皐月四日の雑記:Pythonが書ければとりあえず生きてはいける

森のグリーンと、空のブルーの対比がとても美しい季節。
北海道はこの時期がとても過ごしやすくていいですね。
サロンは日中は、鳥のさえずりがよく聴こえて、ヒーリング中は森林浴をしているような空気で満ちています。ヒーリングしているほうも心地よくなってしまいます・・・。いえ、けして居眠りはいたしません(笑)

以下、ITのコラムです。ちょっとだけ専門的。

Pythonという言語があります。とても馴染むので、ちょっとだけ仕事で使っています。(Webサイトのデータをバックアップする時に手順をちょっと自動化したのです)
これでも20代前半、昼夜をとわずほとんどプログラミングをしていましたので。ちょっとぐらいならコードを書くこともできます。ほんの少しのスキルがあれば作業をものすごく効率化できる。コンピューターは指示さえ与えれば疲れず間違えず愚痴もこぼさず淡々と作業をこなします。

日本のコンピューターの普及率をみると、スマホやタブレットほど浸透していないというデータがあります。家庭でもそうですし学校でも同様。学校でネットに接続されているコンピューターを使える環境は更に比率が低くなります。プログラミングを学ぶ環境は、やはりスマホやタブレットではなくコンピューター(しかもネットに接続されている)のほうが向いています。環境が整っていないということは、学生(できれば高校まで)のうちになんらかの言語を習得できる機会が少ないといえます。

コンピューターを自由に使いこなせるスキルはできるだけ早い時期に身につけさせたい。キー入力をブラインドタッチでできることもそうですし、インターネットから情報を引き出せたり、さまざまなデータをダウンロードしてきたり、SNSで情報交換ができたり。あとは最低限、英語の資料も読みこなせる能力も高めたい。

ネット環境とコンピューターがあればPythonはすぐ学ぶことができます。
この記事でも言及している日本のコンピューターの普及率のグラフを書くぐらいなら、中学生が夏休みの自由研究でゼロから取り組んでも数日で完成できるでしょう。
Pythonでネットにある無限のデータをダウンロードしてグラフ化できるスキルがあれば、どの企業のどの部署でも仕事をこなせる。もしかしたら肩書ばかりの管理職より初年度からレベルの高い仕事ができるかもしれない。発達しょうがいを持っている子達は、目的が明確であれば集中力を発揮できることがあり、プログラミングが向いているかもしれない。

実際、コンピューターの環境が整っている比率が抜群に高い英国では、一般企業で発達しょうがいを持つ人を積極的に雇用している。日本はなかなか追いつけないかもしれない。

若い子には、ネットに自由に接続できるコンピューターに自由に触れるように環境を整えてあげて欲しい。若いうちにしか身につけられないスキルもある。専門学校や大学に進んでからではちょっと遅いぐらい。まして就職してから研修を受けて、というのではあまりにも遅すぎると思う。

Pythonが書ければとりあえずこれからの時代、食べていけるだけの仕事にありつけるだろう。

※Python=パイソンと読みます。コンピューター言語のひとつ。たくさんある言語のなかで、もっともデータ処理の分野で活用しやすい。一般的な事務処理、統計処理に活用するとすべての仕組みが効率化できるといっても過言ではないほど応用範囲が広い、とても柔軟な言語です。(無数のライブラリを統合できる仕組みも素晴らしい。)

image

葉月十三日:淡々と季節は変わりゆく。森の中で思ったことなど…

今日は森の中をあてもなくぶらぶら。こんなに勉強がはかどる場所はないです。私の人生の学びや気付きの多くが森の中でした。そして大きな方向転換を図る時もやはり森のなかで散策しながら答えを得てきました。今日もたくさん学びと気付きがありました。時代は大きく変わっていくのだなと思います。そして季節はただ淡々と、なにごともなかったのように日々、秋が深まっていきますね。
image

