今日の徒然

この頃、パワー不足である。自分ではなく、パソコンの話し。仕事をもっと効率よく進めるには日々リセットが必要だが簡単にスリープさせられるのでついそのまま翌日も使うことになる。が、人間の神経と同じくパソコンも完全にシャットダウンしてから再起動しなければ、様々な記憶が積み重ねられていきメモリーが圧迫され、動きが緩慢になったかと思えばシステムが破綻し、あり得ないミスをする。人間の精神とよくにている。うまく調整して使っていても、人間がいらついていると簡単にフリーズしたりもする。精密な電子回路が動いているので、なにかの拍子にシールドが弱くなって精神波動にふりまわされてトラブルが起きるのだろう。

パソコンがそうであるように、人間の精神もしっかりシャットダウンして再起動することが大切だ。この世を忘れ、別な時空に旅たつ。そんな時間を大切にしたほうがいいのだろう。

この頃、どうしてもこうも人はわかりあえないものなのか、と痛感する。お互いを必要としあっていて、求めあっていて、引きつけあっていながら、なぜか傷つけ合ってしまう。
傷つけあうのは、恐れがあるからだろう。恐れを宿した時、心はイバラのようにすさんでいく。すさんだ心は人の心を傷つける。ではなぜ私たちは恐れるのか。それは終わりを恐れているからではないか。失うこと。得られなくなること。満たされなくなること。断ち切られること。そこに苦悩を感じるから恐れる。苦しみを望む者はいない。苦しまないことを必ず望んでいる。渇望しているといっていい。だが現実にはそれは無駄なあがきである。私たちは必ずすべてを断ち切られ、失う宿命だからである。だからこそ、恐れるし、とらわれる。そこに苦悩が生まれる。そして執着がはじまる。今あるものを守ろうとするし、そこでなんとか満たされていると思いこもうとする。それ以上、望まないように工夫をする。小さく呼吸をして細く、そしてできるだけ長く生き延びようとする。それすらもかなわず、またしても煩悩の渦にとらわれ、おぼれ、あえぎ、もがき、最後は神仏をすがる。

なぜ私たちは失う宿命なのか。この問いに答えはない。なぜなら、私たちはなにも得ておらず、なにも失わないから。それなのに私たちは恐れている。最初から得ていないものを失わないように、執着をし、とらわれている。

この命題を理解し、うけいれていくことは容易ではないかもしれない。でもすべての魂はそこを目指している。だから道を求め、精進していくより他はない。大地と調和して存在しているほんのわずかな種族をのぞいては…。私たちは皆、学びの過程にあり、その学びは「真理」に到達するまで終わることはないだろう。

光のサロンのレイキセミナーについて

レイキセミナーは、「光のサロン」でレイキを修了した方であればいつでも誰でも参加できますし、何度参加しても必ずなにかを習得することができます。「学び」の道は常に厳しく、厳粛です。おごらず、慢心せず、常に五戒の精神を心に保ち精進することが肝心です。

レベル1の段階はレイキの基礎であり、本質です。この世に誰もレイキを完全に習得し己のものと成し得た存在はありません。過去においても、これからの未来にも現れないのかもしれません。レベル2、またレベル3に進んだからといってレベル1の学びが完了したことには成り得ません。ティーチャーやマスターになったからといって、レベル1の修行が完成したということではない。ただ技法の伝達役を担うことができるようになっただけで、達人になれるというわけではない。

セミナーの場では、誰が指導者で誰が学び手あるかということは本質的に重要ではなく、共に集い、共に感じあい、分かち合うことが大切です。

レイキは手から手へ伝えられる。一人では授かることができないものです。そして、その学びを深めることも古くから一人で行うことは難しかったのです。

共に集い、共に学ぶことでしか得られないものは多くあります。無数にあります。永遠に深まっていくものです。レベル1のセミナーであろうとも、あらゆるレイキの段階にある人にとって「求める志」があれば必ずなにかを得られるでしょう。

初心忘るべからずともいいます。原点を大切にすることは本当に重要です。

なぜ手当て療法としてのレイキ、つまりヒーリングのセミナーよりも、パワーメディテーション、つまり元来ほとんど深められてこなかった瞑想の技法を重視してセミナーを行っているのか。それについては「必要だから」というのが答えです。

でも、「必要である」ことを理解し、実感している人は多くありません。ですが素直に信じ、実践している人たちがいます。その結果は本人達はよく理解しています。そして彼らはどんどん先へ先へと未来を切り開きつつあります。

