気負ってがんばる

若い頃はものすごく気負っていた。
幼少期は、自分の弟が病弱だったので、病気を憎んでもいたしいつか治してやりたいと思いっていた。当時、弟は頻繁に熱をだして病院にかけこむ日々だったので、いつまでも同じことが繰り返されることにいらだってもいた。そのせいで自分がかまってもらえない不満もしらずしらず抑圧されていたのだろう。

高校生になり進路を考え、決めなければいけない時期になって「人を癒す」という道を漠然と考えていた自分と決別した。漠然としていてはがんばれないし、気負いだけでは太刀打ちできないのが受験というものだ。進路はあっけなく、妥協の産物として「唯一選択できるもの」として消去法で決めた。いきあたりばったり、成り行きまかせの進路決定だったが、それらの連鎖の上に今があるのだから、まんざら間違っていたわけでもないのだろう。

社会人になってからも、世の為人の為という合言葉のもとに、なにかと気負う自分がいた。人よりも努力をしなければ、と考える。誰に認めて欲しいというわけでもないが、とにかく気負ってしまう。自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎるので心が弱りやすい。強くもないのに、強がって意地をはる。悪循環におちいって心が自家中毒をおこして、眠れない、気力がわかない…そんななかでパニック障害になってしまう。うつ状態も併発。そんな最低最悪の時代もあった。

気負って生きていると自分が苦しいだけでなく、周りの人にすごく負担をかける。家族や友人、当時の会社の仲間にどれほど負担をかけて生きていたのかが、今になってよくわかる。

人は一人で生きているのではない。そんな当たり前のことが若い頃はみえない。見えないからこそ、がむしゃらに気負ってバランスを崩してみることもできる。失敗から人は学ぶのだから、それはそれでありだ。どうせ失敗するなら、とことん落ちてみるのもいい。

そこからはいあがってきた時に、やっと感謝ということがわかるようになる。自分の人生を今ふりかえると感謝の念しかわいてこない。両親、親族、兄弟、友人、元の同僚、恩師・・・いかに多くの人に支えてもらってきたことか。ひたすら、ありがとうという気持ちしか今はない。

気負ってがんばるしかない時期もあっていい。それがやがて感謝できる心を育てるのだから。

レイキの効用。

レイキの効用で自分が一番、ありがたいと感じていることを幾つか。

なんといっても、日々人と向きあうことがさほど辛いとは思わなくなったこと。若い頃は非常に人付き合いが苦手で、会社員だった頃、成り行きで管理職になってしまったあたりから、毎日胃がいたかった。エンジニアだった時代は慢性的な十二指腸潰瘍もちだったのに、ますますストレスがつのってしまい、安定剤の他に胃腸薬も手放せない…といった始末。あの頃に飲んだ薬の毒気が相当、体内に蓄積されていたに違いないのです。

30代にはいってから一年奮起して、徹底的に身体を鍛えるようになりました。週に3回はジムやプール通い。毎日のジョギングは必修。週末は2〜3時間の走り込みや、登山などをやるようになりました。仕事もばりばりこなしたり、霊的な修行もはじめたり…いったいどこにそんなに時間があったのでしょう。今となっては本当に不思議ですが、どれもこなしていましたのでなにかを犠牲にしていたのでしょう。充実感と同じぐらい悲壮感と喪失感がありました。なにをやっていても孤立感が強くなるし、焦燥感もありました。現実には順風満帆にみえていたでしょう。でも内面はとても悲しい時代でした。

やがて40代にはいろうかという直前で、レイキに出会い習得します。そのいきさつは割愛しますが、レイキを習得してから、年を重ねるにつれ現実がどんどん加速するようになります。他にもいろいろな要因があります。が、ここではそれらをはぶいて純粋にレイキの効用という点にフォーカスしてみます。

一番、大きかった変化は「体質」でしょう。十数年の悪い蓄積が、体内から少しずつ排出されていきました。ときどき、熱が出るのです。風邪のような症状ですが、単に高熱がでるのです。ただじっと寝ていると2〜3日で身体がすっかり軽くなり、解毒されたのがわかりました。その他、身体のあちらこちらに微妙な変調がでるようになりました。発疹、かゆみ、痛み、鈍重な感覚…その都度、部位や症状はさまざまでしたが、まるで「どろろ」の百鬼丸のように身体の部品が順番にオーバーホールされていきました。ゆっくりですが、確実に身体が新しくなっていったようです。

この「ゆっくり」度合いは、後で気付いたのですが年齢相応の代謝の速度に準じたものだったようです。

そうこうしているうちに、精神的な疲労の回復が早くなっているのに気付きました。つまり、昔からすごく苦手だった人付き合いが、回復が早くなるのですから、だんだん苦痛ではなくなってきたのです。これはカウンセラーという仕事を選んでから、非常にありがたいことでした。

今、瞑想と同時にレイキによって自らのオーラを浄化するということを、毎日のように実践しています。今でもより上手に効率よく、オーラをリフレッシュする方法論の確立に余念がありません。日進月歩ですね。毎年、ちょっとずつ上達しています。

精神的なバランスを崩しやすい人は、オーラが乱れているととても苦しいのです。オーラを浄めてバランスを回復させる方法がなにもないと、それ以上、精神的な活動ができなくなってしまうのですから、結果的には限りなく内なる世界にとじこもっていかざるを得ないでしょう。これは誰よりも本人が辛い。

自分もかつてそうでした。今でも、精神疲労がつのると、言葉がでなくなります。思考回路と言語中枢がオーバーヒートして寸断されるのです。対話できない自分を周囲が心配したり、気を遣ったり、嫌な思いをさせるのが苦しいので、自らを消したくなります。とても悲しいことです。

今では自分になにが起きて、なぜ言葉がでなくなるのか理由がはっきりわかりましたし、どれぐらいの時間で回復するかもわかるようになりました。

以前「うつ」と診断された若い方が相談にみえました。その方も精神的な感受性が非常に豊かで繊細なので、消耗が激しすぎたのですね。それで、消耗しないようにする幾つかの工夫の仕方を教えました。自分の性質を理解し、うまくコントールして回復をうながしてやれば、ほとんど普通に暮らしていくこともできるのです。その為に人には理解してもらえない特殊な時間や労力をかけなければなりません。また、なぜそんな余計なノルマを背負って生きていかなければならないのか、も理解しておいたほうがいいですね(魂の持ってうまれた役割ということです)。

肉体がかなり若いうちは、体力・気力で勝負することもできるかもしれません。状態によりますが、レイキを習得することで自己実現が非常に加速できる場合も多々あります。