本日(2月8日)から2月のプレセミナーはじまります

今日はとても寒い日です。
こんな「しばれる!」日、体が覚えている感じがします。
もっと寒い日もあったような気がするのですが、今は冬も暖かく暮らせる時代なので昔ほど「しばれる」を感じることがなくなっているのでしょう。

昔は、洗面器に氷がはってるということが日常だったのです。

さて、2月のプレセミナーが本日から始まります。
まだ若干ですが空いていますので、タイミングをみてお運びになれそうな方はかけこみ参加OKです。時間掲載してある枠はそれぞれあと1名様ずつ大丈夫な状況です。

光の扉プレセミナーお申込み方法についてのご連絡です

(※追記:1月、2月に参加された方は「フォーム」経由ではなく、メール、LINEでご予約されてもOKです。)

お申込みはできるだけ専用フォーム経由でお願いします。
ただこの場合、連絡手段が「メール」限定となってしまいます。
これまでメールでの連絡がうまくいってない方も多いので、その場合はやむをえないのでLINEなど「確実に連絡がとれる手段」でお申し込みください。

なぜ「フォーム経由&メールアドレス必須」にしているかというと、以後、特別なご案内を受け取っていただく為です。その場合メールを受信できる方のみ配信になります。大切な情報をできるだけお伝えしたいので、今どきではあるのですがメールの受信設定を工夫しておいていただけるとメリットがあってよいかと思います。

※光の扉プレセミナー2〜3月の開催ご案内記事は、事務局通信に移動しました。こちらをご覧ください。

2月の光の扉プレセミナー予告です

光の扉プレセミナーは、1月にも開催しました。そして今月も開催します。

2月は内容をさらにアレンジしていきますので、1月の内容とあまりダブらないようになっています。3月も同様です。

2月は、
・家族の関係性
について、しっかりと紐といていきます。
皆さんが、家族、つまり血族の血からなにを受け継いでいるのか、なにを学ぶべきなのか、隠された課題や注意事項、そしてこれからの時代にそれらをどう活かし得るのか、をお伝えする予定です。

実は人生の八割以上の出来事は血族の系譜が影響を与えています。これが人生の基礎、根幹でもあります(宿命ともいえます)。そこを分析すると人生の流れがほとんど読み解けてしまいます。

どうしようもない出来事(大きなトラブルや事故、深刻な対立や悩み)がなぜ起きるのか、どうすればよいのか。それらを解決するおおきなヒントもここに隠されています。

光のレッスンでは、血筋の系譜からなにを受け継いでいるのかを分析する技術とエネルギーをお伝えしています。そしてそこから由来するトラブルを改善する魔法のような技術も。

光のレッスンとは何なのだろう?という方にはもちろんお運びいただきたいですし、皆さんの人生の意味や隠された謎をひともくたくさんのヒントがちりばめられたセミナーです。どうぞ気軽にお運びください。

1月に参加された方も是非2月もご参加ください。より理解が深まると思います。

定員が限られていますので、お申込みはお早めにお願いします。

(3月の内容については日程が近くなりましたらまたご案内いたします)

光の扉プレセミナー2〜3月の開催ご案内記事は、事務局通信に移動しました。こちらをご覧ください。

睦月一日:「新月&新年のメッセージ」

日付は明日、ですが。ほぼ新月になりました。そして旧暦は元旦。あたらしいサイクルの始まりにあたり、まとめてメッセージをつづってみました。
お時間のあるときにお読みください。
https://farm5.staticflickr.com/4841/46256564414_64208da7a6_z.jpg
今、時代がおおきな変わり目を迎えている。

これは百年も前から言われていることで、いまさら強調すべきことでもありません。
ただ、現実社会がものすごく慌ただしくなってきていることは間違いありません。
けれど問題をあまり大きくとらえすぎないようにしてほしいと思います。

時代の変わり目にあたってどうすればよいのか?ではなくて。
自分らしい生き方をしっかりと形にするにはどうすれば?と考えてください。
それでいいんです。

もともと、この時代を選んで生まれてきているんですから。
いまさら時代に合わせた生き方で悩んだりしないほうがいいでしょう。

そうではなく。

もっとも大切なことはまず体のケアです。
不調なところがあればしっかり検査を受けたり、
体質改善に詳しい人に相談をしましょう。

つづいて心のケアです。
メンタルな相談ができる人(カウンセラー、ヒーラーといった人たち)に受け止めてもらいましょう。

そこからあとは私達の出番です。
皆さんという魂がなんのためにこの時代を選び、どういうテーマを携えて生まれてきたのか。
そこをしっかり掘り下げて、これからの人生を有効に活かしてきってもらえます。

我々のような役目を担う者、つまり魂の由来について情報を受け取れる人間が存在するのは、
そのような情報が必要な人に届けることで、人生が無駄なく効率よく向かうべき方向に収束するからです。

簡単に言えば私達は人生のナビゲーターであり、道案内人なのです。
その為の訓練と経験をたくさん積んできました(それは前世から何度もそういう道を歩んできています)。

元来、人というのは地球上に生まれてくるということはあくまで一時の仮の姿なのです。
天上界(つまり霊的な存在であるということ)から降りてきているのですし、またそこに還るわけです。それを何度も何度も繰り返してきています。

けれど、一度の人生で学べること、というのは意外と少ないのですね。
だから無駄のない効率のよい生き方を身につけるとよいのです。
その方法を私達はお伝えすべく存在しています。

ですから、頼っていただくとよいわけなんです。

昔からいつの時代にもシャーマンは存在しました。
見えない世界からお告げ、メッセージを伝える役目の人たちは一定数、いたものです。

今という時代にあってもシャーマン、つまり神様のいる天上界との取次役は必要なのです。

人がこの地上に転生して、限りある時間のなかでしっかりと目標に近づく為には、
自分の本来の姿を知り、むかうべき方法を確かめる、というのはとても合理的ですし、理にかなった行いです。

今年は少しずつですが、光のレッスンを通して皆さんに自分らしく生きる為の技術とエネルギーを手渡しでお伝えしていきます。
これを身に着けていただくことで、人生がブレにくくなり、おのずと「向かうべき方向へと導かれる」ようになります。
いちいち、アドバイスをもわらなくても済むようになるのです。とても便利ですよ。

光のレッスンについては、折を見て少しずつご紹介をしていきますので、またときどきはHPをチェックしていてください。

北海道はとてもよい土地です。
ここに生まれ、育ち、たくさんのご縁をいただきました。
まだ私の命は残された時間があるようですから。
せっかくこれだけの技術とエネルギーを授かったので。できるだけ多くの方にお伝えして、この土地の未来がより豊かで希望に満ちたものになるように、命の限り尽くしていきます。

これまでご縁のあった皆さんの日々の応援、心からありがたく思っています。

まだ出会っていない皆さんと、一日もはやくお会いできますよう心待ちにしています。是非、気軽にお運びください。

皆さんの人生がより充実したものでありますように、いつも祈っています。

まもなく新月です

あとわずかで新月になります。
旧暦では一年のはじまりの月。

新しいサイクルの始まりにむけて、みなさんにも準備を整えていただきたいこともあります。いろいろとお伝えしていこうと思います。

明日か、遅くても明後日にはまた書きます。

セッション後、ボードを撮影したい方はどうぞ

個人のご相談の際でも、最善を尽くす為によく「図解」をします。
みえないエネルギーの影響や関係性をわかりやすくお伝えするには、言葉だけでは難しいことが多いのですが、図を描いて説明すると、すんなりと理解しやすくなります。

最近はほとんどの方がカメラ(つまりスマホ)をお持ちなので、カウンセリングの終了時に、図を撮影したい方は遠慮なく撮ってお持ち帰りください。大切な記録になると思います。

ひさしぶりにIT関連のお話〜未来の若者たちへのエール、かな。

やはりPythonが人気言語に浮上してました。
セミナーなどでお子さんのいるお母さんにこれからのITについてのお話をすることがありますが、IT技術を身につければなにがあっても食べるには困らないです。ただ頭がやわらかいうちに技術は身につけてしまわないといけないので、せいぜい十代の後半までにはしっかり勉強させてあげてほしいところです。それをすぎるとちょっと辛いと思います。

私も十代最後の時期になってぎりぎりパーソコナルコンピューターが手にはいる時代に突入し、バイト代をつぎ込んで入手。情報を入手することがとてもむずかしい時代だったのですが、必死でプログラミング言語を独学で習得。それが人生の起爆剤になりました。

今はネットであらゆる情報が手にはいります。が、教育機関で最先端技術を学べる機会は日本では到底来そうにありません。

以前から機会があればPythonがよい、とお伝えしていますが響いた人がひとりでもいれば幸いです。PythonとAI、このキーワードだけでいいですから専門技術を習得してしまえば未来を手にいれたも同然と思います。1年から2年ぐらいで基本は身につくので、あとは好きなことをしていればいいと思います。IT業界は仕事が不規則になりがちなので、アウトドアな趣味と両立させるのがおすすめ。そうなると単位や資格を取っている暇がないかもしれません。勇気ある休学、も視野にいれてもいいのでは。

それから不思議なもので音楽が好きだったり演奏が得意だったりする人ほどプログラマーとしては優秀な人が多いように思います。経験的にそうでしたので。芸術的な感性とプログラムする能力は、脳の同じ領域を使うのかもしれませんね。

私もプログラムは直感で書くほうで、あまり論理的にやっていませんでした。もうちょっと気持ちよくとか。もっと変な感じとか、感覚で書いていました。音楽をつくったり演奏する作業に似ているような気がします。

今は誰でもスマホのアプリが開発できる時代になりました。若い方にしっかりこの時代ならでのチャンスをつかみとっていただきたいですね。

日本はちょっと出遅れ気味になってきたので、もっとアジアの人たちと交流して、競いあってレベルをあげてほしいものです。

機会があれば韓国や中国のITにふれて刺激を受けるとよいと思います。

でも学校の枠のなかにいたらまずそんな機会はなさそうなので。各自で情報を取りにいく、行動を起こすよりないのかもしれません。

そしてITは技術系、エンジニア向け、というイメージがあるかもしれませんが、女性の感性こそ必要な業界。女性の技術者の需要はどんどん増えるでしょう。性別にとらわれずやりたいことを形にする変幻自在のスキルとなりますから、若い方にはぜひともトライしていただきたいものです。

すっかり若者へのエールのような記事になってしまいました。

振り返ると十代最後の日々を音楽とバイトとパソコンと遊びにすべて費やして、パソコンにもかなり投資しました。そのおかげで今ここまでたどり着くことができたのは間違いありません。

私があの頃からやりたかったことは、未来を明るいものにすること。子どもたちにゲームを通して、世の中にアピールできる、貢献できる、社会を素晴らしいものにできる、そんな可能性を秘めているんだということになんとか気付いてほしかったのです。そんな思いをこめてつくったゲームが大ヒットして、今でも覚えていてくれる人がたくさんいます。そのなかの一定数の人たちはきっとIT関係の仕事をしているのではないかと想像しています。なにかよいDNAを作り出せたのなら、毎晩徹夜してがんばった苦労も報われます。

今はeスポーツが大相撲にかわっていく時代の幕開けのような気がします。

技術を身につけるのは一朝一夕にはいかないけれど、若いうちは短期間で集中的にたたきこんだほうがいいです。いまの日本の教育制度は、あまり柔軟ではないので普通に進学して単位をとっていては間に合わないと思います。

大学生の方は4年でストレートに卒業することにあまりこだわらないほうがいいともいえます。

自分の人生なので、自分の価値観で、判断して行動してみてください。きっと素晴らしい未来が待っていますよ。

https://farm5.staticflickr.com/4845/39973015593_589a2b3a74_z.jpg

宿泊ワークショップ開催のご案内

定員になりましたので受付終了します。(1/24追記)

2月23日〜24日の2日間で、合宿形式のワークショップを開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。

本日より受付開始します。

定員に達し次第、締切となりますのでお早めにご検討ください。
(定員まであと数名です。)