次回レイキセミナー

#追記(あと1〜2名お申込み可)締め切りました。

今月のレイキセミナーは、
・1月21日(木)19時 パワーメディテーションセミナー

昨年後半から瞑想のトレーニングはぐんとレベルがあがってきました。
呼吸法もどんどん安定した指導内容になってきました。
どちらかといえば、将来的にトレーナーを目指す方を想定しているので、
すでにマスターやティーチャーの方でもご参加いただくことによって、
よりレベルの高い瞑想の指導ができるようになります。
場数をこなすことはとても大切なので、できる限り参加してください。

レベル1習いたての人も、どの段階の人でも、もちろん参加することができます。

発展的なセミナーに参加した人があまり初歩の段階のセミナーに
参加しなくなる傾向があるように思うのですが、それでは
最初の段階の人を指導することはできなくなるのでは?
とこっそり懸念しているのですが。それとも、あまり教える気が
ないのかな、と悲しく思ったり。
需要はどんどん増えているのですから、一生懸命勉強して
時代の流れにおいついて欲しいと切望しています。
生徒の皆さん、どうか今年は心機一転、初心忘るべからず、
ローマは一日にして成らず、志を改めて研鑽を積んでください。

小さなつぶやき。

昨年あたりから、不動産の鑑定が本格的にはじまり、法人からの相談も増加。財運鑑定などは風水の応用なので、これはリアルに結果がでます。同時に潜在的に運勢鑑定の能力をもった人も現れてきたのでトレーニングの方法を体系化していきたい。方位が鑑定できるようになれば土地とそこに住み、活動する人の運気が読めるようになる。財運や健康もさることながら恋愛や家庭運もダイナミックに向上させる可能性が飛躍的に高まる。

これまではスピリチュアルな分野にかなり比重を割いていたが、ここ数年は不妊治療で悩む人達の相談依頼があいつぎ、たくさんの子宝を授かることができた。これからは財運などの運気アップの分野で結果をどんどんだして、リアルでダイナミックな運勢鑑定の技法を確立させて、トレーニングメニューに加えていくのが目標です。

新しいことに取り組むと、なにかができなくなる。でもこれまでのご依頼をお断りするのではなく、信頼できるネットワークをつくって行き場のない人を許容することなく、応援していただいた皆さんの便宜をパーフェクトに図りつつ、私自身は更に新しい分野を開拓していく。そんなマニフェストをしっかりと携えて2010年、ますますの飛躍の1年に絶対にしてやるぞ。

と、心のなかで小さくつぶやいた2010年、最初の新月でした。

パソコンすごいぞ。

円周率計算をパソコンにやらせて筑波大学のスパコンの記録を抜いてしまった人がいるらしい。ただし所要時間はスパコンが73時間にたして116日間。でも値段は26万ほどのパソコンだ。対してスパコンっていったい幾らなんだろう。少し前に「しわけ」で民主党がスパコンの予算を削ろうとして議論が紛糾したのは記憶に新しい。個人的にはもう一押しして欲しかった。

少し調べてみると筑波のスパコンは21億円ほどするらしい。上記パソコンとの価格差はなんと8千倍。スパコンが73時間でやりとげてしまう仕事を116日かかろうとも超えてしまうのだから、最近のパソコンの処理能力はかなり高いのだ。73時間にたいして116日間は40倍程度の遅さでしかない。単純に考えればパソコンが40台あればスパコン並みの処理が可能になるはず。26万円のパソコン40台で1千万そこそこだ。比較すると21億円は途方もなく割高な感じですな・・・。

もう税金をスパコンに使わないでください。という判断がしっかりできる議員はいないでしょうか。

嵯峨さんコンサート追加情報

昨日もご案内しましたが嵯峨さんのコンサートに追加情報です。

今回は野花南というユニットでの出演ですが、なんといっても「語りと音楽」の融合がとてもユニーク。音楽だけでも日本国内では間違いなく唯一でナンバーワンの馬頭琴&ホーメイの演奏家です。(馬頭琴、ホーメイはそれぞれプロ級の人は多いと思いますが両方素晴らしい技量をもったプロのミュージシャンは他にいないと思います)そんな嵯峨さんと、たなかたかこさんのユニットですから面白くないはずはない。今回のプログラムはこんな感じだそうです。