以下、ITの雑記。興味がない方は読み飛ばしてください。
個人的に人工知能に興味があり、これからどこまで発展していくのか楽しみにしています。ロボットが感情を持つ、というとSFの読みすぎ?と思われるでしょう。が、必ず実現しますよ。たったあと一つの科学的なブレークスルーがあれば。それは人間の感情の本質とはなにか?です。科学が進化すれば人間の苦悩をすべて打ち破る可能性があると思っています。今はスピリチュアリズムという宙ぶらりんな学問(?ともいえないけれど)のジャンルでしか議論されないことですが、まもなく科学は人間の本質について議論し、解き明かそうとするようになるでしょう。もっともそれが何世紀後の未来なのかはわかりませんが。

人間の本質がわかれば科学はそれをシミュレーションするでしょう。人間の思考や感情まで模倣し、再現できるようになる。インターフェースが進化すれば、他人の思考や感情まで疑似体験できるようになりますね。そこまで進むと、この3次元世界はそのまま次元が上昇してしまいますね。他者の思考や感情が読み取れるのは4次元世界ですから。そこからさらに神々の思考にまで到達できたらものすごいことになりそうですが…そこまで進化するのは無理かもしれません。

進化といえば、どんどんスマホもパソコンも進化し、まもなくタブレットとパソコンの違いがなくなりますね。我々の生活もスマホ(もしくはタブレット)依存度が年々、高まります。なかなか実現しそうになかったすべてのお金の出入りをスマホ一台で完結させることも、案外早く実現しそうです。スマホに入らない電子マネーやカードは誰も使わなくなります。タブレット経由で使えないサービスは誰も利用しなくなります。となると…スマホやタブレットを使えないと、何もできなくなりますね。

なにも持っていなくてもスマホだけは持っていなければ…というような、なんだか本末転倒のような時代になりつつあります。実際、万が一の時はスマホがあればツイッターで助けを呼べる、ということもありますし。しかし電源の確保と、そもそも電波が使えることが条件。それも使えない万が一の場合は、我々はすべてを失ってしまうかもしれません。こうなると徹底的に進化するか、その前にすべて失うか、博打のような時代になっているような気がします。

そういえば、ホームページもレスポンシブは当然、サーバーもSSL必須の時代に突入します。こうなると個人で仕事をしている我々が適当にホームページを作っても、太刀打ちできない時代ともいえます。それをサポートしてくれる人工知能がオンラインでアドバイスしてくれるようになるのはいつのことか。さほど遠くないような気がします。少なくとも自動運転のタクシーには、もうまもなく乗れるようになるわけですし。

進化する一方で古くなった体の一部を切り捨てていく。これは自然界の生命体が進化のなかで当たり前に行ってきた淘汰です。文明も進化する時、古くなったシステムをどんどん切り捨て、淘汰が起きてしまいます。けして止めることのできない変容ということです。

ITあれこれ:画像の掲載方法をflickr経由に変更

自前でWordpressのブログを書いている人向けの記事です。

今や世界のメジャーなブログシステムとなったWordpress。世に出た頃から愛用している身としては潮流を完全に読み取っていたよね、とご満悦…だったのだけれど。最近は新しい機能を使いこなせていなくて時流をのがしていないか少し心配になってきました。今更ブログのアクセスを増やそうなんて思ってないからいいんですけどね。伝えたい人に伝えたい事が伝わればよしということで。

現在は自前のサーバーと自分で構築したWordpress環境です。ただいずれ自分で管理しきれなくなる日が来るので、少しずつ手間がかからないようにはしておきたい。で、ひとまず画像のアップロード先を自家サーバーではなく外部にしたいということでflickrに切り替えました。

現状では、
・まずiPhoneで撮影して、手動でflickrにアップロード
・Marseditでブログ更新をする際にflickrの画像を選択して記事中に貼り付ける

flickrは日本ではさほどポピュラーではないのですがMarseditが標準でサポートしているので、この流れだと本当に手間いらずで画像をブログに載せられて便利だし、画像サイズを大きめにしてもサーバー容量の圧迫も心配なし。少し気持ちが楽になりました。これからHPも少しずつ手がかからないようにシンプルに整理していきたい。
image

