なんとなく、を大事に。

「特にどうという悩みはないのですが、なんとなく来てみました」という方にたくさんお越しいただきたい。

新月のサイクル、なんとなく、なにか気付きが欲しい、ヒントが欲しいという感覚にうながされるようにご来訪になる方がいます。そういう感性を大切にしてほしいのです。そこから思わぬ展開があり、未来がひらけていくことが多いからです。

季節もかわりめ、意識もかわりめ、新しい季節の入り口に新しい意識の種をまくと今年はきっといい結果に結びつきます。

宇宙の意思

この頃、宇宙の意思というのはあるのだな、と思う。自分は自分でしかない、という考えは捨てて、自分の意思も「宇宙の意思の一部なのだ」いや、もっといえば「自分も宇宙もひとつなのだ」ぐらいに思っていると、世の中の出来事にたいしても、自分の身に起きることに対しても見方が変わるだろう。

しかしながら、苦しい時、辛い時はただただ「なぜ自分ばかりこんな目にあうのか」と考え、宇宙とやらをうらめしく思うことはあっても、ひとつなのだとは考えにくい。

考え方をかえたって現実は変わらない、と言ってしまったらもう人生の気付きや貴重な学びの機会を放棄したも同然ではないか。考え方があって現実があるのだから。そしてその考え方は宇宙そのものに由来するのだから。私は私、と思っている私そのものが宇宙の分身なのだから。

と、大上段にかまえてみたけれど、雪解けが早くて足元がわるく、足首がちょっと痛い。これが宇宙の意思なのだ、とは…思えないよなぁ。でも、そんな時にレイキを使うとすぐに治るんだ。だからレイキは宇宙の意思なのだろうな、と思うことができる。そうやって簡単に治る身体も宇宙の一部なのだから、きっと自分の意識もそうなんだろうと思うことにする。

時代の流れとレイキのあり方。

近年は若い男性の方が勉強にきてくださるようになりました。各種セラピーに興味がある、あるいは実際にその道を歩んでいる。そういう男性が増えるというのも世相の反映なのかな?と感じます。昔は、ヒーリングは男子のすることではないという空気がありました。今となっては笑い話です。もうすっかり時代が変わりました。どんな時代でも、世の中でもっとも過酷な役目は男子が背負うものだと思うんです。ヒーリングを学ぶ男性が増えるということは、ヒーリングという役目が次第に重くなってきているということかもしれません。

もう長い年月ヒーリングを実践しているので最近はかなり長時間でも対応できるようになりました。相手にエネルギーを流すということは、自分の体内にも変化が起きるのでその対応が難しい。相手のこともしっかり支え、そのうえで自分のなかで起きる変化も見つめていかなければならない。人をヒーリングするというのは、かなり大変な役目です。

レイキは受け身な技法かもしれません。癒すのはレイキというエネルギーであって自分ではない。己を滅することで、相手に対してエネルギーがどのように作用しているのか客観的になれる。自らの体を清め、心も鎮め、意識も空っぽにすることが最善の姿勢。レイキはそのようにして相手の心身を整えていく技法です。

けれど、ただ受け身で行うのでは、なにか足りないとも思う。もっとしっかり相手の心と体の状況を理解、把握して入り込んでいく必要もある。己を消す。それでいて意識をしっかり持ち、積極的に介入もしていく。その調和はとても難しい。5年や10年で会得できるものではないかもしれません。もっともっと年月を要するかもしれません。それでも取り組みたいという人が一人でも多く現れることを願っています。もちろん性別問わず。

お客さんを増やしたい方からのご相談

合同会社アンクを立ち上げたこともあり、少しずつお仕事を発展させたいというご相談も増えつつあります。どうしたらもっとお客さんが増えますか?というご相談に対しては、特にスピリチュアルな観点からの特効薬があるわけではなく、地道な努力に勝るものなしとお答えすることが多いです。でもいったい地道になにをすればいいのか、一から自分で仕事をたちあげた方はどのようにしたらよいのか見当もつかないこともあります。そういう方には一から地道にできることからやりましょうという提案をしていきます。そのなかで、もしも因縁からくる運気の停滞であるとか、その方の心のなかに隠された過去のいきさつが足もとにまとわりついているといったことが見うけられれば、その対策としてのセッションをしたりなんらかのワークをしたり魔除けのグッズを用意させていただいたりということはやっています。ありとあらゆる手段をもちいて四方八方から固めていくわけです。とにかく堅実さが大事なんです。な〜んだと思われるかもしれないけれど、特効薬というのはなかなか簡単にあるものではないし、薬が効く場合もあるけれどそれなりに基盤が整っていてこそ、ということもありますから。

昨日の自分を打ち砕く勇気を持とうよ

自分が決めたことにとらわれて苦しいなら、そんな意地っぱりな自分を見切る勇気も必要かもしれない。
人は誰でも意地がある。こうと決めたことを貫いていこうとする。
でも、よく考えてみてほしい。
いったい誰の為にそうするのか? なんの為にそうしたいのか?
それがもしも100%自分の為だと言い切れないのなら、あなたはひとりでがんばっているのではないことになる。
自分の為にだけがんばる。そうすればきっと自分にかえってくる。
でも、自分の為じゃないのなら、いくらがんばっても苦しいだけで終わってしまうかもしれない。

