今月末開催の「魂のリトリート(Spiritual Summer Retreat2014)」はこんな方におすすめです。

何度か告知の通り、今月末は8月30日、31日の2日間で「魂のリトリート」、宿泊セミナーを開催します。

自分にとってどんな意義があるのかな?と思っている方もいらっしゃると思うので、少し具体的にこのセミナーの方向性について、参加してくださった方にとってのメリットなどを書いてみたいと思います。

それぞれの霊性がどんな個性を持っているのか、多くの方は気づけていなかったり、あまり深く感じ取れていなかったりするものです。それぐらいこの現実の世界ではとらわれたり、流されたりしやすいものです。

でもアートを通して自由な表現する時、私たちの霊性はとても活性化します。アートというのは、自由気ままな表現、ということです。
お弁当を作るお母さんなら、ふと思い立って海苔をきざんて顔を書いてみたくなったりします。そんな時はとても気分が高揚してうきうきするものです。
年賀状を手書きする人なら、いったん書き出してしまうとどんどん楽しくて没頭してしまいます。
唄がすきな人は、唄っていると至福感に満たされて充実感を味わいます。

誰にでも自由な気分で気ままに過ごしている時の高揚感というのがあります。そんな時に霊性はすごく元気になっています。現実のとらわれも薄まり、なにかできそうな気がしています。

でも、数分後には我にかえって、こんなことをしている場合じゃない、やることをやらなきゃ…と現実モードに戻ってしまう。
このギャップが大きければ大きいほど、霊性とのつながりは弱くなり、現実に翻弄されている感覚が増してしまいます。

このセミナーでは、参加者それぞれの霊性がどんな個性を持っているのかをできるだけ感じ取っていただこうと思っています。
合宿の参加者の為だけのプログラムのなかに「ひとりひとりの霊性」をわたしが感じ取ってあげて、それをなんらかの手段でお伝えしていくパートがあります。それはその人に合わせて手段になるので、事前になにをやるかは未定ですが。ある方には「演奏」を通してお伝えしようと思っています。合宿に参加した人だけの演奏会も用意があります。(なにせ2日間、スタジオを借りきっているので…)

この合宿セミナーを通して、参加者は自分の霊性がどんな個性をもっているのかを少しずつ理解できるようになるでしょう。自分の霊性を感じ取ることは人生を「たしかに自分らしく生きている」と感じる為の必須のエッセンスとなります。人に流されず、自然体で、柔軟に、充実した人生をおくれるようになります。

少人数の合宿という形だからできることです。

これは日常のストレスを解放する為だけのセミナーではありません。単なる音楽会でもありません。

皆さんの人生が、より充実したものになる可能性を飛躍的に高められる素敵な機会となるでしょう。

いかがですか。どなたでもご参加いただけます。お気軽にどうぞ。
(尚、定員まではまだまだ余裕があります。)

魂のリトリート(Spiritual Summer Retreat2014)開催について

以下の専用サイトにて告知の通りですが、きたる8月30日、31日の2日間で「魂のリトリート」と題した2日間の宿泊セミナーを開催します。
http://light.st/retreat2014/

あらためてこの2日間のイベントがどのような意味をもつのかご案内させてください(少し長いです)。

毎年のように宿泊セミナーを開催してきましたが、今回のように「魂のリトリート」を前面に押し出したことはほとんどありませんでした。これまではどちらかというと若干、修行の気配をかもしだしていたかもしれません。しっかり学びましょう、メッセージを受け取りましょう、自分と向きあいましょう…etc。表現は様々ですが、どこかしらがんばりましょう、という空気がありました。

しかし今回はリトリートつまり「休息の時」を過ごしていただきたい、ということを打ち出しています。

スピリチュアルな生き方、というのはすなわち「自分の霊性と精神性が一体となった生き方」でもあります。皆さんは自分の精神がどんなものかよくご存知だと思います。そのなかにどっぷり浸って日々考え、選択し、行動しているのですから。ですが、ご自分の霊性ってどんなものだろう?と考えてみたことはありますか?

スピリチュアルな考え方においては、霊性こそが本当の自分なのです。それは現実を超越した自分。隠れた自分の本質。言い方はいろいろですが要するに「この世のあらゆる常識や倫理観にとらわれない独自の意識」が霊性であるともいえます。

霊性は非常に個性的な表情を持っていて、自由な表現を極めようとしています。霊性は皆さんの人生を独自なものにすべく日々、方向を定め、選択し、形成しようとします。それに反発するのは私たちの精神性です。

私たちはあまりにも現実に染まり、流されすぎていて、霊性がもつ方向性とかなり乖離して人生を生きています。もし霊性との一体感があれば自由に自分らしく生きている実感が得られます。逆にそれと乖離すればするほど「自分らしくない。充実していない。」と感じるようになります。