語りと音楽の演目は、
●馬頭琴の物語「スフと白馬」
●北欧神話「りんごの木」
の2つで、演奏曲目は、
●駿馬 ジョノン・ハル~馬頭琴独奏
●ハールガ(扉)~喉歌と馬頭琴
●深い海~馬頭琴とギター
ほか
の予定です。

※野花南のステージは何度かみせてもらったことがありますが、聴衆の年齢層がとても幅広いのです。子どもでも年配の方でもすんなり受け入れられるとても自然でこころに優しいステージが繰り広げられます。特に子どもたちの集中力がすごいのです。見たことも聴いたこともない楽器や音色が次々に出てくるのですから面白くないわけがないのでしょう。特に嵯峨さんのホーメイはいったいどこから音が降ってくるのか本当に不思議なサウンドがその場全体に広がります。さすがユーミンのツアーに参加するだけのことはあります。お子様連れの方でも気軽に参加してもらえる楽しいステージです。「スフの白馬」は「スーホの白い馬」という絵本で有名ですね。馬頭琴が題材となっている民話。僕もピアノソロでこの民話を題材に演奏したことがありますが野花南の公演をみたら、かなわないと思ったよ。

懺悔すること。

許すことがどんなに大切なことかを考えた日でした。裁くなかれ、とはよく言われることです。そんなつもりがなくても結果的に裁いてしまっていることはあるかもしれない。人は人を裁いてはいけない、というのは霊的な世界では完全な法があり秩序があり、私たちのエゴを手放してすべて委ねていくだけで、罪は裁かれ業は因果応報として背負わされるからです。

でも許しがたいと思うこと、感じることは日々あります。エゴといえばエゴなのかもしれません。でもエゴのない人間は存在しませんから、私たちはどこかで知らず知らずのうちに、結局は裁いてしまうのでしょう。それは多かれ少なかれ罪になります。そんな自分を許せるかどうか、罪深き自分を天の光にむかって懺悔できるのかどうか。心のうちでそれぞれが行うべきことではありますが、今日はおおいにそのことを考えてしまいました。そして自分がどんな業火に焼かれるかもしれない、ということを覚悟もしました。

勉強課題

今年の個人的な勉強課題は経済学だ。そういえば大学の教養でそんな授業があったような気がする…。単位を取ったのだとすればきっとレポートも2本ぐらい書いたのだろうけれどまったく身についていない(講義中ほとんど寝ていたか、全くきいていなかったかどちらかだろう…)。もう少しマジメにやっておくんだったと少しばかり後悔もするが、きっとたいした授業内容じゃなかったのだろうからどうでもよかったと思うことにする。民主党のバラまき政策は正しくない、というのは感覚的にわかるのだが、それではどうすればいいのかということを理論的に理解したい。その為には経済に対してアカデミックな視点を持つことも重要だと思う。そうしないと民主党がダメだとしても次の選択肢がみえてこない。

絆のメッセージ

年末年始、皆さんはどうお過ごしでしょうか。
さほど興味のない紅白を録画でみました。若くて才能あふれるアーティストもいます。これからが楽しみです。個人的に一番、興味をもった出演者は残念ながら日本人ではなく、英国からのゲスト歌手でした。少し前から話題になっていました。同じ年齢だから共感するのかもしれません。彼女が歌った曲の歌詞はかなり暗い内容なのです。夢破れて、というタイトル通りで夢はすべて打ち砕かれた…ということが綿々と語られるので、相当に絶望的な内容にきこえます。若い人が歌ったらとてもちぐはぐになりそうです。いろいろな意味で、歌詞の内容が歌い手の人生にイメージが一致するのではないでしょうか。でも、その歌声のなんて澄み渡っていることでしょうか。歌から伝わってくるものは、絶望ではなく人生は何度でもやりなおせるのだという強い信念です。

この女性歌手はすごく信仰が強いのでしょう。

英国は日本人とはすごく馴染みの深い国です。霊的にもすごく似ていて、霊界からみると一番近い国です。そんな国からやってきたメッセンジャーなのかもしれません。

もし、皆さんの人生が、夢打ち砕かれてしまったのならどうすればいいのでしょうか。彼女から学べることは、絆を信じることだと思います。私たちは一人では生きられない。支え合い、助け合うことが必要です。絆を信じてさえいればどんなに挫折したとしても、立ち直るきっかけをつかみとることはできる。夢破れての歌詞をSusan Byleの歌声を聴きながら読んでいると、そんな励ましのメッセージを感じるのです。