頑張るのか、わからなくなってしまう。
疲れて、倒れて、もう立ち上がれなくなってしまう。
それが、本当に望んでいることなの?
もう立ち上がれなくなるまで疲れ果てることが、のぞみなの?

そうじゃないはず。

あなたには、もっとあなたらしい生き方がきっとある。
でもどうすればそれが見つかるかわからない。
探せば探すほど迷うようにこの人生はできている。
さまよい続けるのが人生と思い込んでいる。
道は自分で切り開くもの、頑張っていればきっとゴールにたどりつく、と信じきっている。

私たちの人生は全て神様の手のひらの上。
どんなに辛くても、苦しくても、それは神様だって全て知っている。
だから、もうこれ以上がんばれない、と思ったら苦しまなくていい。
愛をたくさん吸いたくなったら、天を仰いで愛を求めればいい。

いつでもそこに光はある。
あなたはいつも光の愛で包まれている。

あるがままであなたは愛されている。
最初から、愛されていた。

あなたがこの宇宙で生まれた瞬間から、あなたは神様のいちばん大切な宝物。
あなたのことが神様は本当に愛おしくて仕方がない。

努力もしたいだけすればいい。
苦悩も絶望も限界まで味わってもいい。
罪悪感も劣等感も、ギリギリまで体験してもいい。

でも、疲れきってしまう前に、光の世界へおかえり。
そして、神様の手の中で生まれた時の「あなた」に戻るのです。
あなたが「のぞめば」神様はいつでもその道へと導いてくれるのですから。

神様のいちばん大切なあなたへ 〜 愛をこめて

image

見えない世界の天使たち

心に雨が降る日は、悲しみを希望に変える準備の日。

心に雷が落ちる日は、優しくなるためのお掃除の日

心に嵐が吹き荒れる日は、試練を乗り越えたお祝いがやってくる兆し。

心がつめたく沈む日は、誰かがあなたのために祈りを捧げる日。

明日、あなたの心がきっと晴れますように。
優しい笑顔になれますように。
そして、幸せになれますように。

風も雷も嵐も、みんなあなたの応援団。
雲の上からたくさんの天使たちがあなたのために祈っています。
見えないところから、いつもあなたの幸せを願っています。
image

お互いの溝は必ず埋められる

家族や友人、仲間たちに腹を立ててしまった。責めたり、憎んだりしてしまった。

そんな時に自責の念にかられて苦しくなるものです。

誰かに強い感情をぶつけてしまうと、その余韻でお互いに重苦しい日々が続きます。時には何年もひきづってしまうこともあります。

誰かとの関係性に深い溝ができてしまった時にどうするか。

まず、自分を責めるのをやめることです。後悔することをやめることです。自分の犯した罪を自分で断じないことです。
そして、自分をいたわりましょう。疲れているなら休みましょう。心がすさんでいるなら癒しを求めましょう。それでも苦しいなら救いを求めましょう。そうやってまず自分をいたわり、自分に優しくするんです。

それから、お互いの溝を埋める努力を始めましょう。努力といっても難しいことではありません。自分をいたわり、自分に優しくしたのと同じように相手にもしてあげることです。そうすることで時を経て必ず溝は埋まり、関係は修復されるでしょう。
image

水無月二十一日の雑記:優しさの原動力

夏休み真っ只中です。どうか水の事故には十分、気をつけてくださいね。

森の中で思いっきりほっぺたを膨らませているリスに遭遇。どれだけ貯めこむのか。当然、一冬を越せるだけ。準備が早いですね。

生き抜くのに必要な栄養を貯めこむ術は自然の生き物の方が上手かもしれません。

私たしは文明の中で暮らしているので、あまり季節感もなく、自然と不調和なサイクルで暮らしています。野生の生き物のように冬を越すことだけが目的で日々を暮らしてはいないし、精神的に消耗することがとても多い。私たちに見合った補給をする必要が大いにありますね。

人に優しく接したい。

そう思っても簡単にできないものです。順番を逆にしましょう。

まず自分が優しさに触れる。十分に貯めこむ。これでもか、というぐらいまだまだ貯めこむ。そこまでいけば優しさが自然に溢れてきます。そうすればあとは好循環になるでしょう。

どんな優しさに触れたら最も効率よく充電できるのか。それぞれにあった方法があります。まず自分に見合う優しさに触れる方法を見つけましょう。そして必要十分と思っても、さらに余るほど充電しましょう。

森に行けばお手本に会えますよ。
image