誰にでも夜明けはくる

それぞれの夜明け

時は限られていて、誰しも普遍性という制約に縛られて生きねばなりません。
そこから逃れる術はなく、命の炎が燃え尽きるまで時の束縛は消えません。

が、あるがままに時の束縛を見つめていますと、束縛と思っていたものが実は神様の壮大な実験なのかもしれない、という気がしてきます。

さあ、あなたならどう生きてみる?

そんな神様の大きな眼差しを感じます。
であれば、生きてみるのも良いのではないでしょうか。

どんなに厳しく、過酷な束縛の中であろうとも。
あえて生きてみる。

明日をあなたにとっての夜明けとするのかどうか。

一人一人が決めることができること。

日は毎日、のぼります。
自分のタイミングで、よし、と。
上向いていく自分を思い描いて生きていくだけで、全てが変わってくるものです。
https://live.staticflickr.com/65535/49907520531_d9ee17dfce_z.jpg

◇人気記事: