今宵の徒然:つれづれの祈り

眠れない人も多い月夜。妙に青白い月夜・・・。
でも、私達はきっと明日も目覚める。心地良いベッドで眠り、かわいた下着にとりかえ、たとえ明日は明るくないとしても今日の糧はあるし、明日も生きていかねばならない「大義名分」はある。少なくとも年金はもらえる可能性があるし、うまくいけば今年もサンマにもありつけるだろう。
続きを読む →

ポエム:「空の月」

誰もいない小さな部屋で、さしこむ青白い光をみつめる目。
しわくちゃの手、まがった関節。いたむ節々。
さすってくれる人もいない。声をかけてくれる人もいない。

あと何回、満月をみるまで命が続くのか。
生きようともしない、かといって死のうともしない命。

自分がどこからきて、なんの為に孤独死を迎えようとしているのかもわからない。
運命はあまりにも過酷だ。

ここで暮らしている人は皆、必死でいきている。
誰も隣人の生死をたしかめるゆとりなどない。
もはや自分は生きていてもしかたのない存在。

だが、死ねばかろうじてニュースで、孤独死老人の人数に加えられる。
だから、ひとりで死ぬほうがまだ少しは世のためというものだろう。

空の月には、わたしが見えているのか。
しろく霞む空の、青い月を、私は幾百回もみてきた。
終戦の日も知っている。東京オリンピックも、万博も、ビートルズ来日も私は知っている。
さほど大病もせずに生きてこれた。
地道に働いて生きていた。
あまり病院もいかず、薬ものまず、医療費で世間に負担をかけてきたつもりはない。

が、こんなにわびしい末路とわかっていて、歯を食いしばって生きてはこなかったろう。
誰にも看取られずに、この世とさよならするのなら、いっそあの日、津波に飲まれてしまったほうがよかった…
悔いることなどなかった人生だが、今日はさすがに人生がうらめしい。

国にも、町にも、仮設の隣人にもうらみはない。誰のせいでもない。
ただ人生がうらめしい。
ただ、あの青白い月が、遠すぎてわびしい。

お前はおれの余命をしっているのか。
これが最後なのか、あと幾度かお前を見つめる夜を過ごすのか。
お前はおれの心臓が止まる時をみまってもくれるのか。
せめて、おまえだけは、おれのひとりの夜を、みまもってくれるのか。

蒼い月よ・・・

今日の徒然:現実に体験することはすべて自らが引き寄せた結果

こういう言い方をするとおごった表現になるのですごく嫌なのですが。
日々つづっているこれらの文章、メッセージをどう受け止めるのか。すべて読者に委ねています。どう受け止めるのも自由です。受け止めないのも自由です。受け入れる、いれないは好きにしていただいていっこうにかまわないです。という大前提で。

あなたの一日に起きること、そのすべてはあなた自身の意思が引き寄せています。なにを読むのか、そこでなにを感じるのか。あるいはどんな言葉に違和感を覚えるのか。なんでこの人は急にこんなメッセージをアップしてるんだ?わけがわからない、と感じたとしても、それはあなた自身の心がみずから望んで引き寄せた体験です。

私はあなたの鏡です。

※ちなみに当サイトのすべてのコンテンツの引用、転載は絶対お断りですよ。取材も受けません。

創作ドラマ:続・がんばる父さん

がんばる父さんは砂の城で、兵隊さんをやっている。一応、課長さんという刻印のはいった鎧をまとい、後輩よりもちょっとだけ長い槍を持っている。だが、馬には乗れない。馬に乗れるのは役員だけだ。馬のたづなをとったり、毛づくろいをしていた時期もあったが今はそれも後輩達の仕事だ。自分は毎日、くそ重い鎧をまとって、不釣り合いな長〜い槍をただまっすぐに持っている。毎日、まっすぐ保って持っているだけの槍に、なんの意味があるのか? そんなことを父さんは一度も考えたことがなかった。ただ、みんなそうしているから「しょうがない」のだった。
続きを読む →

明日のためにできること。

私が自分を卑下したようなことを書くと悲しい気持ちになる人がいます。そういうことは書かないほうがいいと言ってくださる方もいます。お気遣いはありがたいです。どうもありがとう。本当にありがとう。

でも、私への気遣いは全部ご自分に向けてください。どうかそうしてください。私は、そう願っています。皆さんがもっと自分を愛せるようになれたら。内なる神の愛に気付いてくれたら。この地上のすべての人がそういう意識をもってくれたら、必ず素晴らしい世界が実現する。なぜか私の魂はそのことを生まれた時から知っているのです。信じているというよりもはるかに堅固でゆらがない感覚が私のなかにはなぜかあるのです。だから、私はどうしてもあきらめる、ということができません。信じられないといって投げ出すということができません。できないのだからできない。だから、必ずこうなるというゆらがない未来のビジョンだけが自分の脳裏にあります。

一方で未来はひとつではない、ということもわかっています。真実ということと、真実の手前でゆらいでいる無限の意識達、精神エネルギーの集合体が、大海原に無数にただよっているクラゲのように、たったひとつの真実をおおいかくしてしまうことがあります。でも、真実はたったひとつ。すべては必ず一つに還る。

それを理解しようとするのは無理があります。真実というのは、絶対的なものです。でも、私達の肉体も、心も、非常に不安定で、一瞬の小さな存在です。その小さな小さな砂山の砂の一粒のような器に、ちょこんと収まっているのが、私達の現在の状態。魂はこの小さな器のなかで、なにかを得ようとしてがんばって人生を歩んでいます。魂はそれぞれの経歴をもち、それぞれの環境のなかで産まれ代わり、現在の流れにたどりついている。みんな違うところからやってきて、違う未来に進んでいきます。時に寄り添いあい、支えあう。関わりあい、影響しあい、罵倒しあい、愛しあい、殺しあい、憎みあい、与えあい、許しあい、ひとつになり、別れ、出会い、そしてまた別れます。肉体を失う最後のその日までこれを繰り返します。そして人生を終えた時に、肉体の器をついに離脱し、魂はもとの姿にもどるのです。

そして、天の国にかえり、本来の指導者、仲間たちと再会して、改めて未来へと進みはじめます。

この世での出来事はすべてではなく、それは皆さんの魂が体験する輪廻転生のサイクルの長大な歴史の、ほんのひとつのステージにしか過ぎません。それが終わり、つかの間の休息の後は、またすぐに次のステージがやってきます。皆さんが次のステージにたつ時、そこはどんな環境になっているのでしょうか。この地上の環境を穢したまま人生を終えれば、そのまま来世でそれが再現されてしまいます。残した課題は、すべて来世の宿題になります。

私達は地球人として、皆、地球に負担をかけています。地球に貢献をすることはこの地上で命をいただいた者であるなら、誰ひとり免除されることのない義務です。地球に生きるのなら地球のルールに従わなければなりません。

この星はひとつの生命体。青い星地球は全体でひとつの生き物。人類は知恵をつけすぎた。エネルギーをもてあそびすぎた。地球をどれほど傷つけているか。ガ一匹飛ばず、虫も鳴かない地上の夜、天の星達がどんな思いで今、地球をみつめ心配しているか。

私達はあまりにもぼんやり生きているのではないか。あまりにも、この星にすべきことをし忘れているのではないか。そのことを忘れたままでは、それぞれの未来の転生のサイクルがより良きものになるとは限らない。

星への貢献はすべての生きとし生ける者の義務です。等しく負担すべき公共税のようなもの。

星の為になること、ならないことの判断ができる人はしっかりそれをしてください。まだ判断できない人は、日々学んでください。環境問題、エネルギー問題、経済情勢、外交問題についてよく知ってください。そこここにある矛盾に気付いてください。人類は今、この星に対してなにをしていますか。あなたこそ人類なのです。私達こそ、この星に対して責任ある存在なのです。他の誰でもなく、自分こそが責任を負うべき存在なのです。

私のようなとるにたらない人間に気遣ってくださるなら、どうか青い星さんに気配りをお願いします。どうかどうか、お願いします。未来の子孫たち(すなわち、自分の来世)の人生がかかっているのですから。

今日の徒然:内なる神

おととい、ちょっとしたメッセージを書いて公開してしまいましたが、あれはちょっとまずかった。失敗は誰にでもあるよね。
私も人間、失敗を失敗した、という権利ぐらいあっていいでしょう。自己否定的な事を書くと、気にかける方があるのはわかります。でも、ここは日本、民主国家(一応・・・)、私がこと自分に関してどう表現しようと私の自由はあると思っています。それに対して皆さんがなにをどう思うのも、もちろん自由ですよね。お互いに自由意思で接点をもつ、それでいいと思います。しかも私は基本的に、一方通行で勝手気ままに書いています。リアクションは欲しい気もするんだけど、これに関してはいつも微妙にゆらいでます。リアクション欲しかったらコメントをオープンにしたらいい。でもブログの仕組みは便利だから使うけれど、最善だと思っていません。炎上とかまっぴらなのでソーシャルメディアにはいつも警戒感ばかり。できれば会員制のサイトにしたいぐらい。でも、それだけの手間もかけられないし、技術もないので。それに閉鎖的になりすぎても息苦しいし。あ〜なんて自分って面倒くさいの! といつも思っています。そんなんだから、だらだら書いている事関しては適当に受け流してね。