IT徒然:OSをアップデートしました

先日、MacのOSをアップデートしました。近年は最新機種とは縁がないな。旧モデルでも充分に速いし。古いMacでも大切に使う派です。それでもOSをアップデートする度に、もう無理…とマシンが訴えてきます。負荷をかけないように、ひらく画面を少なめにしたり、あまり重い処理をさせないようにしたり、老体をいたわるような使い方をしても、もう限界という時期がきます。

万が一のことがあってはサロンの仕事がとまってしまうので今シーズンは新人のMac君を投入。そして、オールドボーイはいよいよ引退か。少しずつデータを移動したりして準備をしていたところでした。

ところが…OSをアップデートしてみたところ。なんだか、おじいちゃんも元気になった。処理もテキパキしているし、メモリーにも余裕がある。ウィンドウをいつもよりたくさんひらいても、ぜいぜい言わなくなった。急に若返ったよう。

MacOSを10.9にアップデートしたら、こんなふうにかなり古いMacでも結構元気に動くようになりました。これなら、まだしばらく現役でつかってあげられそう。

ところで。
今回のOS(10.9)はメジャーアップデートなのに、無料なんです。たしかにものすごく新しい機能が付加されてはいないのは確かだけれど。OSをアップデートして、こんなに動きが軽くなるなんて、長年Macを使ってきましたが初めてのことです。ハードウェアも進化しまくっているけれど、OSもかなり進化してきたのでしょうね。

世の中をみわたすと、XPサポート終了問題というのがあって、お役所や学校などでつかっているパソコンのOSがアップデートされなくなる。するとセキュリティが保証されないとうことで、ネット接続ができなくなるかもしれない。かといって新しいOSにアップデートするには、かなりの予算がかかってしまう。自治体によっては数千万円、あるいはそれ以上の予算が必要になるのだそうです。セキュリティは大事です。でも、OSのアップデートでどうしてそんなに税金を投入しなければならないのか。無償でアップデートもできてセキュリティも万端、という方法はないのか(個人的には、絶対にあると思っていますが)。私たちの収めた税金を、パソコンの高額なアップデートの為には使ってほしくないです。しかも収める相手はアメリカの某巨大企業。あまるほどお金を持ってる会社に、なぜ私たちの血税を払わなきゃいけないんでしょう。誰かちゃんと考えてほしい。こういうこともきちんとしてくれる知事は北海道にはいないの?自分達次第で知事なんていくらでも変えられるんだという意識を道民全員が持てるようになることが本当に大事。

IT徒然:WordPressはごきげんななめになることがあるよ

なんとなくWordPressの機嫌がわるいな、と感じるここ数日。稼働しているかどうか自動チェックするスクリプトを走らせたら、夜中に警報メールがわんさか届いた。あわててメンテナンス(phpMyAdminで、_optionsテーブルを最適化する)。画面が表示されない状態になったら、これをやらないと復活しない。なぜか、頻度が高いやつ、そうじゃないやつがいる(WordPressを複数、運用しているので)。

それぞれのWordPressに名前をつけたくなるよ。電子データのかたまりのはずなのに、なぜか個性をもって、話しかけてくるような気さえする。季節のかわりめで不調になったり、夜泣きすらする。手のやけるペットを飼ってるのとまったくかわらない。レイキのページを担当しているWordPressは勤勉だが、疲れるとうんともすんとも動かなくなるから、ラブラドールだな。日記ブログ(を担当しているWordPress)は、飄々としていつも冷静だから、SnowLeopardってとこか。

それにしても。データベースの最適化はプラグインで自動実行されているはず。それでも機嫌が悪くなるよね。やっぱり手をかけてあげないとだめってことなのか。こっちの手抜きをやつらはすでに感じ取っているのか…。

コンピューターは、いつか絶対に知性を宿すと思うよ…。なんとなく実現できそうなイメージがあるもの。100年たったら、もういっかい生まれ変わってきて、人口知能をつくるエンジニアをやってみようかな。面白そうだ。

知能をもたせてどうするかって? そりゃ当然、運命鑑定をさせるんですよ。すべてを見ぬく鑑定プログラム…。納品先はもちろん恐山etc..。ああ、おそろしや(笑)。100年後をお楽しみに!