皆さんの現実はどうでしょうか。どちらかといえば日々やむをえない選択の連続ではないでしょうか。皆さんの霊性が納得する選択をどれぐらいの割合で、できていると思いますか? 1〜2割ぐらいでしょうか。5割以上でしょうか? 10割という人はまずいないでしょう。5割以上といえる人も多くはないでしょう。ほとんどの方は5割を切っていると考えると思います。なかには1割にも満たない気がするとおっしゃる方もいることでしょう。

皆さんがなんとなく感じる「自分の生き方は霊性と食い違っている度合い」は、実際のそれとさほどはずれてはいないと思います。5割以下と思うなら、おそらくその通りです。するといつも皆さんの意識のなかでは「本当はこういう生き方をしたいわけではない」という感覚が、日常の半分以上を占めていることになります。

是非とも注意して欲しいのですが、霊性に反する「自分らしくない生き方」はけっこうなストレスになります。それが日々、積み重なっていくと年齢を重ねるにつれてさまざまな疾患を発症しやすくなります。体の部位でいえば首の周辺にストレスが溜まりやすくなります。人間の体にとっては頚椎のあたりは重要な場所なので、大切にしていかないと晩年で頭部全体に関わる様々な症状が懸念されます。誰しも老いるものです。健康ならばまだしも、物覚えが悪くなっていくと、少しずつ将来の自分が心配になってしまいますよね。

霊性と精神性の乖離は、肉体にもそれなりのストレスの蓄積となります。できるだけ早い時期に、そのストレスを軽減する手段をこうじておいていただきたいと思うのです。

皆さんの精神性の大きな要素に「プライド」があります。皆さんのプライドは、健康を損ねてしまうと折れてしまうかもしれません。他人に迷惑をかけたくない、できるならばなにか自分が成し遂げた功績を生きた証として残したい。これは誰もがもっているプライドです。でも、健康を損ねてしまうとせっかく積み上げたプライドも水の泡になりかねないのです。

皆さんは自分の未来に自信がありますか? しっかりバランスよく自立して人生を終えることができる、そういう自信です。「あります!」と大きな声でいえる人は多くはないことでしょう。かくいうわたし自身も「微妙だな、五分五分かな?」ぐらいの気持ちです。ですから、皆さんと共に、リトリートの時を過ごす機会を作ってみたのです。わたし自身の為に。そして皆さんの未来の為に。

どうぞお集まりください。定員までまだまだ余裕がありますよ!

もし、このリトリートについてのご質問がある方はどんなことでも遠慮なくお気軽にメールを送ってください。
ご連絡、お申込みお待ちしてます!

光のサロン事務局 笹川
問い合わせ先: office@light.st

今日の徒然:スピリチュアルなレッスンも様々

お子さんがいる方のレッスンでよくやるのが子宮で感じましょう、というワーク。
これをすると、頭を使うことなくお子さんの身体をつくっている細胞とエネルギーがつながりやすくなります。細胞とエネルギーがつながる、ってどういうことかというと、自分の身体感覚を通してほとんどの情報が伝わってくる、ということです。もともとはひとつだったわけですからお子さんが産まれた後もイメージをキープしていくといいんです。

これが完成されると、子供が小さいうちは言葉がうまく使えなくても、なにをして欲しいのかを感じ取ることができます。成長したら、身体はなにを欲しているのか言葉に惑わされずに理解してあげられる。大人になったら甘えることを我慢するようになってしまうけれど、体調に合わせて絶妙な塩加減のおむすびを握ってあげられる。そういうお母さんって素敵だと思うんです。そうすると、子供も自分の身体になにが必要かを母親の行動を通して理解できるので、ひとりだちしても自分の健康を守れるわけです。ちょっと風邪気味だからお腹を冷やさないようにして早めに休もうとか。当たり前にやっていれば防げるはずの病気も、そういう感覚を身につけていないとうっかりしてしまいます。

そもそもこういうワークはスピリチュアル?のジャンルなのかどうか。どこかの雑誌に載っていそうですよね。

エンジェルカードのティーチングセミナー

セラピストを養成しないとバランスが悪いよね、ということで。
こちらは、エンジェルカードを使ったセッションを行うスキルを身につけたい方向けのティーチングコース、概要です。最終的にはこのティーチングコースを指導できるマスターズレッスンも用意します。受講資格は敷居が高いので、追って対象者の方にご案内したいと思います。


セラピストとして活動をしている方を対象に、エンジェルカードによるセッションの組立方を指導するセミナーコースを用意しました。

=概要=
<エンジェルカード・ティーチングセミナー>
エンジェルカードによるセッションを始めたい方、はじめてまもない方が対象。
クライアントに対して、カードを通して30分程度のセッションを組み立てるスキルを身につけます。
◎初級(対象:レイキ・レベル3以上)
2種類のカードを使ったセッションを実習します。
エネルギーワーク、誘導瞑想も含まれます。
※レイキによる瞑想や遠隔レイキの経験値がある方が望ましいです。