もし、私なんかのブログに皆さんにとって有益な記事、有効な文章があればどうぞ糧にしてください。もし、そうでないなら読み捨ててください。それはメディアすべてに対して同じ姿勢を持っていくべきだと思います。私は神様じゃない。ただのおじさん。臭いおならもします。加齢臭はあまりしていないはず、と自分では思っているのだけれど、実際はわからない。けっこうしているのかもしれない。天使だったら加齢臭はないと思うし…。いろいろな文章を書き捨てている。やまのような砂のなかにもしかすると、ガラスのかけらがあって光ってみえることがあるかも。もしかするとそれがあなたにとってクリスタルの美しい結晶のように見えるのなら、それは「私からのギフト」ではなくて「あなたのガイドからのギフト」なんです。私はほとんど空っぽの人間だし、ちょっと自我が目覚めるとしても、せいぜいローソンでLチキを買って胸焼けする程度。それで結構、満足してます。人に不平不満をぶつけて迷惑をかけたりは、あまりしていないつもり。文章書いていてもプライベートな心根は書かないし、立場、役割上の演出もある。ここに書いてあることが私のすべてなんかではけしてない。だから、常にギャップはあるものです。現実の私と、現実の皆さんの間には、おおきな、埋まらないギャップがあります。メディアを通してのつながりなんて、とってもとっても希薄なんです。なにかが伝わるとしたらすごいこと。それですごく大事なこと、素晴らしいことが伝わるとしたら奇跡です。私は神でも天使でもないから奇跡は起こせない。もし、皆さんに奇跡的な体験が起きるとするなら、それはあなたの内なる神のなせるわざですよ。

あなたの内にこそ、神はあるのです。

でも、こんなに暑いとそんなことどうでもよくなるね・・・ガリガリ君を10本ぐらい買い占めたい…食べたことないけど。
それにしても人間ってなんで不健康なものを食べるとあんなに達成感があるんだか。愚かだけどやめられないね。その後、浄化するのに苦労するのはわかってるのに、それでも悪いもの食ってしまうな。でもお腹冷やすのよくないから、氷のかけらなめる程度にしてください。風通しをよくする工夫も。汗かくから、こまめに(これが大事、いっきのみは心臓に負担かかってだめ)水分を補給しましょう。

それにしてもつまんないドラマなんて書いてみたけど。文章家じゃないから、下手だよなぁ。なんの為になるのやら、ならないのやら…。続きをどうしようか…。

そこここにある、自己矛盾。そこをつっこまれても、私人格者じゃないですから…。まだまだ人間、未熟。

只今の徒然:メルマガのこと、今日のこと

まずメルマガの件、諸々。

お題、さっそくいただきました!ありがとうございます。
まだ人面魚がいる、というお題は届いていませんが、身近にある不思議スポット、怖いスポット、パワースポットのお題もお待ちしています! また、私は幽体離脱した、瞬間移動した、などの不思議体験もお気軽にどうぞ!

あまり「お気軽に投稿なんてできない」という声もありますので、メルマガ投稿専用の窓口を用意しました。

メルマガのご感想、お題の投稿は”postあっとまーくlight.st”(あっとまーくを@に置き換えてください)へどうぞ。これまでのメルアドはカウンセリング等のお申込み用のアドレスなので、メルマガについては、投稿のアドレスへお送りください(いただいた投稿はすべて読んでいます。万が一見落としがあると申し訳ないので、よろしくお願いします。)
ーーーー
がんばる父さん、ちょっとしたミニストーリー。続き、どうするかな。書けたら書きます。なにも考えずに書き始めたので、完結するのかどうかさ〜っぱり、わかりませ〜ん。というか、こんなの読みたい人いるのか???

ーーーー
それにしても、おとといぐらいから急にMacの調子が・・・。ちょっと根を詰めて作業したから、重かったのかな。申し訳ないな。そろそろ引退させなくちゃ。。。もうちょっとがんばってくれい!

ーーーー
もしかするとサロンのホームページ、ときどき「みつかりません」という表示がでているかもしれません。自分だけだといいのですが。急にアクセスが増えてきたので、いわゆるサーバーが混んでいて閲覧しずらい状況が起き始めているのかも。ありがたいことなんだけど、でもそんな非力なサーバーじゃこの先、ちょっと不安になってきました。またパワーアップしなきゃいけないのかもしれないな・・・。

創作ドラマ:がんばる父さん

今日はもちょっとシンプルに書けないかな、と思ったらこんなメッセージを感じた。
ーーー
がんばる父さんがすごくがんばっている。文句もいわず、頑固に、ひたすらがんばっている。仕事ではすごく信用されている。愛想もいい。でも、その反動で家にかえってくると無駄口を一切きかない。なにかきかれても「しらん、かってにしろ!」としか言わない。娘との対立はとくにひどい。さも、いい歳して甘えるな!と言わんばかりの態度。愛されない不安から娘は母親に「うちは母子家庭だ!」と泣きつく。母親も、なんとかこらえながらも、次第に娘と連立野党を結成するようになる。「わたしだって寂しい!」
続きを読む →