IT徒然:特定サーバーのWordPressが改ざんされているようです(8.31追記あり)

もしかしたらWordPressでブログ(HP)を運用されている方、サーバー運営会社から連絡がきているか、あるいは告知されているかもしれませんので各自、ご確認ください。大規模な改ざんが行われているようです。一応、セキュリティ対策をするようにと告知もされているのですが、技術的に詳しくない方にはわかりにくいようです。特に、あまり詳しくない方の利用者数が多いサーバーがターゲットになってしまったようにみえます。

サーバーを借りて、そこにHPを構築するというスタイルの場合は、こういうリスクがどうしてもつきまといますね。

WordPressのことを誰もしならい時代もあったのですが、こんなに大規模攻撃されるほど有名になったのか、という感慨はどうでもよいことですが、時代はこうしてどんどん変わっていくのだなぁと思います。

ユーザー名にadminを使わないのはもちろんのこと、wp-config.php、.htaccessなどのパーミッション設定、FTPは使わない、login回数制限のプラグイン導入など最低限の対策の他にも、すべてのファイルのバックアップ(それもできれば二重に)を常時、自動的に保存する仕組みの導入などが、とくにビジネスでWordPressを運用している方には必須かと思います。そこまではできてないな、という方はご相談ください。

追記>誤解をまねくといけないのでタイトルを変更しました。該当するサーバーをつかっている方にはすでに通達があったかと思います。WordPressを使っていらっしゃる方は、公式サイトにまとめ情報が載っていますのでご参照ください。

追記2>昨日からのこの出来事にはニュースサイトでも大々的にとりあげられています。少し前に2cnのユーザー情報が流出して、こちらも別な意味で大事件になっています。こういう出来事が増えてきたことの意味も深く考えさせられます。それよりも、さしせまった事態としてサーバーの移転をよぎなくされつつあります。少しずつ準備はしているのですが、いざとなると相当な時間をとられてしまいます。が、万が一にも対岸の火事が飛び火しないうちに、なんとかしたいと思います。

※どうでもいい余談:「該当(がいとう)する…」というところと「かくとうする…」と書きそうになって、単語を探してみたのですがそんな日本語は存在しませんでした。「該当(がいとう)」をなんとなく「かくとう」と、読み替えてない単語を捏造してしまっていたようです。国語の先生には絶対になれないな…。

追記3>どうも最終的な原因はサーバー固有の問題、ということで決着がつきそうな気配です。ついさっきまでWordPressの問題ではないか、という懸念があり警戒していたのですが。ちょっと安心です。これで今日はゆっくり眠れそうです。全国のサーバーエンジニアの皆さん、おつかれさまでした。

追記4(8.31)>WP公式サイトのフォーラムでのディスカッションで、ほぼ原因は分析され尽くした感じ。ひとまず収束といっていいのかな、と思います。WordPressユーザーの方は、これまで通り基本に忠実にセキュリティ対策を実践していくことが最善。あとは信頼できるサーバーを使う。無料や、格安のサーバーについてはこれからは淘汰されていってしまうかもしれませんね。万が一のことがあると失うものが大きすぎるので、それに見合う保険料をしっかり払ってでも管理が万全のサーバーや、サービスを選んでいく方向に、皆の意識が変わっていくと思います。
※技術的なつぶやき:timtumb.phpの問題については心配になったので、手元もサーバーも全ファイルスキャンをして探してみましたが、そもそも存在しなかった。あまり画像関係はこだわってないからなぁ。

IT徒然:MacBookProのメモリー増設でトラブルの顛末

先月、あまりにもデスクのiMacが調子が悪く、仕事に差し支えそうになったのでやむを得ずMacBookProを導入。附属の4GBではメモリーが不足だったので増設することに。で、増設したまではよかったのだけれど、マシンが度々止まってしまう。
9325587445 37701e7a03
しっかりメモリーテストもして問題はない。念のため、二通りのメモリーテストをしてみたけれど、やはり問題なしという結果。ひょっとして本体かもしれないなぁと数日様子をみたけれど、症状(突然、画面が消えてプープープーと警告音が鳴ったりする)からしてもやはりメモリーが怪しい。
しばし悩んで…これはメモリーの初期不良だろうということで交換手続きをした。やっと入れ替えがおわり、様子をみているところだが、今のところは問題なく順調。

念のため、Hardware Testを実行。
9328385226 b41d8f4f1e
(これはMacに標準で備わっている機能で、本体が不調の時など起動してチェックしてみると故障しているかどうか、わかることがあります。普通は起動する必要はないのだけれど、サポートに電話すると試しに実行してみて欲しいと言われることがあるので、まずは試しておきます。)

今日まで何台もMacを買ってきたけれど、何度かこういうことがあったっけ…。最近のパソコンはたしかに故障しにくくなったけれど、ある程度の確率で故障はするし、初期不良もやっぱりあり得る。

パソコンを新規に講習する時、入れ替える時は慌ててはダメだね。本当にいざという時に限って、不具合がでたりするもの。そうならない為にも普段からパソコンはいついかなる時でも、勝手きままにストライキを起こすかもしれない、気まぐれな相棒だと思っていたほうがいい。それで腹を立てても無益だし、まして仕事や楽しみにしていたレジャーが台無しなるとか、そんなことになっては本当につまらない。

パソコンなんて、アテにして人生が成り立つなんて、あまりいいことじゃないよね。と思う一方で、パソコンがない世界ではもう生きていけない現実もあり。この究極の自己矛盾。ま、ケセラセラ(Whatever Will Be, Will Be)でいきましょう。

IT徒然:そんな一日がすべて

日がな一日、すっかり手付かずだったソーシャルネットとの連携の仕組みをあれこれ作っていました。よく考えるとRSSをちゃんと提供していなかった。ひとまずその下準備を。

ツィッターについては、ブログの更新を自動的に投稿するような仕組みを準備。これがうまくいかなくて、ハマってしまいました。延々と試行錯誤のあげく、サーバーの仕様の問題に遭遇。根深かった。違う手段に切り替えて試験運用開始できた。

ブログの記事に、ソーシャルボタンを追加してみた。レイアウトが崩れてしまいスタイルシートを調整するのにかなり手間取ってしまった。

サーバーが少し重くなってきたのではないか、ということでプラグインの負荷状況をチェック。ひとまずは許容範囲かな。でもアクセスが増えたらおそらく限界がきそうなので、高速化する仕組みをいれるか、根本的にサーバーを増強するか、そのタイミングはいつがベストなのか重要検討事項だ。

加えて導入したばかりのMacBookProがメモリーを追加して以来、動作が不安定。ひとまずメモリーを交換してみることに。その手続きでバタバタ…。

スマホの見栄えをいかによくするか、という仕掛けを検討。英語サイトだったので、日本語の少ない情報を探しながらこれもじっくり検討。もっかの最重要検討事項。

でも、こんなの本当に氷山の一角。日々、もっとたくさんのことをしっかり掘り下げて実現していかなければならない。タスクが増える一方で、もうわけがわからなくなってきたのでなにか便利なアプリはないかと物色。その情報を集めるのにまた時間をとられて…。

それなら、とアプリ以前に情報整理術を少し学んでおこう、というわけでamazonで名著といわれる書籍を1クリックしておいた。それをまず読んでからアプリの選定をして、タスクを整理して…

◯仕事がふえる→効率よくこなす為の道具を探す→その道具を上手につかいこなせる為の知恵を得るべく本を探す

これでうまくいきそうな気がする? 問題は…その本をよむ時間が到底、つくれそうにないということなんだよ!