◎中級(対象:レイキ・ティーチャー以上)
4種類+選択2種類、計6種類のカードを使ったセッションを実習します。
複数のカードを自在に使い分けられるセッションが可能になり60分程度のセッションを組み立てられます。
守護天使がもつエネルギーを感じ分けられるようになることを目指します。

<エンジェルカード・マスターズレッスン>
◎マスターズレッスン(対象:レイキマスター)
ティーチングセミナーを指導できるマスターを養成します。
守護天使とのチャネリング方法を習得します。

※各コース共に修了書発行します。


追記。

※開催日程は未定です。参加用件をみたす人が一定以上になった時期に自動的に開催できるようになると想定しています。

※参加用件について:レイキの修了段階を明示していますが目安としては分かりやすいのですが、かえって誤解をまねくおそれもあります。本質的には当サロンでのトレーニング時間が一定の水準以上に達していることです。レベル3だと40時間ぐらいは勉強に来てもらっている計算です。それぐらい指導をしていると、こちらもスキルが読めるので参加用件を満たしているかどうか判断が容易です。他のサロンから転入する方は現在の段階に関係なく、当サロンではゼロからとなります。40時間は大変ですが積み重ねていけばさほど年月はかかりませんし、ご本人の要望次第で柔軟に対応する用意はありますのでひとまず個人セッションの際にご相談ください(メールで対応できることではないので)。

※当サロンでレイキ・レベル3以上修了の方へ:初級の受講条件はほとんどの方はクリアしていますので受講していただけます。ティーチングセミナーにすすむまでに、何度か通常のワークショップに参加していただければ「なにを学ぶのか」が理解できますので、是非出席してください。

エンジェルカード・ワークショップ

4月、新しい季節の学び。最初の提案は天使のメッセージを受け取ろう、なんてのはどうですか。
エンジェルカードのワークショップを開こうと思います。
参加していただくにあたり、準備が必要なので事前に希望者を募る形にします。
参加希望者はひとまず連絡してください。

レイキセミナーもそうなのですが、日程がすぐ組める方とそうでない方がいらっしゃいます。ひとまず土日で開催の確率が高いのですが、人数が揃えば平日でも調整します。

準備といってもカードを手にいれていただくだけです。カードは指定があります。すでにお持ちの方は準備は必要ありませんね。価格も高くはないです。

参加資格は一度でもご来訪いただいた事がある方であればOKにします。

#レイキMLには告知しました。未登録の方は直接メールで問い合わせてください。概要お知らせします。今月中に最初のクラスが日程組めるといいですね。

#空メール問い合わせシステムで概要がわかるようにしました。
以下のアドレスにタイトルに「Angel」といれて空メールを送ってください。
メールアドレスは、「ykアットマークlight.st」です(アットマークを@に置き換えてください)。
(タイトルをいれないで空メールを送ると予約の空き状況が送られてきます)

11から12へ

今年のパワーストーン講座が今日で最終回。初級、中級の2つのクラスを数年間にわたって開講してきた。なにか今年は節目にしたい、という思いがあり今後の予定を一旦白紙にしました。初級は今年前半で終わり、今回は中級の最後のクラスの講座が続いていましたが本日、ついに4回目が終了。くしくも今日は光のサロン10年の最後の日。2001年の12月12日が仕事始めでしたから・・・。このサロンのカレンダーは12月12日にはじまり12月11日で終わるのです。

DSCF3619
いろいろなことがあった10年でした。たくさん勉強もしたし、試行錯誤もしました。時間はいくらでもあると思っていましたが、けしてそんなことはないのだということをこの1年ではっきり悟りました。残された人生をどこにどれぐらいの比重をおくのか、今判断を迫られています。

パワーストーンを教えることは自分の可能性のほんの一部でしかありません。もう十分な数の人に教えたので、あとはそこから芽が出ていくことを見守るのもよし、もっと先のクラスを立ち上げるのもいいかも。一から同じことを繰り返すことはもうできないでしょう。その代わりにこれからの自分に託された役割をしっかりまっとうしていく所存です!

レイキの新しいコース

かなり前から考えていたのですが、公にして指導を始めることにしました。
レイキに光のサロン独自のコースを新設します。

「レイキ・メディテーション・メソッド」です。

カリキュラムも概要はできています。具体的な講習の開始についてはもう少しお待ちいただきたいのですが、基本的に「個人レッスン」にしようと思っています。メディテーションですから…。

このコースは、マスターコースまで設けて、修了した方が指導できるようにします。

※当面、既存のレイキ各レベル修了した人の編入体制をどうするか、整理していかなければならないかと思います。ご新規の方(レイキを初めて学ぶ方)がこのコースに入門する分には、対応は素早いです。ある程度の段階まで進んでいる方については、メディテーションの進度を確認させていただき、どのレベルからスタートするか見極めさせていただく事になるでしょう。興味有る方はメールでの対応は難しいのでセミナーなどでお会いした時にでも、声をかけてください。ご新規の方は告知をお待ちください。

本日の瞑想セミナー

本日は特別な瞑想のレッスン。
レイキの技法をベースにしていますが、まったく独自の新しい方法を実践しました。それでいて、しっかりとレイキの原点とも調和している。こういった発展、アレンジを自分ではけして単なる我流とは思っていません。きっとレイキはこのように自然に広がっていく指向性をそれ自体が元々内在しているのだろう、そう理解しています。
自然界の形態はフラクタル理論で描くことができる。シンプルな関数で自然の風景を描いてみると、驚くほど「実際にどこかにありそうな」映像が出来上がるのです。葉、樹木、山、海岸線・・・。小さな原理が、どこまでも大きく広がっていく可能性を秘めている。ところが、どこまで拡大発展しても、根源がシンプルであればあるほどけして破綻しないで全体としては調和している。それが自然のなかにある神秘でしょう。科学ではよく「サムシンググレート」と呼ばれる概念です。一般の私たちは簡単に創造主という言葉を使いますが、できるだけ科学的でありたいものです。
レイキはサムシンググレートのひとつ。実に不思議な現象、原理、エネルギーだと思いますよ。でもきっとシンプルな原理がそこに秘められていることでしょう。密教に関連づける方もいますが、その必要はないと思います。シンプルに、ただシンプルに実践していけばちゃんとレイキの真髄にはたどりつけるはず。

今日は独自のシンボル(とはいっても、レイキの原点にぴったりの素晴らしいものです!)も用いて瞑想の仕上げを実践しました。チャクラバランスもパーフェクトに整った感じです。非常にレベルの高いレッスンが実現しました。最後の最後に、素晴らしいお土産も届きました。特別なエネルギーを皆が授かりました。参加者の勉強意欲に神様が応えてくださったんでしょうね。熱心な生徒さんに囲まれて、私は幸せでした。

このトレーニングコースはまだ正式なメニューにはありません。でもリクエストがあればどんどん開講しますよ(もっとも、レイキ修了者の方が対象となります)。

レイキMLでも、追っていろいろ情報を告知していこうと思いますので未登録の方は是非、登録しておいてくださいね。

パワーストーン講座

今、初級のクラス編成中です。
公募はしていません。お申込み、告知はレイキ修了者が対象の連絡網で行っています。

ここ最近、開催をさぼっていたものですから今回は参加希望者がずいぶん多いです。3クラスぐらいになってしまうかもしれません。日程調整が大変です。

この初級講座の内容は大変に濃く、またヒーリングやカウンセリングにも応用がききます。将来的にはブレスレットも自由自在にデザインできるようになります(中級)。絶対に作れるようになります。ただ、それなりにトレーニングを積む必要はありますが。

オーラバランスを鑑定して自由自在にパワーストーンを組み合わせてアクセサリーを作る。これは本当に誰にでもできるようになるのです。もう随分、卒業生もいます。皆、ブレスレットをつくって周囲の人にとても喜ばれているようですよ。

先日のカウンセラー養成講座

毎回、前回なにを話したかをあまり覚えていない。
一連の流れでやっているのだが、守備範囲は無限にあるので月1回ぐらいの単発のセミナーでは、まったく関連がない話題を単発でとりあげても内容がダブる可能性がまったくない。
講座をやるからには、本来なら資料を用意して流れを確認したり、参加者の理解度に合わせたりする必要もでてくるが、教えたいことは無限にある。でも現実には受講する人にとって有益な情報は限られている。その枠組に絞り込んだとしても、やはりなお教えたいことは無限にある・・・というわけで、講座はいつまでたっても終わりそうにないのだが、人それぞれ自分の持ち場というものがあるので、実践で役立ててもらう学びに落とし込むには、どこかで理論や知識と、現実とのクロスオーバーな領域をもつ必要がある。

先日の講座では光と闇をテーマにした。ソウルグループの話題にもなった。また、今という時代の流れ。これからの未来の流れについての預言などもお伝えした。あと、うつ病の診断基準になっているDSMをとりあげて、そこにはみえてこないもう一つの視点を加えてみた。これはなかなか面白いテーマだったと思う。

次回は参加者からの実践的なテーマを提供してもらい、カウンセリング研究会といった様相になりそうだ。