自分がなんの為にがんばっていて、どれだけ苦しいのか、気づいてあげられるのはあなただけ。
そんな苦しい自分を楽にしてあげられるのもあなただけ。

昨日の自分を打ち砕いてしまえれば、今日は楽になれる。
それでたとえ足元がおぼつかないことになったとしても、
明日のあなたは新しい人生をはじめられるかもしれない。

今日はなんよう日? 生きよう日。

毎週、かならず月曜がやってくる。また一週間がはじまると思う。
毎週、なんとか土曜日がやってくる。ほんのひといき休めるかもしれないと思う。
毎週、日曜日がやってきて、あなたの一週間は終わる。

そんな一週間を52回繰り返す。そんな一年をあと数十回繰り返す。それで人生は終わる。

月曜日は生きよう日。今日も人生を生きられるはじまりの日。
火曜日は生きよう日。がんばって苦しくてちょっとうれしい日。
水曜日は生きよう日。すこし疲れてがんばれなくてそれでも前にすすめた日。
木曜日は生きよう日。人生っていろんなことがあるなとおもう日。
金曜日は生きよう日。自分をはげまして生きている意味をかみしめる日。
土曜日は生きよう日。あまり感謝できなくて自分がなさけなくて天をあおぐ日。

あなたの毎日の生きよう日が、充実したものでありますように。
◯万◯千回の生きよう日があなたの人生のいしずえとなりますように。
日曜日は祈りの安息日。

みなが安らかでありますように。

希望はあなたのなかにある

あかるい未来を思い描けない人は、明日はきっとよくなると思うだろう。
歯を食いしばって耐えていれば、きっと希望がみえてくる。そう思っているだろう。

でも、もし明日もよくならなかったら。
どんなにがんばっても希望の光をつかめなかったら。同時にそうも思っているだろう。

ほんとうの希望はどこにあるだろうか。
いつ明るい未来はやってくるのだろうか。

希望は遠くに探しにいくのではなく、あなたの胸のうちに最初からそなわっているもの。
誰しも、自分の人生を生きる為にこの世に生を受けている。
だから、どんなことがあっても、私達はいつも前進し続けている。
落ち込んでも絶望していても明日を見失っていても、
本当は日々を自分らしく淡々と生きている。

本当のあなたは絶望はしていない。

けれど、あなたのこころは疲れているのかもしれない。

それなら、こころをしずめて。おだやかな呼吸を取り戻せたら、
きっと思い出せるだろう。

あなた自身が勇気と希望の光に満ちた存在だということを。

苦しくても辛くても必ず生きる道はある

人生には必ず、上りがあれば下りもある。どちらか一方だけに見えることもあるかもしれないけれど、本当は両方あってバランスがとれるようにできている。だから苦しい時は、きっと楽になるはずと思って道を探してほしいのです。

苦しい理由は過去にある。生まれる前からのもの、先祖や親から受け継いだもの、その土地や国に最初からあったもの、そしてあなたの生き方が背負ってきたもの。それらをリセットできればいい。そして前にすすむ糧にできればいい。

その為の智慧をお伝えできたらいいなと願っています。

皆さんが苦しい時こそ、そばにいてあげたいと思う。
いい流れになったらそれを維持できるよう、応援しつづけたいと思う。

それが私の生きる道だから。
IMG 6674

新しい空と光

IMG 6676
森のなかで空をみあげて新しい季節の光を受け取ってきました。
そらにありがとう、みんなにありがとう、地球にありがとう。
みなに光を。

レイキ受講時の好転反応(特に心への影響)について

パーソナルレッスンコースを開設したところ、興味はあるけれど自分にどんな変化が起きるのかが心配、というご意見もいただきました。それはもっともなことだと思います。

でも、なにかが起きる、ということは「必ず楽になる」ということです。レイキ受講後の変化は、つきものが落ちる、という感じの変化です。それが細胞レベルのことであれ、心のなかのことであれ、ゆらぎがやってきて変化は終わる。その時に軽くなる。長い目でみれば人生が最終的に上向いていくことは明らかです。

人それぞれ、まったく違う人生を歩んできているのですから、受講時にどんな体験をするのかわからない。それが不安だということはもっともなのですが、すでにある痛みや苦しみを解消しようという取り組みをなぜ躊躇するのかな、と思います。それに、痛い、苦しいということがあれば私はヒーラーでもあるので、楽にはしてあげられます。急かすこともしないし、上手に取り組めないとしても放り出したりしない。そもそも上手に生きているかどうかなんてジャッジしない。

なぜって、私自身が生きるのが下手くそで日々不安だらけで迷いつづけている子羊なのだから。人様を批判する意識はないです。みんなおんなじですよね・・・。

※ちなみにパーソナルレッスンコースでなく、普通にレイキを受講した場合でも心身に様々な変化が起き、一時的に身体面や感情面で不安定になることがあることは知られています(個人差があり、なんともない人もたくさんいます)。特にパーソナルレッスンコースでは、レベル2以降にすすむにつれ、かなり深く内面を掘り下げていくことになるので、より繊細な意識領域での変化が予見されます。もちろんどのようなアンバランスが起きたとしてもしっかり支えていきます。