私はいったいなにをやっているのでしょう?

IT徒然:セキュリティ向上の基本(WordPress)

最近、HPの立ちあげのサポートもお仕事の一貫で、関わるようになってきました。そうなると気になるのがセキュリティ。WordPressはCMSなので、管理画面というものがあり、そこから記事を自由に更新できます。それが便利なのですが、そのかわりに、IDとパスワードがばれてしまいと改竄されたり、悪用されたりする危険があります。そこで! まずこれだけは対策しておいて欲しいこと。

1.adminというユーザー名を使わない。
システムの初期設定で、ユーザー名はadminになります。そのまま使っている人もいるかもしれませんが、これだとパスワードが見破られるとアウトなので、一般的な名詞は避けて自分しかしらないユーザー名に変更しましょう。管理者アカウントを追加設定して、adminは削除します。

2.パスワードは強力なものに。
基本的には長い文字列であればよし。

3.それでも、念のため。ログイン時の失敗に制限をもうける。
プラグインで簡単に実現できます。「Limit Login Attempts」というプラグインがおすすめです。これでブルートフォースアタックという、パスワードをつきとめようとする悪意あるアクセスを一応、排除することができます。

一般ユーザーでもすぐに実践できるセキュリティ対策、以上でした。

※次に重要なのはWordPressのバージョンを常時、最新に保つこと。わからない方は、HPを依頼した業者さんに確認してください!とっても大切なことです。(管理画面から自分でも実行できますが、必ずバックアップをとること。バックアップの方法がわからない方は専門家に相談してください。)

今日の徒然:WWDCが終わり新しい流れがみえてきたところ

一昨日は、Appleの発表会を中継でみてしまいました。午前2時開始ですよ…。もちろん途中で寝てしまったのですが、当然ながら翌日は寝不足でした。今回はびっくりするような発表はなかったのですが、それでもいつも新しい時代の幕開けがそこからやってくる感じがして、とてもわくわくします。そんな気分にさせてくれる企業はAppleぐらいじゃないだろうか…と率直に思っているのですが、どうでしょうか。

もっとも、その恩恵に預かれるまでにはまだ数ヶ月待たなければなりません。iPhoneの新しい機能が発表されたけれど、実際に手にできるのは秋頃になりそうですし。

数日前に、所用があって街中を歩いていました。交差点で信号待ち。ふと右隣の人をみると白いiPhone。で、左隣の人をみると、なんと、やっぱり白いiPhoneを持ってました。ちょっと心のなかでふふふっと思ったのでした。いい時代になったなぁ。

現在、国内でのスマホの売上はAppleがトップだそうです(つまりiPhoneが一番、売れている)。昔は、いろいろと癖があって敬遠されることもありましたが、使う人が少ないと困った時にたしかに相談できる人がいなくて大変なんですよね。それに初期のiPhoneはMacを持っていないと使いにくかった。でも、Macもかなり普及したり、PCがなくてもさほど不自由しなくなってきたり。使う人がいっきに増えたりで、ほとんど不自由がなくなってきたようです。でも、他のスマホでできるけどiPhoneでできないことも、やっぱりあるんですよね…。

Macも、この秋にはOSが新しくなって、ますます進化しそうです。もっと使いやすくなる、ということは少しずつですが処理が重くなるということで。古いマシンには荷が重くなりますね。ということで、手元のiMacもまもなく引退せざるを得ないようで…。5年がんばってくれたので、長生きしたほうです。

でも、最新の機種は性能が良すぎるんですよ。半分ぐらいの性能で半額にしてほしいところだけど、そうはいかないか。円安だからちょっと値上がりしちゃいましたしねぇ。買い替えには向かないご時世になってしまいました。古いMacから買い換える方、新規にMacに移行する皆さん、長く使って元をとることにしましょう。