ピアノも弾くんですか?

このご質問も、よくありますね…。というより、霊能者としての噂をききつけてご来訪になった方は、BGMで流れているピアノが自作自演だと気付く人はほとんどいらっしゃらないようです。音楽家としては気恥ずかしいような、申し訳ないような気がしたりします。でも、ここ1〜2年は音楽家としての活動の比率はほとんどゼロに近いのですから、仕方のないことです。実質、今は両立するのが難しい時期なのですが、いずれ余裕ができたら活動を再開したいとは常々思っています。

ピアニストなので、ピアノはちゃんと弾けます。作編曲もします。ピアノ以外にもキーボードを演奏します。ただし自作自演がほとんどで、クラシックのレパートリーはありません。小さい頃からピアノを習っていたわけではないので、ほとんど我流です。普段はほとんど音楽はききませんが、影響をうけた演奏家、音楽家はもっぱらジャズ系のアーティストが多く、古典〜ジャズ〜ポップスまで幅広く、浅くかじったかな、というところでしょうか。

普段はあまり音楽はききません(疲れるから)。聴いていて疲れない音楽、というとけして自画自賛ではなくて自分の演奏したものぐらいでしょうか。

自分のスタイルで演奏をし始めてから今に至るまで、音楽家としてのモチベーションを維持してこれたのは、お手本にしてきたピアニストがいたからです。その人はウォン・ウィンツァンさん。今ではとても親しく交流させてもらっています。瞑想仲間でもあり、音楽に限らず哲学から雑学まで幅広く知的な交流が楽しい方です。彼は写真家でもあるので絵心を勉強させてもらっています。

演奏家として活動をはじめてしばらくしてから「音霊(おとだま)」という方向性を打ち出して曲を作っていました(今は休止しています)。その時は自分でもなにをやっているのかよくわからなかったのですが、非常に評価してくださった方がいました。今となってはとても有名な人になってしまいましたが、小説家の田口ランディさん。縁があって彼女の為につくった音霊をすごく気にいってくれてNHKラジオでオンエアしてくれたこともあります。その後、小説の題材にもとりあげてもらったり、自分のつくった音霊をずいぶん可愛がってもらいました。

「音霊」は魂の本質にひびくものだと思います。受け取った人には、とても深い意味があるようです。作るのはとても骨がおれるので最近はすっかりやめてしまいました。再開するかもしれませんが、今はその余裕がとてもありません。

どんなふうにみえるのですか?

よくお尋ねいただくご質問で一番おおいのがこれでしょうか。実際は、さほど頻繁に尋ねられるわけではありません。皆さん、ご自身の問題でいっぱいになっているわけですから、このご質問はある程度おなじみになった方から、何度目かの時帰り際にいただくものです。

自分の感覚の内側にあるものを言葉にするのは非常に難しいし、誤解されるかもしれませんが…。あえて怖れずに簡単に表現してみます。

前世の情報は「映像」で届きます。映画をみるように次々に様々なシーンのダイジェストで、断片的に流れてきます。時に、音や匂いや温度感、それにともなって本人や関係する相手の感情が伝わってくることもあります。最初は早送りのようにどんどん流れいくので、ある一点に意識をむけるとそこが次第にクローズアップされ、より細部がみえてくるという感じでしょうか。どの映像(情報)にフォーカスするかは、辞書をひくときの感覚に似ています。ひきたい単語の見出しをみつけ、そこからぱらぱらとめくって目指すページにたどりつく。情報が不足であれば関連するキーワードをつぎつぎにひいていく。

人間関係の調和については、年月をかけてあみだした独自のホログラムに投影します。無限にひろがる時空のカオスのなかに、光を投じる。そうすると様々な模様が浮上します。それらの光と影が無限にあみだす不定極まるこんがらがった情報=波動=エネルギーを、実体あるものに変換する為にいくつものプリズムを通してみます。さまざまな形のプリズムをとっかえひっかえ用いているうちに、非常にシンプルに象徴的な図形がうかびあがってくるのです。その図形をとらえて、意味を探ります。あとはそれを経験にもとづいて現実の事象にあてはめていくわけです。

過去から現在、そして現在から未来への流れも同様に読み取ります。それぞれ用いるホログラムが違います。また、このホログラムは日々、工夫して自分にとって使いやすいものにアレンジしています。最近はかなり道具を使い込んできて、手になじんできましたので、日常的にはさほど新しいホログラムを作ったりしなくて済むようになりましたが、それでも時々、手元のホログラムで読み取れないケースに遭遇すると、その場で新しいものを作り出しています。

このホログラムは、カルテに書き込みます。ですから、私のカルテには「わけのわからない図形」がいっぱい書き込まれています。その図形に、年月であるとか、予見される変化の方向性であるとかが書き加えられるわけです。